映画におけるアナモフィックレンズ:SCOPEメディア部門がアナモフィックレンズ解説映像を制作

映画におけるアナモフィックレンズ:SCOPEメディア部門がアナモフィックレンズ解説映像を制作

SCOPEと呼ばれるメディア部門は、映画におけるアナモフィックレンズを研究している。過去6か月間、約400時間の観察の後、メディア部門のホストであるニコラス・モルデンハウアーは、アナモフィック撮影の歴史、アナモフィックレンズの技術的側面、独特のルックについて76分の作品を作った。

2021年2月16日、新しいエピソードがメディア部門のYouTubeチャンネルにリリースされた。前回のビデオから6か月が経ったが、キヤノンFDとK35Legendary Cine Lensesが予算内に収まったため、すぐに取り掛かることができた。YouTubeでは6か月に1本の動画を公開することはあまり一般的ではないが、メディア部門の動画の1つを見ると、その理由が分かる。多くの情報があり、非常に参考になるビデオだ。

Blade Runner Spoof. Source: Media Division

Nikolas Moldenhauer, the host of Media Division, likes to spice up his content by spoofing a famous movie. In previous videos, we have already seen him inserting himself into famous scenes from The Shining (1980) and Aliens (1986). This time Nikolas chose the legendary movie Blade Runner (1982) directed by Ridley Scott, as it was shot with anamorphic lenses and that goes well with the topic of this epic episode – the Anamorphic Lenses in Cinema.

メディア部門のホストであるニコラス・モルデンハウアー氏は、有名な映画を偽装して作品にスパイスを加えるのを好む。以前のビデオでは、彼がシャイニング(1980)とエイリアン(1986)の有名なシーンに自分自身を入れているのが話題になった。今回、彼はリドリー・スコット監督の伝説的な映画「ブレードランナー」(1982年)を選んでいる。アナモフィックレンズで撮影されたもので、このエピソードのトピックであるアナモフィックレンズを解説している。

SCOPE第1章:映画におけるアナモフィックレンズ

長さ76分で、これはアナモフィックレンズのトピックに関する2つのうちの最初のビデオだ。氏は、来週にSCOPE Chapter Twoをリリースする予定と述べており、アナモフィック撮影したいクリエーターのためのより実用的なヒントとなるだろう。彼は、アダプターとプロジェクターレンズを使用してさまざまなセットアップでテストし、それらの画質を本格的なアナモフィックシネマレンズと比較している。

Various Anamorphic Lenses. Source: Media Division

SCOPE第1章は長編だがよく整理されており、説明にはタイムスタンプが含まれているため、見たいところをすぐに探すことができる。

I really like how Nikolas uses a lot of examples with scenes from many iconic movies. He structured the first chapter into two main parts.

多くの映画の象徴的なシーンで使用例を解説するのは、見ていて楽しい。彼は最初の章を2つの主要な部分で構成している。

Part 1 :アナモフィックとは何か?

「アナモフィックとは何か」という最初のパートでは、アナモフィック撮影の歴史をたどっている。彼はすべてのワイドスクリーンフォーマット(Fox Grandeur、Cinerama、CinemaScope、VistaVision、Todd-AO、CinemaScope 55、Ultra&Super Panavision 70、Technirama、Techniscope、Super 35)に言及し、フィルムストリップのアニメーションで非常にうまく説明している。彼はさらに、これらのフォーマットの互換性について、そして黄金時代の終焉とアナモフィックの復活について述べている。

Anamorphic Gear. Source: Media Division

最初のパートの次のセグメントでは、アナモフィックの特性について次の項目を解説している。

  • ユニークな映像
  • 楕円形のボケ
  • 広い視野
  • フレア
  • 歪み
  • 非対称レンズブリージング
  • 柔らかさ
  • アナモフェイク
Anamorphic Optical Structure. Source: Media Division

最初のパートの終わりでは、レンズの設計について解説している。ニコラス氏は、ダブルフォーカス、メカニカルシンクロ、パなビジョンGottschalk、Todd-AO、バリジオプター、要素の配置などのトピックについて解説している。技術的な知識とこのトピックに関する研究の深さには驚かされる。

Part 2:The Poetry

Studio Shoot with the knight – The Marmalade. Source: Media Division

Part2の主なトピックはアナモフィック撮影のポエムだ。ニコラス氏は、アナモフィック撮影のさまざまなスタイルを取得している。彼は、アナモフィック映像と球面レンズの映像を混合できるかどうかを考えている。1つはワイドスクリーンでの構成だ。最後に、ニコラス氏は、アナモフィックが本当に映画的であるかどうか、そして実際にアナモフィック撮影することの(非)実用性についても述べている。

ニコラスモルデンハウアー氏の舞台裏からの洞察

ニコラス氏にこのビデオについて尋ねたところ、彼は計画、調査、撮影、制作に6か月をかけ、合計で約400時間をつかったとのこと。YouTubeビデオとしては信じられないほどの作業量だ。

Blade Runner Spoof. Source: Media Division

彼はさらに、今回は調査と執筆に多くの時間をかけたと述べている。彼は最初にアナモフィック撮影の本質を探究したが、優れた情報源は多くなかった。

Blade Runner Spoof. Source: Media Division

ニコラス氏はZEISS、Vantage(Hawk)、Cooke、Glaswerk、Vazen、Panavisionなどのレンズメーカーにコンタクトし、この作品への協力を依頼した。彼ZEISSだけが対応してくれたが、最終的には参加していない。Vazenは参加を希望したが、レンズが間に合わなかったそうだ。

BTS from Studio Shoot with The Marmalade. Source: Media Division

撮影の大部分は、映画製作会社Marmaladeのスタジオで行われ、そこでは2台のモーションコントロールロボットも使用された。ニコラス氏は、騎士の鎧と剣は(小道具だけでなく)本物だと述べている。ヘルメットのバイザーは、剣での戦いでは開いたままだった。撮影は、1つのライトだけで撮影されている。2番目のライトは、一瞬だけ光らせるために使用されれいる。

最初のエピソードは こちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する