広告

AppleがMac StudioとStudio Displayを発表

AppleがMac StudioとStudio Displayを発表

Appleが2022年最初のビッグイベント(「Peek performance」)を開催し、新型のApple Mac Studioを発表した。

2020年、Appleは独自のシリコンチップ設計「Apple M1」を発表し、Appleの次期コンピュータの高集積回路設計を完全に制御するため、Intelプロセッサからの移行を開始した。アップルによると、この移行は今年2022年に完了する。

そして、待望のMac Pro M1(あるいはM2?)をまだ見ていないにもかかわらず、前述のMac Proとはるかに小さなMac Miniに挟まれたような、まったく新しいモデルが発表された。
Apple Mac Studioは、高さが4倍であることと、新設計のアクティブクーリングベースを備えていることを除けば、Miniによく似た外観をしている。

Apple Mac Studio
image credit: Apple

Mac StudioとM1 Ultra

明らかに、M1 MaxまたはUltraのバリエーションでAppleのシリコンを搭載している。このいわゆるM1 Ultra System on a Chip(SoC)は、20個のCPUコア(16個の高性能/4個の高効率)と最大64個のGPUコアを並列に搭載している。

Apple M1 Ultra
image credit: Apple

128GBのユニファイドRAMを搭載しており、かなりパワフルなシステムになっている。実は、M1 Ultraは2つのM1 MaxをUltraFusionという未公開の(今までは)仕掛けでつないだものだ。この技術により、両方のM1 Maxの間に最大2.5TB/sの帯域幅を持つ、実に高速な相互接続が実現されている。

M1 Ultra
The new Apple M1 Ultra. Image credit: Apple

そして極めつけは、このプロセッサは、外部からは1つのプロセッサのように見えるため、開発者はシステムの能力をフルに活用するための追加のプログラミング作業を行う必要がない。

M1 Ultra
image credit: Apple

新しいMax Studioには、M1 MaxまたはM1 Ultraのいずれかの基本構成があり、これは利用可能なI/Oにも影響する。M1 Maxのバリエーションは、前面に2つのUSB-Cポート(およびSDカードリーダー)を備え、UltraのバリエーションはこれらのUSB-Cポートに代わりThunderbolt 4ポートが搭載されている。

Apple Mac Studio
The new Apple Mac Studio. Image credit: Apple

Mac Studioの向きを変えると、外部とのインターフェースが見えてくる。Thunderbolt 4×4、10Gb Ethernet、USB USB-Aポート×2、HDMI、3.5mmオーディオI/O、電源。もちろん、Bluetooth 5とWi-Fi 6も搭載している。

Mac Studio
image credit: Apple

ピクセルプッシュに関しては、この小さなMac Studioは、XDRディスプレイのような外部モニターを最大4台、さらに4Kテレビを1台駆動することができる。

Appleによれば、M1 Ultraを搭載したMac StudioのCPUパフォーマンスは、28コアのIntel Xeonプロセッサを搭載したMac proよりも最大60%速く、最速のGPUを搭載した現行のMac Proよりも最大80%速いとのことだ。

Apple Mac Studio
image credit: Apple

新型Mac Studioに搭載されたSSDは、最大7.4GB/秒、最大8TBの容量を実現する。ビデオ性能に関しては、M1 Ultraは8K ProRes 4:2:2ビデオの18ストリームをリアルタイムでスムーズに再生することも厭わない…と言っても過言ではないだろう。

ビデオ制作への用途

これが編集、グレーディング、サウンドデザインのための究極のワークホースであるかどうかはわからない。しかし、このマシンが膨大な量のエフェクトノードと、あらゆる種類の重い演算処理をこなせることは間違いない。

Mac Studio Environment
image credit: Apple

しかし、すでに発売されているMac Miniでは物足りない、発売されているIntel Mac Proでは高価すぎる、あるいはオーバーパフォーマンスという場合には、このMac Studioは正しい選択かもしれない。

このシステムは「ベアボーン」であり、モニター/キーボード/マウスを自分で用意しなければならない。モニターといえば、Appleは新しいStudio Displayをリリースした。

スタジオディスプレイ

Studio Display
image credit: Apple

Mac Studioと一緒に、Appleから新しい27″ディスプレイも登場した。いわゆるStudio Displayは5Kの解像度が可能で、2019年後半の非常に高価なPro Display XDR 6Kよりもずっとお手頃な価格だ。

Studio Display
The new Apple Studio Display. Image credit: Apple

新しいStudio Displayは、オールスクリーンデザイン、新しい12メガピクセル前面カメラ、そして6つの専用スピーカー(4つのウーファーと2つのツイーター)を含むかなり洗練されたサウンドシステムが搭載されている。

Studio Display
Different stand options for Studio Display. Image credit: Apple

ディスプレイはTrueTone、総画素数1470万画素に対応し、明るい環境で役立つ特殊な反射防止コーティングも用意されており、Apple初の試みとなる。この新しいディスプレイは、A13 Bionicチップを搭載し、搭載されたサウンドとカメラシステムのための高度な機能をサポートしている。

Apple Studio Display
image credit: Apple

ディスプレイの背面には、ホストコンピュータへの最大96Wの電力をサポートするThunderbolt 4ポート1つと、その他のアクセサリー用のUSB-Cポート3つを備えている。

価格

Apple Mac Studioとその付属品であるStudio Displayの価格は以下の通り。

  • Mac Studio(M1 Max):249,800円から
  • Mac Studio (M1 Ultra): 499,800円から
  • スタジオディスプレイ(反射防止加工なし、スタンドなし):199,800円
Mac lineup
Current Mac lineup with “M” chips. Image credit: Apple

Link: アップル
featured image credit: Apple

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects