広告

BebobがCOCO-MODOを発売 – RED Komodo用の新しいバッテリーアダプター

BebobがCOCO-MODOを発売 - RED Komodo用の新しいバッテリーアダプター

ミュンヘンを拠点とするバッテリーメーカーのBebobは、RED Komodo用の新しいパワーアクセサリー、COCO-MODOバッテリーアダプターを発表した。これは、Komodoと周辺機器の電源をプロ用VマウントとAマウントバッテリーから供給できるようにするもの。

RED KOMODOは、カメラの電源としてキヤノンBP-9シリーズのバッテリープレートを2個搭載している。キヤノンBP-9バッテリーは、小型軽量、かつ手頃な価格で、さらに十分な容量を持っている。また、Komodoのデュアルスロットは、バッテリーのホットスワップができる。

Image credit: RED Digital Cinema

Bebob COCO-MODO

キヤノンのBP-9シリーズのバッテリーは、カメラシステムを小さくまとめることができる。しかし、Komodoには、モニター、ワイヤレストランスミッター、リモートフォローフォーカスなどのアクセサリーに電力を供給する機能がない。そこで、「Bebob COCO-MODO」のようなアダプターが必要になる。

Bebob COCO-MODO-A Front / Back. Image credit: Bebob

Bebob COCO-MODOは、デュアルBP-9スロットにフィットするように設計されており、ブリックバッテリーの14.4V出力電圧を7.4Vに変換してカメラに電源を供給する。また、D-Tap×1、USB-C×1、USB-A×1、Lemo 2p 12V出力×2を備えており、アクセサリーへの電源供給が可能となる。

Bebob COCO-MODO-A Sides. Image credit: Bebob

バッテリーをホットスワップできることは、Bebob COCO-MODOアダプターと他社製品との違いだ。COCO-MODOには、Lemo 2p DC INが用意されており、KomodoのDC-INポートに電源を供給する。これにより、撮影者はカメラの電源を入れたまま、外部バッテリーを使用してバッテリーを交換することができる。

競合製品

Image credit: Core SWX / Tilta

Komodoの電源には、同様のオプションがいくつかある。最も注目すべきは、TiltaとCore SWXの製品で、Bebob COCO-MODOと同じ14.4Vから7.2Vのアクティブプレート変換を提供している。

しかし、TiltaとCore SWXのアダプターのユーザーからは、設計上の問題が報告されている。これらのモデルでは、バッテリーとバッテリーマウントの間にわずかな遊びがあり、このため、これらのアダプターにバッテリーを装着すると、バッテリーがわずかにぐらつくことがある。

Bebobでは、この問題を解決したとしている。

「Bebob COCO-MODEL」は、特にフィット感を重視して設計されています。Bebob COCO-MODOはカメラの背面に極めてスムーズに取り付けられ、バッテリーはプレートに確実かつスムーズに収まります。

  • Bebob COCO-MODO Press Release 11/10/21
  • KomodoのSDIポートの安全性

    Red Komodoとアクセサリーを使用する際には、適切なスタートアップとシャットダウンの手順に従うことが非常に重要だ。12G SDIポートは絶縁されていないため、アクセサリーからの電力がカメラ内に放電し、SDIポートを損傷する可能性がある。

    アクセサリーは、SDIポートに接続する前に電源を入れ、SDIアクセサリーをシャットダウンする前にSDIポートを切り離す必要がある。

    また、SDIポートを損傷から守るために、LEN SDIガルバニックアイソレーター(~500ドル)を使用することもできる。

    Image Credit: Bebob

    このアダプターはREDの認証を受けているとは記載されておらず、バッテリーの情報がカメラに伝わるということもない。すべてのVおよびAマウントのバッテリーで動作する。

    Bebob COCO-MODOは、610ドルのプレミアム価格で近日発売予定。このアダプターの詳細については、Bebobのウェブサイトをご覧いただきたい。

    Leave a reply

    フィルター
    全て
    ソート
    latest
    フィルター
    全て
    ソート
    latest

    CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する