広告

WaterBear – 小さなレンズとスクリーンのクリーニングツールがKickstarterに登場

WaterBear - 小さなレンズとスクリーンのクリーニングツールがKickstarterに登場

WaterBearは、KUVRDの小さなクリーニングパッチだ。ナノ合成素材でできており、マイクロファイバークロスよりも効果的と言われている。裏面に粘着性があるため、どんな表面にも収納でき、場所を取らない。WaterBearと名付けられた洗って再利用可能なクレンジングパッチは、現在Kickstarterでキットが販売されている。

2017年にKickstarterキャンペーンで大成功した、伸縮自在のラバー製レンズキャップ「KUVRD」を覚えているだろうか?同社は今回、新しいクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げた。KUVRDの新しいKickstarterキャンペーンで注目されているのは、あらゆる種類のガラス表面用の小さなクリーニングパッチ「WaterBear」という、シンプルな製品だ。

WaterBear – 小さなクリーニングツール

WaterBear - tiny cleaning tool
WaterBear cleaning patches. Source: KUVRD

WaterBearは、基本的に小さな布(またはパッチ)で、裏面に粘着性があるため、使用しないときはほとんどの面に収納することができる。パッチは、レンズ、スクリーン、モニター、メガネなどのガラス面をクリーニングするために設計されている。WaterBearパッドには2つのサイズがある。

  • Big “WaterBear” patch
  • Small “X” patch

ただし、セット販売のみとなっている。1セットには大きなパッチが2枚、小さなパッチが4枚入っている。このパッチは、正確な寸法は不明だが、実に小さい。実際、小さい方の “X “パッチは、指の先程度だ。

Attached to any surface
WaterBear cleaning patches. Source: KUVRD

ウォーターベアーのパッドは洗って繰り返し使えるとされている。パッドは、ぬるま湯ですすぎ、空気乾燥させるだけで、粘着性のある質感と洗浄能力が回復し、再び使用できるようになる。同社によると、WaterBearは標準的なマイクロファイバークロスよりも長持ちし、従来のクリーニングペンよりも効果的であると述べている。

WaterBear cleaning patches
WaterBear cleaning patches. Source: KUVRD

KUVRDも述べているように、パッドはソフトセーム、ナノカーボン活性ポリアミド合成トライブレンド素材、全方向繊維ループで作られている。この素材のおかげで、パッチはどんなガラス面でも効果的に、傷をつけることなくクリーニングできる。裏面はシリコーン粘着ゲルだ。

価格と発売時期

KUVRDによると、WaterBearクリーニングツールは生産可能で、2022年7月に出荷が開始される予定。Kickstarterでは、WaterBearパッチのオーダー数によって、複数のリワードが用意されている。1セット(大きな「WaterBear」パッチ2xと小さな「X」パッチ4x)付きのリワードはすでになくなっているが、他の複数セット付きのリワードはまだ手に入れることができる。

  • 2枚セット25ドル(小売価格45ドルを予定)
  • 4セット35ドル(小売価格75ドル予定)
  • 9セットで65ドル(小売価格125ドル予定)

こちらでキャンペーンページが確認できる。

さらに、KUVRDは、誓約後に送るアンケートに回答し、Kickstarterでフォローし、ソーシャルメディアでキャンペーンを共有し、コメントした人全員に、すべての報酬で追加の無料セットを送る予定。

WaterBear  on a lens
WaterBear cleaning patches. Source: KUVRD

送料は価格に含まれておらず、地域によって3ドルから15ドルかかると言われている。KUVRDによると、送料はキャンペーン終了後に請求される。

なお、クラウドファンディング・プラットフォームでプロジェクトを支援する際には、そのリスクにご注意いただきたい。製品の配送に大幅な遅れが生じる可能性や、中には、全く納品されないプロジェクトもある。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects