YI Technologiesが世界初4K 60pアクションカメラを発表

YI Technologiesが世界初4K 60pアクションカメラを発表

CES2017は先週末に閉幕したが、まだレポートしていないガジェットがあるので、紹介しておこう。YI Technologiesの世界初4K UHD(3840×2160) / 60pで撮影できるアクションカメラ、YI 4K+だ。以下に詳細をレポートする。

 

YI 4K+ Action Camera

Image Credit: YI Technologies

YI Technologiesはアクションカメラ、ジンバル、ホームセキュリティーカメラシステムと言った分野で知られているが、YI-M1という$349.99のミラーレスカメラも最近リリースして話題になっている。この価格には12-40mmのレンズも含まれている。

しかし、ここ数年、それ以上に注目されているのが、 GoProに取って代わろうとするアクションカメラのラインアップだ。これはYI 4Kというモデルで、2016年初に発売され、 GoPro Hero 4 Blackと同じようなスペックを持ちながら、価格はその半分というもの。

同社は今回YI 4K+を発表したが、これは GoPro HERO 5 Blackの4K/30pを凌ぐ4K/60pを実現している。YI 4K+は1920×1080で120fpsをも実現しており、更にカメラ内3軸ジャイロスコープと3軸加速度スタビライゼーションを装備、そしてRAWで静止画を撮影することもできる。 GoPro HERO 5と同様、“Take Photo”とか“Shoot Burst”, あるいは“Start and Stop Recording”、 “Turn Off”といったボイスコントロールも可能だ。

下のビデオはYI 4K+のサンプルビデオ。

https://www.youtube.com/watch?v=7mN0iary2UU#action=share

YI 4K+の価格や発売時期は明らかにされていないが、分かり次第レポートしたい。

YI 4K+ Video Modes

YI 4K+のビデオモード Image Credit: YI Technologies

GoProをはじめ、アクションカメラのメーカーは、YI Technologiesのようなメーカーが気になっているかもしれないが、実際のところは手にしてみないと分からないところもある。しかし、発表されたスペックは素晴らしいものだ。

主な技術仕様

  • 最大解像度:3840×2160(4K UHD)、最大60fps、100mbpsのビットレート
  • RAW(スティルのみ)
  • 1080p / 120fps
  • 4K / 30fpsまでの電子式カメラ内手ぶれ補正
  • 音声起動
  • 2.19インチのレティーナタッチスクリーン
  • 圧縮:H.264、.mp4ファイル形式
  • ライブストリームモード
  • タイムラプスモード
  • 内蔵マイク
  • Wi-Fi&Bluetooth
  • 最大ビットレート:135mbps
  • センサー:12 メガピクセル ソニーIMX377センサー
  • YI 4Kアクションカメラと同寸法
  • ポート:USBタイプC

価格と発売時期: 未定

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する