Autokroma BRAW StudioがApple M1に対応

Autokroma BRAW StudioがApple M1に対応

AutokromaはAdobe Premiere Pro, After Effects, Media Encoder用プラグイン「BRAW Studio」をアップデートし、Apple M1に対応した。

Autokroma BRAW Studioは、ブラックマジックデザインのRAWフォーマットをAdobe PremiereとAfter Effectsで使用できるようにした最初のプラグインだ。2018年9月のBRAWのリリースに伴い、Blackmagicは自社のNLEである DaVinci Resolveへのサポートを展開した。PremiereとAfter Effectsをサポートする同社の公式なBlackmagic RAW 1.5 SDKは、その1年後に登場したばかりだ。

新しい2.5.1のアップデートにより、BRAW StudioはApple Silicon Mac上で動作するようになった。新しいAppleのCPUは、以前のようなx86ではなく、ARMアーキテクチャをベースにしている。そのため、ソフトウェア制作者は、プログラムが完璧に動作し、新しいアーキテクチャの利点を利用できるように適応する必要がある。参考までに、BMDのBlackmagic RAW SDKは、すでに2ヶ月以上前からApple M1 Macをサポートしている。

また、新バージョンでは、After Effects 2022のベータ版におけるMFR(マルチフレームレンダリング)にも対応している。

Autokromaは前回の7月のアップデートで、Blackmagic Video Assistで撮影したニコンZ6II/Z7IIとパナソニックLumix S1H/S1/S5のBRAWクリップに対応した。

Autokroma BRAW studio panel screenshot
The PrPro Panel looks a lot like Lumetri to make RAW adjustments easier for Premier users. Credit: Autokroma

ブラックマジックデザインの公式RAW SDKとの違い

もちろん、PremiereとAfter Effectsへの対応も、追加されたBMDの無料の公式RAW SDKユーティリティではなく、なぜBRAW Studioを使うべきなのかというのはもっともな疑問だ。CineDの昨年の記事で詳細な比較を行っている。

BRAW Studioは、グローバルプリセット、簡単で素早いグレーディング用パネル、Metadataなど多くの機能を備えている。Autokromaは、BRAW Studioはよりスムーズに動作し、同社のプラグインのサポートを提供すると述べている。

Autokromaは、公式プラグインよりも自社のプラグインの使用を推奨する理由をブログで紹介しているので、こちらを参照いただきたい。

ブラックマジックデザインのプラグインは非常にミニマルで、設定項目も少ない。同社は明らかに DaVinci ResolveとBRAWに焦点を当てている。

BRAW Studioのターゲットユーザー

BRAW Studioは、 DaVinci Resolveを使いたくないが、BRAWを使いたいユーザーに最適している。

このプラグインは彼らのサイトで69.50ユーロで販売されており、500フレームの再生が可能なトライアルをダウンロードすることもできる。

詳細はAutokromaの公式サイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience