AputureがLight Storm LS 60dとLS 60x LEDライトを発表

AputureがAputure Light Storm LS 60dおよび60x LEDライトを発表した。 LS 60dは、1メートルで最大50.000ルクスの最大出力が可能なデイライト専用照明器具。一方、LS 60xは、1メートルで最大30.000ルクスの出力を持つバイカラーライトだ。これらの新しいCOB LEDライトは、15〜45°の範囲で照射角度を調整可能。IP54防水(防塵および防水)処理がされており、電源はさまざまな方法で供給できる。また、LS 60d / 60x用のスポットライトミニズームライトモディファイアーと、AL-RCバルブに関するアップデートも同時発表された。

AputureLS60d_Featured

Image credit: Aputure

LS 60dLS 60xの特徴

この期間、Aputureは毎週新製品やアップデートを発表している。(Aputure LS 300Xレビュー、Aputure Sidus Link 1.2アプリのアップデートの記事はこちら) 今週はLight Stormのラインナップに2つの新しい新製品、Aputure LS 60dとLS 60xを発表した。

LS 60dはデイライト専用のCOB LEDライトで、LS 60xはバイカラーバージョン。共通する主な機能は次のとおり。

  • 航空機グレードのアルミニウム製で、IP54(防塵および防水)準拠
  • オールインワンの60W LEDライトで、外部バラストは必要ない
  • CRIh95、TLCIは95の演色性と光質
  • ライトの後方のスポット/フラッドビーム角度を15〜45°に調整可能。また、0から100%まで調光可能。
  • ライトの背面の3つのダイヤル(メニュー/設定/フラッドスポット)とLCD画面でコントロール。
AputureLS60d_01

Image credit: Aputure

  • Sidus Linkアプリをサポート。パパラッチ、花火、ライトニング、不良電球、テレビ、パルス、ストロボ、爆発などの照明FXを搭載
  • ライトには「ミニマウント」があり、着脱可能なバーンドアが付属。Bowensマウントアダプターへのミニマウントは、ライトモディファイアーを取り付けるために利用できる。新しい「スポットライトミニズーム」投影レンズもある。
  • ライトはヨークを中心に360°回転可能。ヨークはACアダプター、Vマウントバッテリー、または付属のソニーNP-FからVマウントへの電源アダプターを取り付けるためのVマウントプレートが側面に用意されている。 NP-Fバッテリー1個では半分の電力で使用でき、2個で完全に使用できる。
  • ゴールドマウントでは、バッテリーをヨークに直接取り付けることはできないが、Dタップケーブルを介してライトに電力を供給できる。バッテリーはライトスタンドに取り付けることができる。
  • ライトには冷却用ファンが付いているが、18dBで静か。
AputureLS60d_02

Image credit: Aputure

出力に関しては、LS 60dは、15°のスポットで、1mで最大出力50.000ルクスを出力できる。 LS 60xはバイカラー(2700〜6500K)で、15度で、1mで30.000ルクスを出力できる。反射板を使用して1mで7000ルクスを出力するLS 120d IIと比較すると印象的だ。LS 60d / 60xには非球面レンズが組み込まれているので、フレネルスタイルのレンズに匹敵する。 Aputure LS 120d IIにフレネルレンズを取り付けると、約67.000 ルクスの出力が得られる。

どちらもコンパクトかつ軽量で、映像制作に求められる小型の照明器具としてニーズを満たし、非常に人気の高いNanlite Forza 60やDedolight DLED7に対する直接的な対抗馬となるだろう。

AputureLS60d_03

Image credit: Aputure

スポットライトミニズーム

Aputure Spotlight Mini Zoomは、LS 60dおよびLS 60x用に設計されている。またミニマウントを備えており、以前レビューしたミニAputureスポットライトに匹敵する。 Spotlight Mini Zoomの焦点範囲は15〜30度で、ビームを成形するための内部シャッターブレードがある。このライトモディファイアーを使用すると、4.90mの距離で1.20mから2.80mのイメージサークルを投影できる。

AputureLS60d_04

Image credit: Aputure

Mシリーズのゴボはミニズームの背面に設置でき、10個のゴボとゴボホルダーが付属している。更に制御が必要な場合は、アイリスアクセサリを追加できる。

AputureLS60d_05

AL-RC Lightbulb

Aputure AL-RCバルブは、NAB 2019で発表されたもので、新製品ではないが新情報がある。

  • Aputure AL-RCは、2000〜10.000KのRGBWWスマートバルブ
  • ちらつきがなく、調光可能
  • AL-RCは、CRI / TLCIが97 +、SSI(タングステン)が95で、非常に高精度な光質
  • この7Wバルブにはバッテリーが内蔵されており、フルパワーでのバッテリー持続時間は約70分
  • Aputure Sidusアプリに対応

Aputureは、AL-RCスマートバルブの機能を更新し、スマートフォンを使用せずに調光できるボタンをライト本体に追加した。また、電球の中央に小さな金属リングがあり、これを冷却することにより、市場で最も明るい7Wスマートバルブになっている。

価格と発売時期

すべての製品は今夏発売予定だが、価格は未定。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

 

Aputure LS C300dII

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する