VEGAS Pro 19 NLEを発表 – 新価格と新機能

VEGAS Pro 19 NLEを発表 - 新価格と新機能

編集ソフト「VEGAS Pro 19」は、ユーザーインターフェースの改善、カラーグレーディング、エフェクト、ライブストリーミング、そして新たにクラウドを統合したコンテンツの管理と取得を実現した。また、価格も調整され、月額12.99ドル、永久ライセンスで249ドルからの計3種類のパッケージが用意されている。

編集ソフト「VEGAS」の初代バージョンは1999年にさかのぼる。私がVEGASで編集を始めたのは、ソニーが所有していた2007年のことだったと記憶している。2016年、VEGASはMAGIXに買収され、定期的に新しいバージョンがリリースされた。今回、米国の開発チームであるVEGAS Creative Softwareは、新しい価格設定やクラウドベースの機能とともに、新しいVEGAS Pro 19を発表した。

VEGAS Pro 19の新機能

新しいVEGAS Pro 19はクラウドベースのメディア管理とコラボレーション機能を提供する。

  • VEGAS Hub Window – クラウドストレージ、ロイヤリティフリーのストックフッテージ、チュートリアルなどにアクセスするための中心となる場所。
  • VEGAS Content – ユーザーがダウンロードしてVEGASプロジェクトに直接インポートできるロイヤリティフリーのストックフッテージのデータベース(サブスクリプションプランで利用可能)。
  • VEGAS Hub mobile app – モバイルデバイスからVEGAS Hubのクラウドストレージに直接メディアファイルをアップロードできる(ストレージはサブスクリプションプランで利用可能)。
  • ハブエクスプローラーウィンドウ:VEGAS HubモバイルアプリからアップロードされたメディアやVEGAS Contentからダウンロードされたメディアを探索できる。ユーザーは、VEGAS Hubのクラウドストレージをローカルドライブと同期し、VEGAS Proのタイムラインに直接映像を追加して編集することができる(ストレージはサブスクリプションプランで利用可能)。

新しいVEGAS Pro 19ではさらに、グレーディングパネルのデザインを一新したカラーグレーディングインターフェースを採用し、直感的でアクセスしやすいワークフローを実現している。カラーグレーディングの調整をより正確にコントロールするための範囲限定のカラーホイール、40種類のLUTプリセット、ブラックポイントとホワイトポイントの即時検出と補正、R、G、Bの各カラーカーブの拡張などがある。

このアプリには、インテリジェントな多言語音声合成機能も搭載されている。 VEGAS Creative Softwareによると、このスピーチジェネレーターは、あらゆるソースのテキストを、自動翻訳を含む自然な音声で、さまざまな言語のリアルな合成ナレーションに変換する(VEGAS Proおよび VEGAS POSTのサブスクリプションプランで利用可能)。

VEGAS Creative Softwareチームが述べているように、新しいVEGAS Pro 19は、AIベースのUpscale and Zoom Pluginなど、いくつかのAI主導のワークフローも活用しており、SDやHDの映像を4Kに変換することができる。自動シーン検出は、レンダリングされたファイルのシーンの切れ目や遷移を検出し、その切れ目にスプリット、サブクリップ、またはキーフレームを自動的に作成して、再編集のために個々のシーンを扱うことができる。

VEGAS Pro 19では、Blackmagic RAW(BRAW)コーデックも新たにサポートされるという朗報もあるが、このサポートは発売時点ではまだベータ版だ。

また、VEGASのユーザーインターフェースには以下のような改良が加えられている。

  • プロジェクトノートへのタイムコードタグ付け – プロジェクトノートにタイムコードフィールドが追加され、プロジェクトのタイムライン上の正確な位置にノートを合わせることができるようになった。また、ノートをクリックしてタイムライン上を移動することもできる。
  • プロジェクトノートのカラーとラベルのタグ付け – 各ノートにカラーとユニークなラベルを関連付けることができるようになり、複数のユーザーがプロジェクトに対してコラボレーションやコメントを行うことができるようになった。

価格と発売時期

新しいVEGAS Pro 19の価格については、永久ライセンスオプションを含む3種類のパッケージが用意されている。

  • VEGAS Editは月々12.99ドル、永久ライセンスは249ドル。VEGAS Pro 19、20GBのクラウドストレージ(サブスクリプションプランで利用可能)、VEGAS Content – 毎月20本のロイヤリティフリーのHDビデオおよび/またはオーディオクリップのダウンロード(サブスクリプションプランで利用可能)が含まれている。
  • VEGAS Proは、月額19.99ドル、永久ライセンスは399ドル。VEGAS Pro 19、ライブストリーミング用のVEGAS Stream、SOUND FORGE Audio Studio 15、VEGAS Content – ロイヤリティフリーのHDビデオやオーディオクリップのダウンロードを無制限に利用可能(サブスクリプションプランで利用可能)、クロマキーイングソフトウェアPrimatteが含まれている。
  • VEGAS POSTは、月額29.99ドル、永久ライセンスは599ドル。VEGAS Proの全ライセンス(さらにVEGAS Contentからの4Kビデオダウンロード)、ハイエンドコンポジット用のVEGAS Effects、RAW画像コンポジット用のVEGAS Imageが含まれている。

価格的にはかなり競争力があるとはいえ、無料版でも多くの機能を提供している DaVinci Resolveなどに対抗するのはかなり大変なことだと思われる。使いやすさとワークフローの好みに尽きる。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience