アンジェニューがOptimo Anamorphic 42-420 mmズームを発表

アンジェニューがOptimo Anamorphic 42-420 mmズームを発表

アンジェニュー(Angenieux)は新しいアナモフィックズーム、Optimo anamorphic 42-420 mm A2Sを発表し、同社のアナモフィックラインアップを拡充した。これは2年前に発売されたOptimo 44-440mmとは異なる焦点距離で、性能も向上している。

The Optimo Anamorphic 42-420 A2S

レンズはPLマウントで、2倍の水平スクイーズがあり、厳しい使用条件(-20℃〜+ 45℃)に対応できる。Angenieuxによると、

2014年4月に導入されたOptimo 44-440 A2Sレンズに対するユーザーからのフィードバックを受け、新しいOptimo 42-420 A2Sでは焦点距離が異なり、また歪みも改善されている。レンズは好評を得ているOptimo 44-440 A2Sを踏襲しているが、多少異なるところもある。

とのこと。

古いレンズと新しいレンズの類似点は、どちらも同じIRO技術を実装しているところだ。

IRO技術とは

Optimo 42-420mm A2SはIRO(Interchangeable Rear Optics)技術を搭載しており、異なるレンズ構成を可能にするモジュラーレンズ設計となっている。これはOptimo 44-440 A2Sで初めて導入された技術だ。

球形のキットオプションにより、Optimo 42-420 A2Sは、リアグループと適切なリングを交換することで25-250 T3.5ズームに変換することができる。

最新のレンズにIRO(Interchangeable Rear Optics)システムを搭載することで、レンズは大多数の画像フォーマットに対応することができる。

IROテクノロジーの詳細については、以下のビデオを参照いただきたい。

主な特長

  • レンズ後部のシリンダー光学系によって実現された2:1水平スクイーズ
  • ズーム範囲でT4.5一定
  • 最小限のブリージング
  • クローズアップフォーカス(1.24m)によりクローズアップ撮影が可能
  • すべての焦点距離で歪みを軽減
  • 重量7.6kg
  • 320度のスケール回転と40以上のフォーカスマークを備えた、精密で使いやすいフォーカスリング。フォーカススケールリングはフィートからメートルに交換可能
  • PLマウント。 PV Panavisionマウントと簡単に交換可能
  • 過酷な使用環境(-20℃〜+ 45℃)に対応

価格

価格はまだ発表されていないが、上位のAngenieux Optimo Anamorphic 44-440mmの価格が75,000ドルなので、いずれにせよ安価ではない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する