AdobeがPremiere Pro First BetaでM1 Mac対応

AdobeがPremiere Pro First BetaでM1 Mac対応

AdobeはPremiere Pro のベータ版をリリースし、Appleの新しいARMベースのM1Macにネイティブ対応した。この最初のベータリリースは、コア編集機能に焦点を当てている。

LightroomとPhotoshopに続いて、Premiere Proも、新しいARMアーキテクチャを中心に構築されたAppleのM1Macに対応した。 MacRumorsは、Adobe PremiereRushとAdobeAuditionもベータ版で対応されると述べている。

Premiere Pro Apple M1
Apple’s lineup of M1 powered computers. Image credit: Apple

Apple Silicon上のAdobe Premiere

Adobe はM1 Macでネイティブ対応できる最初のベータ版をリリースしたが、公式発表では、バグと不足している機能がまだまだ多くある。

同社は、この最初のベータ版で「カラー、グラフィックス、オーディオなどのコア編集機能とワークフロー、およびプロダクションやマルチカムなどの機能」に集中したと公に述べている。優先順位は、H.264、HEVC、ProResなどの最も広く使用されているコーデックのサポートにある。

Apple M1 Premeiere Pro
Productions for Premiere Pro. Source: Adobe

Adobeは、アプリの書き直しを段階的に進め、一部はまだ移植されていないと述べている。安定したIntelバージョンのPremiereProをインストールし、Rosetta2エミュレーションを使用すると、Intel Macで動作するのと同じように、問題なく実行できる。

他のベータソフトウェアと同様に、問題が発生したり、すべての作業が失われたりする可能性があるため、実作業でこのソフトウェアを使用することはお勧めしない。したがって、これは自己責任でのみインストールしていただきたい。

なお、ネイティブのPremiereProベータ版の利点を述べた新しい記事もAdobeのブログにある。ソフトウェアはベータ版だが、エクスポート時間が大幅に短縮されるようだ。

Export times for the current high-end 16” Intel MacBook Pro, the current 13” Intel MacBook Pro, and the new 13” Apple M1 MacBook Pro
Export times for the current high-end 16” Intel MacBook Pro, the current 13” Intel MacBook Pro, and the new 13” Apple M1 MacBook Pro. Source: Adobe

Senseiによるシーン編集検出機能は、さらに印象的だ。これらの改善は、Rosetta2エミュレーションを使用してM1Macで実行できるPremiereProのIntelバージョンですでに現れている。これらは、Apple M1チップでの独自のマシンラーニングの結果であり、Intelネイティブソフトウェアでもすでに利用できる。

Scene Edit Detection performance boostson M1 powered Macs
Scene Edit Detection performance boostson M1 powered Macs. Source: Adobe

発売時期

Apple M1システムを完全にネイティブサポートするPremierePro、Audition、およびPremiere Rushのリリースバージョンは、2021年の前半に利用可能になる予定。

Link: Adobe

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する