Media Divisionのf/0.7レンズをテストする

Media Divisionのf/0.7レンズをテストする

Media Divisionの担当者が、f / 1以下のレンズのテストをYoutubeチャンネルで公開した。50分以上の時間をかけて、このレンズのテストを行っている。そこで同社メディア部門のNikolas Moldenhauerにインタビューを行った。

Shooting with ultrafast lenses. Image credit: Media Division

同社はYouTubeチャンネルに1年以上投稿しているが、これらの動画は映像クリエーターにとって非常に有用なものだ。多くの改造やDIY、あるいは技術的な説明がある。このチャンネルを運用しているのは、ドイツ在住のDP Nikolas Moldenhauer氏だ。

f/0.7のレンズをテスト

Media Divisionの投稿は多岐にわたっているが、この記事では、最新投稿されたビデオについて紹介する。このビデオは、f/0.7という非常に明るいレンズでの撮影に関したもので、主にZeiss R-Biotar 100mm f / 0.73を使用している。このレンズはフルフレームセンサーをカバーしており、彼はKinefinity Mavo LFカメラを使用し、非常に短いフランジ距離で動作するように変更している。

ビデオでは、Nikolas氏はレンズのF値が物理的に何を意味するかについて、技術的背景を説明している。 Zeiss R-Biotarでセットアップした後、いくつかの他の明るいレンズもテストしている。

  • KIPON Ibelux 40mm f / 0.85 Mark II
  • SLRマジック25mm T0.95(約f / 0.92)–マイクロフォーサーズのみのため、 BMPCC 4Kを使用
  • キヤノン FD 55mm f / 1.2、FD-EFアダプターおよびSpeedboosterアダプター併用

Zeiss R-Biotar 100mm f/0.73 and SLR Magic 25mm T0.95 in size comparison. Image credit: Media Division

Nikolas Moldenhauer氏にインタビュー

Nikolas:キューブリックのファンとして、私はいつもバリーリンドンの映画手法とキャンドルライトシーンを素晴らしく思っています。 CONTAX Zeissの記事を書くため、ドイツのツァイスと話し合いました。神秘的なZeiss Planar f / 0.7 –「moon」レンズについても話しました。私はそれを借用できるか尋ねました(ツァイスは1つだけコピーを所有しています)。残念ながら、これは博物館での常設展示で、それは叶いませんでした。

Shooting with Zeiss R-Biotar f/0.73. Image credit: Media Division

f / 0.7で撮影するという企画が持ち上がり、使用するレンズを探し始めました。少し前にレンタルで可能だったのですが(「キューブリックコレクション」)、今はありませんでした。フルフレームもカバーできる明るいレンズは、60年代のX線レンズだけです。eBayからリーズナブルな価格でZeiss R-Biotar 100mm f / 0.73を購入しました。

cinema5D:このテストには、制作前から最終的にアップロードするまで何時間ほどかかりましたか?

Nikolas:さまざまな側面を調査し、問題を克服しなければなりませんでしたので、長い期間にわたりたした。2019年8月に始まりり、テストと調査、脚本、撮影、投稿のすべてを含めると、この企画の費用は約100人時間程度です。高度な卓上ショットは、友人の助けを借りました。

Shooting with Zeiss R-Biotar f/0.73 – Behind The Scenes. Image credit: Media Division

SFXスペシャリストの1人が作成したクレイジーなモーター付きマクロスライダー、そしてスパイクモーションコントロールシステムを操作し、非常に浅い被写界深度で撮影するため昔ながらのトリックを使っています。好奇心が強く、情熱的なクリエイティブプロフェッショナルの優れたチームがいてくれて、とても感謝しています。

cinema5D:このプロジェクトの最大の課題は何でしたか

Nikolas:最大の課題は、カメラを改造することでした。私たちはカメラ技術者ではありません。キネフィニティアムステルダムは、カメラを損傷することなくそれを行うこことを手伝ってくれました。これにより多くのことを学びました。

Modding the Kinefinity Mavo LF to fit Zeiss R-Biotar f/0.73. Image credit: Media Division

Kalori Visionの超薄型フィルターアレイをセンサーに直接取り付けるのは、爆弾を扱うようなものでした。そして幸運にも、結局、完全な状態のカメラで撮影することができ、努力が報われました。

Modding the Kinefinity Mavo LF to fit Zeiss R-Biotar f/0.73. Image credit: Media Division

cinema5D:次はどのような企画を考えているのですか?

Nikolas:アイデアはたくさんあります。基本的なコンセプトを扱った2~3の短いトピックスを考えています。例えば、アナモフィックレンズに関するものも候補です。アナモフィックレンズについても興味があります。また、昨年からの解像度記録を破る必要があります。 32Kかもしれません。

Ultra-Low Light Test with the Mavo LF. Image credit: Media Division

cinema5D:他には何かありますか?

Nikolas:1つ修正する必要があります。公開したビデオでは、Zeiss Planarが中判用に設計されていると想定しました。しかし視聴者が照明する文書を添えて訂正してくれました。それは改造されたハッセルブラッドカメラ(アポロプロジェクトの標準)に適合しましたが、カバレッジはsuper35に近いものにすぎません。 「空撮用」レンズで非常に珍しいものです。これにより、フルフレームf / 0.73がさらに印象的になりました。

Shooting with Zeiss R-Biotar f/0.73 – Behind The Scenes. Image credit: Media Division

今回の企画に協力してくれた仲間に感謝します。また、Kolari VisionとKiponの協力に感謝します。私たちのコミュニティには情熱と好奇心があり、その好奇心を満たすために行動するのが大好きです。皆さんありがとうございました!

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する