ProCamera v14.4でiPhoneをウェブカメラに

ProCamera v14.4でiPhoneをウェブカメラに

ProCameraは、スマートフォンのカメラの可能性をすべて引き出すiOS専用の写真/ビデオアプリケーションだが、最新のProCamera v14.4のアップデートにより、iPhoneやiPadをウェブカメラとして利用でき、高品質なビジネスミーティング/ビデオ通話を行うことができるようになった。

昨年は、キヤノン富士フイルムXソニーパナソニックLUMIXのカメラをウェブカメラにするソリューションを目にした。これらのソリューションは、デジタル一眼レフやミラーレスカメラのユーザーには便利だ。

ProCameraはさらに押し進めて、iOSの写真/ビデオアプリのアップデートをリリースし、ケーブルまたはAirPlay経由でiPhone/iPadをウェブカメラとして使用できるようにした。

ProCamera v14.4に「ストリーム」を搭載

最新のProCamera v14.4のアップデートでは、”ストリーム “という新しいモードが追加されている。このストリームモードでは、iPhoneのカメラの現在のライブクリーンビデオフィードを、サウンドやインターフェースボタンなしで共有することができる。

ストリーミングは完全に自動で行われるが、フォーカス、ホワイトバランス、ズーム、露出などの設定は可能だ。また、マルチレンズを搭載したiPhone/iPadでは、ProCamera v14.4でどのレンズを表示するかを選択することができる。また、同社によると、”最高の画質と高いダイナミックレンジを得るために、マルチレンズデバイスではバーチャルフュージョンカメラを使用する “としている。

Image credit: ProCamera

使用方法

iPhoneやiPadをノートパソコンに接続するには、2つのソリューションがある。最も簡単なのはAirPlayを使う方法で、その他の機器を必要としない。ただし、多少の遅延が発生するので、許容できない場合もある。この問題を解決するには、ケーブル接続が必要になる。

必要なもの

  • iPhone用のLightning – HDMIケーブル。片側がLightningプラグ、もう片側がHDMI、そして電源に接続するためのUSBプラグの3つの端があるケーブル
  • ビデオキャプチャーカード(HDMI入力、USB出力)。
  • ビデオキャプチャーカードとディスプレイを接続するためのUSB-USBケーブル1本。

ProCameraによると、「Adhopeブランドの異なるモデルのキャプチャーカード」を使用しており、かなり手頃な価格で購入できる。ブラックマジックデザインやElgato Corsairのキャプチャーカードのユーザーはは、同じように使えると思われる。

これで、iPhone/iPadのカメラを、ハイエンドでポータブル、かつコスト効率の高いウェブカメラソリューションとして利用でき、ビジネスミーティングやZoomコールの品質を向上させることができる。

価格と発売時期

ProCamera v14.4は、既存のすべてのユーザーを対象とした無料のアップデートで、現在提供中。本アプリを持っていない場合は、App Storeで入手できる。

詳細については、ProCamera社のウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience