アナモフィックレンズ、アタッチメント、アダプターの戦い – メディア部門 SCOPE 第2章

アナモフィックレンズ、アタッチメント、アダプターの戦い - メディア部門 SCOPE 第2章

メディア部門のエピックエピソードSCOPE第2章の主な焦点は、シネマレンズ、プロジェクターアタッチメント、アナモフィックレンズアダプターについて解説する。アナモフィック撮影の理論的な要点を説明した第1章の後、メディア部門のホストであるNikolas Moldenhauer氏が、実践的なテストなどを2時間で解説している。

2021年2月に、メディア部門のホストであるニコラス・モルデンハウアーがアナモフィックレンズという複雑なテーマに挑んだ、新しいメディア部門のエピックエピソード「SCOPE」について書いた。繰り返しになるが、Media Divisionが新しいEpic Episodeを公開するのは楽しみだ。MDは短いビデオもよく公開しているが、メインとなるロングエピソードは約半年に1回のペースで公開している。理由は簡単で、膨大な時間をかけて作られているからだ。数日前、ニコラスはSCOPEの第2章を公開した。この章では、アナモフィックレンズ、アタッチメント、アダプターの実用的なテストを扱っている。

SCOPE 第2章 – アナモフィックの戦い

約2時間のビデオは、またしてもブレードランナーの偽装から始まる。ハリソン・フォードのオリジナル音声とニコラスの音声に若干のズレがあることを除けば、リドリー・スコット監督の映画に実際に出演していると完全に信じてしまうほど、ニコラスは腕を上げている。第1章と同様に、このビデオは視聴者が簡単にナビゲートできるように、より多くの異なるパートに分かれている。

Blade Runner spoof. Image Credit: Media Division

第1部のタイトルは「Roads to an Anamorphic Image」で、Panavision、Hawk、Zeiss、Cookeなどのアナモフィック・シネマ・レンズの市場の状況について、ニコラスが少し説明している。一部のメーカーでは、レンズを直接レンタルしたり、特定のレンタルハウスに販売したりしているが、一般に販売しているメーカーもあり、価格帯は一般の球面シネマレンズよりもはるかに高い。ニコラスはさらに、さまざまなアスペクト比、解像度、スクイーズファクター、そしてどのカメラセンサーがアナモフィック撮影に最も適しているかについて語っている。第1部は、第2部のテスト方法の基礎となるものだ。

アナモフィックシステムのテスト

Anamorphic adapter paired with vintage lens. Image Credit: Media Division

第2部では、ビデオの大部分を使って、さまざまなアナモフィック・セットアップをテストしている。ニコラスは、より多くのシーンを使って、クローズドフォーカス、シャープネス、フォーカス、エッジの歪みなどそれぞれのソリューションの能力をテストした。第1章で紹介した鎧の騎士(剣士のDierk Hagedorn)のスタジオシーンは、ここにも存在する。ニコラスは、マーマレード社の制作スタジオとその2台のロボットアームの協力を得て、どのアナモフィック・セットアップを試しても同じ動きを撮影することができた。アナモフィックシネレンズについては、以下のものをテストした。

  • P+S Kowa Evolution 50mm
  • Lomo Squarefront 50mm
  • Atlas Orion 80mm
  • Atlas Orion 40mm

また、Atlas Orionレンズについては、レンズの開発者であるForrest Schultz氏とDan Kanes氏へのインタビューを含め、手頃な価格のアナモフィック・プリムの設計についても紹介されている。ちなみに、アトラス・オリオン40mmレンズのレビューも見ることができる。もう一つの興味深いコーナーは、古いBausch&Lomb社のCinescope Baltarレンズと新しいAtlas Orionの比較。

Close focus test with Atlas Orion 80mm. Image Credit: Media Division

次のアナモフィック・ソリューションでは、アナモフィック・プロジェクター・アタッチメントを紹介している。ニコラスは、画像取得用に設計されていないこれらのアタッチメントを使用する際に考えられる問題と解決策について語っており、以下のアタッチメントをテストしている。

  • ISCO Ultra Star Red
  • H. Chretien Hypergonar 16
  • H. Chretien Hypergonar 35
  • Bell&Howell
  • Kowa 8z
For many anamorphic attachments, the rail supports are vital. Image Credit: Media Division

アタッチメントは、あらゆる種類のアダプターやDIYソリューションを用いて、さまざまなビンテージレンズと組み合わせている。アナモフィック・ソリューションの最後のグループは、アナモフィック・アダプターだ。これらは、アナモフィック・プロジェクター・アタッチメントと同様に機能するが、一般的な撮影にはより実用的だ。彼は以下のアダプターをテストした。

  • SLR Magic Anamorphot 1.33x 50
  • Letus Anamorph-X 1.33x
  • Panasonic LA7200
The issue of double focus with lens adapters and attachments. Image Credit: Media Division

次のコーナーでは、ニコラスがさまざまなソリューションを紹介し、特定のシナリオでは、手頃な価格のアダプターでも希望のルックを実現できることを示した。しかし、撮影現場での速いペースでのアナモフィック撮影には、使いやすいシネマレンズを使うことを推奨している。特にフォーカシングに関しては。ほとんどのアダプターやアタッチメントは、レンズとアダプターの両方にフォーカスを合わせる必要があり、フォーカシングや効率的なワークフローが非常に難しい。

Anamorphic solutions image comparison. Image Credit: Media Division

ノーマルアナモフィックの先へ

第3部では、予算内でアナモフィックを撮影することに関して、多くの知識と経験を持つティト・フェラダンス氏の言葉を聞くことができる。また、ニコラスは、アナモフィックレンズを回転させて特別なルックを実現するなど、一風変わったクリエイティブな使い方を紹介している。最後に、ディック・スウィーニー氏によるアナモフィック・スチル写真についてのコーナーがある。

Anamorphic still photography. Image Credit: Dick Sweeney

SCOPE第3章では、レンズの改造やコーティングの除去など、実践的な例が紹介される予定。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience