AputureがLS C120d IIのアップデートをリリース

AputureがLS C120d IIのアップデートをリリース

4月に開催されたNABでAputureは同社のLightstormシリーズ、Aputure LS c120d IIを発表したが、今回このアップデートをリリースした。Aputure LS c120d IIは単一光源のLEDライトで、今回、明るさ、光質、そしてアクセサリーに関して様々な改善を行い、現在販売されている。以下に詳細を紹介しよう。

光量、色温度、調光の改善

最も重要なアップデートは、明るさの改善だ。従来でも豊富な光量を誇り、1.3mで3300luxを測定していたが、新しいAputure LS c120d IIは同じ距離で4700luxとなっており、20%以上の改善が見られる。光質はCRI 96のレーティングだったが、アップデート後は97とわずかに向上している。色温度は標準が6000Kから5500Kに改められた。

組み立て品質とコントロールユニット

Aputure LS C120d MarkII Yoke

The handbraking yoke makes angle adjustments easier

組み立て品質も、2.2kgという軽さを維持したまま改善された。ヨークと330°の広い角度調整機能により、全体的に調整しやすくなっている。

そしてもう一つの大きなアップデートは、コントロールユニットだ。以前はコントロールユニットと電源ブロックに分かれていたが、電源ユニットはコントロールユニットに内蔵された。バッテリーはVマウントまたはゴールドマウントで利用でき、バッテリーマウントが背面に用意されている。これにより、セットアップがより迅速に行えるようになり、ケーブルの処理をする必要がなくなった。

The updated control unit features DMX cables and no need for a power brick

Aputure LS c120d IIのコントロールユニットは、Neutrik (ノイトリック )ケーブルのロックを使用して、標準のDMX512に適合するようにアップデートされた。付属のリモコンで遠隔操作が可能。

5種類のエフェクトを装備

更にAputure LS c120d IIは、Papparazzi、Fireworks、TV、Lightning、Fault Bulb の5つの有用なエフェクトを追加した。これらにより、より簡単にエフェクトを実現することができる。

以下は主な改善点

  • 20%以上の光量増加
  • 97+ TLCI
  • 6000Kから5500Kに変更
  • ヨークと角度調整範囲の改善
  • 電源ユニットをコントロールユニットに一体化と、より長距離からのリモート
  • ロックケーブル付きDMX対応電源システム
  • 5つのエフェクト

残る問題点

Aputure COB120d IIは現在出荷済み。 Aputureは最近、Lightstormのラインアップを改良した。しかし、Aputure COB120d IIとAputure COB300dのFresnelマウントの光漏れの改善がまだ残っている。また、この光漏れは、より明るいCOB300d IIでも問題になっている。これらの対策も待たれるところだ。

なお、同社は、3本のAputure COB120d IIおよびLS-1cライト、そして軽量スタンドとバーンドアのセットも発表している。

【Aputure正規代理店】Aputure 120D Mark 2 COB 120D II LED定常光ビデオライト アップグレード版 とAputure Fresnel レンズセット [email protected] DMXをサポート 5つの照明効果 1年保証

【Aputure正規代理店】Aputure LS C300d CRI 95とTLCI 96 LED定常光ビデオライト プロ 48000 LUX @ 0.5m 色温度5500K セット(Vマウントプレート)1年保証

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する