Atomos Shogun 7のファームウェアアップデート10.4がリリース

Atomos Shogun 7のファームウェアアップデート10.4がリリース

Atomosは、Shogun 7モニター/レコーダーの新しいファームウェアアップデートAtomOS 10.4をリリースした。マルチカメラスイッチングと録画機能をサポートしている。

AtomosShogun7MultiCam_Featured

AtomOS 10.4

数か月前、Atomosは、Shogun 7のディスプレイを3000nitに更新するAtomOS 10.3をリリースした。また、Inter BEE 2019でSumoモニター/レコーダーのファームウェアアップデートをリリースし、マルチカメラのスイッチング/録画/を可能にした。これらの機能は長らく待たれていたもので、主要なセールスポイントになる。

Image credit: cinema5D

このアップデートのポイントは以下の通り。

  • 最大4つのチャンネルを表示し記録することができ、さらにプログラム出力も同時記録可能。
  • 4つの非同期ソースの最大解像度は、SDI入力からの1080p / 1080i/60fps。
  • 4つの入力はすべて、同じフレームレートに設定する必要がある。
  • HDMIまたはSDI入力は、ループ出力できる。
  • オーディオは、各チャンネルの重畳音声とアナログXLR入力を記録できる。また、プログラムフィードは、任意のチャンネルまたはアナログXLRオーディオ入力から記録できる
  • 撮影が終了後、Apple Final Cut .xmlマルチカメラプロジェクトを、ハードカットまたはディゾルブを使用して自動的に作成できる。

このAtomOS 10.4アップデートにより、Shogun 7は最も手頃な4チャンネルモニター/レコーダーの1つになる。

価格と発売時期

このアップデートは、Atomosのウェブサイトから無料でダウンロードできる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Atomos Shogun 7 (ATOMSHG701)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する