米軍がDJI製品の使用を中止

2017.8.8
米軍がDJI製品の使用を中止

米軍からの情報で、未知の「サイバー脆弱性」により、DJI製品の使用の中止が明らかになった。

us army

無人航空機サイトsUAS Newsは、DJI製品の使用を中止するように各施設​​に求めた米国海軍のメモについて報じている。同文書によると、この措置は「DJI製品に関連するサイバー脆弱性の認識の高まり」から発しているもので、海軍の「DJI製品ファミリーに関係するオペレーショナルリスク」と「DJI UASテクノロジの脅威と脆弱性」と題した陸軍研究所の報告書を引用している。

Image Credit: sUAS News

「サイバー脆弱性」が正確に何を意味しているのかは不明で、DJIが説明のために米軍に連絡を取ったと伝えている。陸軍は覚書の存在を確認したが、さらにコメントすることは拒否した。

DJI無人飛行禁止区域のプログラムを無効にするツールを販売するロシアの会社があるように、DJIのドローンはハッキングされる可能性がある。第三者によるリモートハッキングに対して脆弱であるかもしれないし、DJIのデータ収集と関係があるかもしれない。いずれにしても、DJIが正式な声明を発表するまでは、様々な推測が飛び交うだろう。しかし、DJIのドローンは米陸軍が使用する最も一般的な市販のUAV製品であったことは興味深い。

出展:sUASニュース

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment