アップルがARMプロセッサーへの移行を発表

アップルがARMプロセッサーへの移行を発表

アップルは、年末までに「アップルシリコン」で動作するコンピュータを発売することを発表した。これらの新しいチップは、過去15年間採用されてきたIntelプロセッサに取って代わるものだ。映像制作にどのように影響するかを考えてみよう。

Image Credit: Apple

Apple Siliconとは?

実はアップルは主要なプロセッサメーカーでもある。同社の強力なカスタムチップは、モバイルやタブレットの分野で他のメーカーとは一線を画している。 iPhoneは、SamsungやGoogleの最上級モデルを常に上回っている。そして驚くべきことに、最新世代の iPad Proは、最新の13インチMacbook Proよりも優れたGeekBenchスコアを上げている。 アップルはこれらのカスタムARMチップのパフォーマンスを年々向上させている。

したがって、今回の発表は必然的なものと見ることができる。 同社はこの秋から、これらのカスタムプロセッサをMacのラインナップにも搭載することを決定した。同社はこの移行をサポートする一連のソフトウェア製品とアップデートを公開している。数年以内に、すべてのアップルパソコンがApple Siliconで実行されることになるだろう。

なぜApple Siliconなのか?

これらのプロセッサは、Intelのものと同じではない。アップルシリコンプロセッサはARMチップであり、IntelおよびAMD製のx86プロセッサとは明らかに異なる。x86プロセッサー用に作成されたプログラムは、ARMプロセッサーでは実行できない。 例えばiPadでPhotoshopをネイティブに実行することはできず、また長年にわたってMacでiPadアプリを実行することはできなかった。

2019年、AppleはProject Catalystを発表した。これは、iOSおよびiPadOSアプリをMacOSで実行できるようにするプロジェクトだ。つまり、アプリをARMシステムからx86システムに変換するものだ。アップルは、ARMをx86に正常かつスムーズに変換できることを証明したが、今回は別の方向への移行だ。

アプリは引き続き使えるか?

アップルがIntelチップに移行したとき、同社は「Rosetta」と呼ばれるソフトウェアを追加した。このプログラムは、古いシステムを新しいx86ハードウェアでエミュレートすることにより、移行をスムーズにした。今回はx86をARMに変換する。 9to5 Macによると、この変更により、思ったほど問題はないとのこと。開発者の言葉を引用すると、「CPUアーキテクチャの違いを気にするほど低いレベルで動作するアプリはほとんどない」いくつかの調整で、お気に入りのアプリは動くはずだ。

Image Credit: 9to5 Mac

一部のアプリはすでにネイティブに対応

すべてのApple Proアプリは新しいシステムでネイティブに実行される。 Final Cut Proのユーザーは、アップグレードの際に問題は出ないだろう。

Adobeはこれらの新しいチップで稼働するためにアップルと緊密に行動している。 アップルはAdobe Photoshopをネイティブに動かすデモを行った。これはPremiereとAfter Effectsも同じだ。 ただしAvidや DaVinci Resolveは情報が無い。

Adobe Photoshop running natively on an Apple Silicon computer. Image Credit: Apple

映像クリエーターにとってのメリット

アップルのこの大きな動きは、映像制作にとって大きな意味がある。Macbook Proは何年にもわたって、強力なIntelチップの冷却に問題を抱えてきた。 ARMチップは消費電力が少ないため、発熱が少ないように設計されている。これにより、バッテリーの寿命が延び、パフォーマンスが向上する。

第二に、 iPad Proはパフォーマンスが犠牲にされないことを証明している。小さくて高性能なiPadは、MacBookやMac ProがARMチップを搭載した時の姿を示唆している。 Tim Cook氏はFCPXでの4K編集のデモを行い、4K映像の3つのストリームを同時に再生できることを証明した。間違いなく、これはRAWの編集処理を向上させるだろう。

第三に、今後のアップルシステム全体の相互運用性を無視してはならない。照明やモーションコントロールリグなどのiOSコントロールアプリがMacで利用できるようになる。さらに、Final Cut Proなどのデスクトップ編集アプリがiPadで利用できるようになるかもしれない。これは、特にドキュメンタリーなどを現場で編集することも可能にするだろう。

A custom Hackintosh computer. Image credit: Hackintosher

第4に、残念なことに、これによりHackintoshコンピューターが終了する可能性がある。 Hackintoshは、MacOSを実行するアップル社未承認のコンピュータだ。これは、カスタムPCビルダーの間で人気だが、これはアップルがすでに使用しているのと同じ基本コンポーネントに誰もがアクセスできるので成立していた。つまり、IntelプロセッサとAMDグラフィックスカードだったから実現できていたわけだ。将来のMacOSがApple専用プロセッサを中心に構築されると、独自のプロセッサを構築することは非常に困難になる。ますますアップルの囲い込みに取り込まれることになるだろう。

発売時期

アップルは開発者向けベータキットをすでに提供しており、開発者は既に取り掛かっている。ユーザーには、アップルシリコンプロセッサを搭載した最初のパソコンが年末までに発売される。そこから、通常のリリーススケジュールで1つずつ更新され、Macのラインナップ全体が移行する。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する