TiltaがEOS R5/R6用ケージを発売

TiltaがEOS R5/R6用ケージを発売

Tilta (ティルタ)がキヤノンEOSR5およびR6用のカメラケージを発売した。黒とグレーが選択でき、価格は99ドル。内側にパッドが施され、各種ネジ穴、コールドシューマウント、回転ホイール、オプションのHDMIクランプ、レンズアダプターマウントが含まれ、Tiltaハンドルと互換性がある。

フルフレームミラーレスカメラEOSR5とEOSR6は、RFマウントを搭載して昨年の夏に発表された。非常に高性能なスチルカメラでありながら、発表直後はオーバーヒートの問題が話題になった。(レビューはこちら) 

Canon EOS R6. Image Credit: CineD

特にEOS R5では当初、オーバーヒートは深刻な問題だったが、ファームウェアの更新で現在は改善されている(更新されたファームウェアでのR5レビューはこちら

Tilta のEOS R5/R6用ケージ

TiltaはEOSR5とEOSR6のカメラケージをリリースしたが、同社が以前に発表した冷却アクセサリーは、現在同社のWebサイトにはない。カメラのファームウェアアップデートで問題が解決したため、不要になったとみられる。新しいケージは、アルミニウム製で、ブラックとグレーが選択できる。

Canon EOS R5 / R6 Camera Cage. Source: Tilta

このケージには、カメラを保護するために上下にシリコンパッドが付いている。レンズアダプタサポート用のネジ穴と、アクセサリー用の複数の1/4 “-20ネジ穴がある。上部には、ネジ穴と位置決めピンを備えたアクセサリー用のコールドシューマウントが用意されている。

Canon EOS R5 / R6 Camera Cage. Source: Tilta

面白いのはケージに付けられたホイール。これは、カメラの上部がケージで覆われるためこのホイールでカメラのホイールを回す。問題はカメラのホイールの方向が逆になることだ。場合によっては、使い慣れた操作性を損なう可能性がある。

Canon EOS R5 / R6 Camera Cage – Features. Source: Tilta

ケージの重量は242gで、寸法は159.7 x 124.2 x 71mm。もちろん、Tiltaのトップハンドル、サイドハンドル、ベースプレートなどのアクセサリーと互換性がある。 またHDMIケーブルクランプも用意されている。

Canon EOS R5 / R6 Camera Cage. Source: Tilta

価格と発売時期

ケージの価格は99ドルから。トップハンドル付きのケージ、HDMIクランプ、フルサイズのHDMIアダプター、ManfrottoおよびArca-Swiss用のクイックリリースプレートを含むキットも用意されており149ドルとなっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する