広告

Apple Final Cut Pro 10.6.2がリリース – Mac Studio向けに最適化

Apple Final Cut Pro 10.6.2がリリース - Mac Studio向けに最適化

Appleは先日、iMovie、Motion、Compressor、Final Cut Pro 10.6.2など、ビデオ中心のツールすべてのアップデートをリリースした。また、最新のFCPアップデートでは、Apple Siliconコンピュータ、特にM1 Max/M1 Ultraチップを搭載した新しいMac Studioのパフォーマンスが大幅に改善された。

2021年10月にリリースされたApple Final Cut Pro 10.6最新メジャーアップデートには、すでにApple M1 Pro/M1 Maxチップに対する大規模な最適化が含まれている。Appleは先月発売された新しいM1 Ultraチップを搭載したMac Studioに続き、この新しいMac Studioマシンから最高のパフォーマンスを引き出すための一連のアップデートをリリースした。

Image credit: Apple

Apple Final Cut Pro 10.6.2 アップデート

冒頭で述べたように、Apple Final Cut Pro 10.6.2は新しいMac Studioに最適化された。同社によると、M1 Max/Ultra MacでのProRes映像の処理時のパフォーマンスが大幅に改善され、最大18の8K ProRes 422ストリームを同時に再生できるようになり、最大5倍高速な8Kプロジェクトレンダリングの恩恵を受けられるようになった。

また、Apple Final Cut Pro 10.6.2には、いくつかの新機能が搭載されている。

  • 重複検出:プロジェクトに2回以上登場するオーディオ/ビデオクリップをすばやく表示することができる。リアルタイムの映像だけが表示されるので、速度調整されたクリップが重複クリップとして表示されることはない
  • 新しいボイスアイソレーションツールを使ったマルチチャンネルオーディオ編集。ボイスアイソレーションツールは、バックグラウンドノイズを低減し、オーディオレベルを最適化する
  • iMovie for iOS バージョン 3.0 で作成した Magic Movie と Storyboards を直接タイムラインに読み込むことができる
  • 韓国語の追加
Image credit: Apple

Motion 5.6.1およびCompressor 4.6.1のアップデート

Motion 5.6.1内部では、新しいスライススケールフィルタを手に入れることができる。このフィルタは、画像をスライスに分割し、スケールを変更する際に不要な歪みを防止する。また、M1 Max/M1 Ultra Mac Studioデスクトップコンピュータでは、ソフトウェアのパフォーマンスが向上し続けている。

最後に、Compressor 4.6.1 は、出力/変更されたビデオのプロパティに、ビデオの透明度設定とアスペクト比を表示できる。また、出力設定の新しいプロパティのおかげで、ビデオを回転させたり反転させたりすることができるようになった。

Image credit: Apple

価格と発売時期

これらのアップデートはすべて現在利用可能で、これはすべての既存ユーザーに対して無料のアップデートとなる。Apple Final Cut ProはApp Storeで36,800円で販売されており、新規ユーザにはMotionとCompressorが付属している。

詳しくは、こちらのAppleのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手