AtomosがNinja Streamをレンタル用に出荷開始

AtomosがNinja Streamをレンタル用に出荷開始

Atomosはライブストリームイベントで、Ninja Streamの仕様を発表し、当初はレンタル用の製品のみになると発表した。このユニットは世界中のレンタルハウスで販売され、1日あたり300ドルから500ドルのレンタル費になる予定。

新しいAtomosNinja V +モニターレコーダーとNinja Streamは2週間前に発表され、同社はこれらの製品の機能を紹介するライブストリームイベントを行った。

一言で言えば、Ninja Streamは、Wi-Fi、イーサネット、およびUSB-C接続を備えた5インチ4K/60pのHDRモニターレコーダー。 NinjaVおよびNinjaV +と比較して、このユニットは、共有ファイル名とタイムコードを使用して、ProResとH.264 / 5プロキシで同時に記録できる。また、ビデオフィードを他のNinjaレコーダー、スマートフォン、および複数のプラットフォームに同時に送信し、イベントをライブでストリーミングすることもできる。

当初はレンタル用のみに出荷

ライブストリームでは、Atomosの創設者兼CEOJeromy Young氏が、Ninja Streamの機能を紹介した。同氏によると、大規模な作品の場合は、組み合わせに応じて1日300ドルから500ドルの間でレンタルすると述べている。

Image credit: Atomos

まとめ

レンタルのみというのは多少疑問が残る。他社では、LiveU、TVU、ブラックマジックデザインなどのメーカーから、ライブストリームアプリケーション向けの多くのソリューションが市場に出回っている。

また、ライブスイッチャーなどのストリーミングデバイスの価格がこれまで以上に手頃になっている。たとえば、Blackmagic Atem Mini Proは60,796円だ。少なくともユーザーにNinja Streamの価格を提示し、ユーザーが購入するかレンタルするかを決定できるようにすべきだろう。

詳細についてはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する