PortkeysがBM5 III WRモニターを発表

PortkeysがBM5 III WRモニターを発表

Portkeysは、カメラを制御できるBM5モニターのアップデートバージョン、BM5 III WRをリリースした。この新しいモデルは、最大輝度2200ニットのより大きな5.5インチディスプレイを備えている。カメラを制御するためのBluetoothモジュールが組み込まれており、RED Komodo用にワイヤレスカメラ制御が実装されている。

Portkeysは、手頃な価格のオンカメラモニターとビューファインダーのフルラインナップを、わずか2、3年で高いコストパフォーマンスでリリースした中国企業d。Portkeys LH5Pのレビューはこちら

CineDでは2019年にPortkeys BM5モニターについてレポートしている。これは、カメラを制御できるSDI / HDMI入力および出力ポートを備えた5インチのフィールドモニターだが、今回、より大きな画面と新機能を誇るアップグレードバージョンのBM5 III WRがリリースあされた。

主な機能

なお、この新しいBM5 III WRは、以前のバージョンを大幅にアップグレードしたものではなく、次のような主な機能のほとんどは同じだ。

  • 1系統のSDI入力と1系統のHDMI入力ポート。 60fpsで最大Full HDのビデオ信号を受信できる。
  • クロスコンバージョンを備えた1系統のSDI出力と1系統のHDMI出力ポート。
  • ソニーのNP-Fスタイルのバッテリーを使用。また、電源入力/出力ポートがあるので、Vマウント/ゴールドマウントバッテリーの電源を切ったり、モニターを使用してカメラに電力を供給したりできる。
Image credit: Portkeys
  • BM5 III WRはアルミニウム製で、ディスプレイの前に強化ガラスを使用。
  • ディスプレイの解像度は1920x 1080で、最大輝度が2200ニット、コントラスト比が1000:1のタッチスクリーン。
  • また、これはWLEDディスプレイで、パネル自体は10ビット(8 + 2 FRC)であるため、「真の」10ビットではない。
  • 内蔵のBluetoothモジュールとカメラ制御ポートがあり、有線/無線でカメラを制御する。
The list of all camera models and functions supported by the Portkeys BM5 III WR. Image credit: Portkeys

従来モデルとの違いは、以下の機能。

新機能

BM5 III WRは、従来の5.2インチに対し5.5インチのディスプレイで、前モデルよりも少し大きくなった。また、モニターには、次のような組み込みのモニターツールがある。

  • 3DLUTモニタリングと3DLUTSDI出力。
  • 波形および波形SDI出力。
  • 偽色とゼブラ。
  • ピーキングとズーム。
  • HDRのサポート。
  • フレーミングガイド、グリッド、アスペクト。
  • シャープネス、彩度、明るさ、逆光、色合い、色温度の調整。

これらの監視ツールは以前のバージョンでも使用可能だったが、ピーキングモードが改善され、見やすくなった。またフレームを記録して参照/ガイドとして使用するための新しい「フリーズフレーム」ツールが利用可能になった。

PortkeysはRED Komodoにワイヤレスカメラコントロールを実装した。たとえばSmallHD Focus Proのように、Komodoとモニターの間にケーブルは必要ない。

見たところ、システムは非常に応答性が高く、遅延がまったくないように見える。これは、すべてのRED Komodoユーザーにとって朗報だ。

PortkeysにはCanon EOS C70のカメラ制御もあるが、専用のLANCケーブルが必要。

価格と発売時期

Portkeys BM5 IIIWRは現在517ユーロ。有線で制御する場合は、注文時にカメラに適した制御ケーブルを選択する必要がある。

PortkeysのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する