アトラス・オリオンレンズをフィールドテスト - すべての人にアナモフィックを

アトラス・オリオンレンズをフィールドテスト - すべての人にアナモフィックを

2019年に、私はAtlas Orionアナモフィックレンズを見て、すぐに興味を持った。当時、フルフレーム対応で明るい手頃な価格の球面レンズが急増しており、アナモフィックのAtlas Lens社は価格面で先行していた。8.999ドルのAtlas Orion primeは、B&Hで48000ドルで販売されているMaster anamorphicシリーズと比較すると、手頃な価格だった。2019年以降、SiruiやVazenなどの低価格の競合製品が、Atlas Orionsよりも数千ドル安価に発売されている。この記事が、このニッチな分野を始めようとしているユーザーにとって、アナモフィックへの入門の役割を果たしてくれることを願っている。

アトラスのOrionレンズAセットの2倍絞りと、5.9KのCanon Raw Lightで撮影するC500 MK IIを使用して、サンディエゴではシリアルのコマーシャルを、ダラスのダウンタウンで撮影した(いずれも昼間と夜)。

The stylish looking Orion 40mm T2.0. Image Credit: Graham Sheldon / CineD

C500 MKIIの5.9KフルフレームRAWは非常に美しいので、これらの光学系のテストには適していると思われる。キヤノンは、2021年7月末にリリースされるC500 MK II用の潜在的に驚異的なアップデートも紹介している。Canon Raw Lightでの撮影時に4:3と6:5のセンサーモードを追加することで、カメラシステムがアナモフィックフォーマットを本格的に採用することを意味している。

当初の検討内容

Canon C500 MK II + Orion Series Anamorphic in Dallas, TX. Image Credit: Graham Sheldon / CineD

まず、なぜアナモフィックで撮影するのか?

アナモフィック撮影のワイドアスペクト比には映画的な印象があり、水平線を伸ばすのに適しているところもあるが、楕円形のボケや垂直・水平方向のフレア特性など、独特の光学的品質もある。一般的にアナモフィックレンズは、球面レンズに比べてシャープさに欠ける傾向があるが、Atlas Orionsでもその傾向が見られる。俳優の顔の毛穴一つ一つまで見る必要はないので、この特性は欠点と見るべきではないだろう。

アナモフィック・ルックのもう一つの特徴は、球面レンズと比較して広角レンズで背景をぼかすことができることだ。他にもアナモフィックの特徴がある。

アナモフィックの歴史に関するコンテンツがあるので、ぜひこのフォーマットの魅力を調べていただきたい。ここでは「Anamorphic on a Budget」チャンネルの10分間のビデオを紹介する。

アスペクト比について、よく聞かれる質問がある。望ましい光学的品質のためには、アナモフィックで撮影しても、必要とされる16×9フォーマットで納品することができるが、その過程でワイドアスペクトが失われる。このプロセスは、HBOの「Confirmation」でDoPのレイチェル・モリソンが行ったもので、ここではそのプロセスについて説明する。

光学系

Pay particular attention to the sensor coverage notes at the bottom of this chart. Image Credit: Atlas Lens Co.

Orionシリーズは数年前から入手が困難で、一時は注文してからかなりの時間がかかっていた。その後、入手が容易になり、現在では久しぶりにアトラスレンズ社にセットレンズと単焦点レンズの両方の在庫があり、すぐに出荷できるようになった。また、北米やヨーロッパの主要な市場では、レンタルも充実しており、アトラス・レンズ社ではそれを掲載している。

Image Credit: Graham Sheldon / CineD

Orionシリーズは、EFまたはPLの2種類のセットがある。Aセットは26.997ドルで、40mm、65mm、100mmが含まれている。Bセットは27.997ドルで、32、50、80mmが含まれる。アトラスレンズ社の好意により、テストのためにAセットを送っていただいたが、オールラウンドな撮影という点で、このセットが最も汎用性が高いと感じた。レンズはEFからPLへ、あるいはその逆へとユーザーが交換できるようになっている(新しいマウントはそれぞれ299ドル)。また、数年前から25mm Orionのプロトタイプが出回っているが、これもラインナップに加えられることを期待している。

Low res image pulled from video. No grade. Copyright: Raindrop Agency

また、よく聞かれる質問として、もし誰かが1本のレンズしか買えないとしたら、どのレンズを勧めるかというものがある。私の答えは40mmだ。このレンズはアナモフィックの古典的な焦点距離であり、チャイナタウンのほとんどはこのレンズで撮影されている。40mmの球形換算値と比較すると、40mmのアナモフィックレンズはかなり広い。プロジェクトによっては、ずっと40mmで運用しても問題ないかもしれない。40mmと組み合わせる2本目のレンズは、予算が許せば、100mmから始めてもいいだろう。

The Dallas, TX skyline. Image Credit: Graham Sheldon / CineD

アトラス・オリオンシリーズで最初に気づくことは、物理的なサイズだ。一般的な球面レンズよりもかなり大きい。重量も重いが(Orion 100mmの最高重量は3kg)、物理的な重さは1.9kg(T2.0 SIGMA 50-100 Cine zoom)と同程度だ。これらはいずれも問題ではない。ただ、現在販売されているアトラス・オリオンシリーズの6本のレンズのどれを使うにしても、ロッドとレンズサポートシステムが必要だろう。新しいシルバーエディションシリーズについても同様だ(新しいラインナップについては後述)。主に、標準のクリックインキヤノンEFマウントを使用する際には、レンズサポートが必要だ。私の場合は、キヤノンPLマウントかロック式EFマウントの方が少し安心だ。

カメラのセットアップ

特にC500 MK IIは、アナモフィック表示の設定が簡単だ。メニューの「モニタリング設定」タブを開き、「アナモフィック・デスキーズ」に移動して、アトラス・オリオンレンズに合わせてスクイーズファクターを2.0倍に設定するだけ。また、かなり高価なホークアナモフィックのような他のタイプのレンズを使用する場合は、絞り込み比率を1.3倍に設定することもできる。

C500 MK IIの奇妙な点は、Slow & Fastモード(略してS&F)で撮影する場合、「S&F用の絞り込み」にナビゲートする必要があり、ディスプレイが縮小されること。キヤノンのモニターに突然、通常の3分の1の大きさの画像が表示されるのだ。この縮小によって操作が難しくなるが、外部モニターなら手動でズームしたり、トリミングしたりすることで対応できる。

レンズキャラクター

Low res still pulled from video with a quick 20-second grade away from Log. Image Credit: Raindrop Agency

シャープネスについては、T2.8からT5.6の間の設定が最もシャープで、T2.0開放では少し柔らかすぎることがわかった。しかし、T2.0の開放は、これまで使ってきたヴィンテージレンズに近いシャープさがあることは間違いなく、今流行りのレトロなレンズデザインが好みなら、シャープなデジタルセンサーに対応するT2.0がしっくりくるかもしれない。

また、私はこのレンズの水平方向の青いフレアの特性を高く評価しており、あまり気にならなかった(上のシリアルを食べているオウムの画像を参照)。もしフレアが青すぎると感じたら、Premiereで彩度を調整できる。この種のフレアは、Schneider社のTrue Streakフィルターを使ってかなり近い表現ができるが、True Streaksは有機的な感じがせず、きれいすぎる。

フレーム内の水平線に対するカメラの距離にもよるが、時折、そのフレーム内で線がわずかに弓なりになる魚眼レンズの歪みが見られるが、これはアナモフィック・プライムや広角球面レンズでは普通のことだ。これはアトラス・オリオンの40mmで最も顕著に見られ、32mmにもあると思われるが、今回はテストしていない。カメラを十分に後退させることで、撮影時に歪みを見えなくできる。DaVinci、Premiere、Final Cutには、レンズの歪みを処理するためのビデオガイドが用意されている。

照明を当てる際には、事前にテストを行い、Atlas Orionsのフレアが照明とどのように相互作用するかを確認することをお勧めする。ヘッドライト、ヘッドランプ、懐中電灯、スポッテッドフレネル、レコ/スポットライト、街灯などの硬い光源をレンズに直接向けてもきれいに見える。それでも時々、フレアを期待していた光源が期待外れになることがある。テストして、これらのフレアの出方を判断していただきたい。

オリオンシリーズ – シルバーエディション

アトラスレンズ社はこのほど、2倍アナモフィックレンズのシルバーエディションを限定発売した。このレンズは、6つの焦点距離のコンプリートセットを89000ドル(送料・手数料別)で購入することができる。

John D. Hayes, head of the photographic department of Bausch & Lomb Optical Co. holding the 50mm Cinemascope Combo Rig Image Credit: Widescreen Museum

アトラス・レンズ社の共同設立者であり、撮影監督でもあるダン・ケインズ氏に、シルバー・エディション・ラインを100台(1台につき6焦点)限定で製作した理由を聞いてみた。彼のコメントは以下の通り。

“シルバーエディションシリーズは、ハリウッドの銀幕時代(50年代半ば)へのオマージュを込めたものです。オリオンは、これまでになかった方法で実用的なアナモフィックレンズを目指しました。シルバーエディションでは、もう少し掘り下げてヴィンテージレンズに触れてみたいと思い、特にボシュロム・オプティカル社のバルター・シネマスコープに影響を受けました。Silver Editionシリーズで私が本当に気に入っている点は2つあります。1)光源の色に合わせてフレアが出るので、光源の色温度を合わせることでシルバーストリークを作ることができます。2)ボシュロム・オプティカル社のバルター・シネマスコープに似たフォーカス感。25%の前景フォールオフと、75%のフォーカスポイントを保持した後のスルーフォーカス。また、ライカがスルーフォーカスをどのように扱っているかを見て、その影響を受けています」

Dan Kanes, Co-Founder of Atlas Lens Co.

ダンは、私との会話の中で何度もスルーフォーカスについて言及した。面白いことに、他の光学メーカーが製品の設計に関連してスルーフォーカスに触れているのを見たことがない。このコンセプトについての追加資料は豊富ではないが、このリンクの記事を読むと、科学的な背景を知ることができる。

Atlas Lens Co. Co-Founders Forrest Schultz and cinematographer Dan Kanes. Image Credit: Atlas Lens Co.

以下の3つの低解像度の比較は、それぞれの40mmプライムをT2.8に設定し、カメラバランスを56Kに設定したものだ。これらは主に、OrionシリーズとSilver Editionシリーズのユニークなフレア特性を表現するために撮影したもの。

Rosco DASHライトのLEDダイオードの各ラインが、Orionシリーズ40mmのフレアにどのように変換されているかに注目していただきたい。このルックが気に入るかどうかは別として、ここで重要なのは、シーンに配置する光源をテストすることだ。
上の画像では、40mm Silver Editionに切り替え、T-stopをT2.8のままにしている。両方のライトのホワイトバランスを56Kの昼光色に合わせると、銀色の筋が見えることに注目していただきたい。また、iPhoneのライトからは、他の様々なフレア特性が明らかになっている。
右側のRosco DASHライトではHSIモードがオレンジレッドに切り替わり、Silver Editionではその色に合わせてフレアが発生している。昼間のiPhone光源は、Silver Editionではまだ銀色の筋が出ている。

この記事では、オリジナルのOrionシリーズAセットを中心に紹介したが、新しいSilver Editionシリーズにも魅力はたくさんある。ピントの合った被写体が3Dのように飛び出すビンテージ感のあるシルバーエディションシリーズに適した作品もあれば、クラシックな水平方向の飽和したブルーのフレアが微妙に出るオリオンシリーズに適した作品もあるだろう。どちらも外観の作りは同じだが、私はいつも準備段階で様々なタイプの照明を使って直接テストすることを勧めている。フレーム内のどこに照明を置けばフレアで画像を引き立てることができるかを知るためだ。

Adobe Premiereによるポストワークフロー

No grade. DoP: Graham Sheldon, Image Credit: Raindrop Agency

前述したように、C500 MK IIで記録している画像をデスクイーズして表示することはできるが、カメラ内でのデスクイーズ記録には対応していないことに注意いただきたい。そのため、ハードドライブから直接再生すると、最初は上記のような映像になる。

映像をデスクイーズするには、Adobe PremiereなどのNLEで、取り込んだ映像を選択して「modify and interpret footage」を選択し、映像を処理する必要がある。そして、ピクセルのアスペクト比を「Anamorphic 2:1 (2.0)」に変更すれば良い。

No grade. DoP: Graham Sheldon. Image courtesy of Raindrop Agency

新たに修正した映像をタイムラインにドラッグすると、画角がまだ広すぎるように見える。そこで、タイムライン上のシーケンス設定を4096×1716に変更し、「ピクセルのアスペクト比」をスクエアに変更する。そして、「エフェクト」タブの「スケールツール」を使って、拡大していく。具体的にどのくらい拡大する必要があるかは、C500 MK IIで撮影した解像度によって異なる。

ここでの目標は、カメラ内で見ているアスペクト比と撮影時のアスペクト比を一致させ、それをポストに持ち込むことだ。上記のワークフローは、準備段階ですぐにテストする価値がある。私は編集者ではないが、コツをつかむのはそれほど難しくない。

まとめ

Atlas Lens社は、Orionシリーズを「すべての人のためのアナモフィック」と謳っている。しかし、多くのオーナーやオペレーターにとっては、価格が障壁だ。もちろん、レンタルという選択肢もある。

テストの結果、私はアトラス・オリオンシリーズが大いに気に入ったので、40mm T2.8と100mm T2.8を購入し、いつか65mmでAセットにすることを目標にした。アナモフィックは今まで天文学的な価格だったので、C500 MK IIに間もなく搭載される4:3センサーのファームウェアアップグレードは楽しみだ。

C500 MK IIと組み合わせて1ヶ月間アナモフィック撮影を行った結果、Orionシリーズには多くの魅力があることが分かった。作り込まれた品質、PL/EFマウントの柔軟性、青い水平フレア、T2.8とT5.6の間のちょうど良いシャープネスは印象的だ。これらのレンズはアナモフィック感を必要とする私の作品のほとんどで活躍できるが、アピールが制限されるほどはっきりとしたルックではない。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する