PortKeys LH5Pフィールドモニターレビュー

PortKeys LH5Pフィールドモニターレビュー

PortKeys LH5Pは、2021年1月に発売された5.5インチモニター。この1700nitモニターは、HDMI入力とHDMI出力ポートを備えており、最大DCI4Kの解像度を持つ。 400ドル未満と非常に安価で、有線または無線でカメラを制御することもできる。

なお、このレビューは、2020年7月に発売されたPortKeys LH5Hで最初に行ったが、リリース後6か月で中止された。このレビューは準備ができていて、LH5Pが出たときにもう一度やり直すこととしていた。

PortKeys LH5P on the left, PortKeys LH5H on the right. Image credit: CineD

PortKeysは、非常によく似た機能を備えたこの新しいLH5Pモデルを送ってくれた。つ同じディスプレイだが0.3インチ大きく、プラスチックではなくアルミニウムでできており、ワイヤレス制御用のアンテナが付いている。それに応じてこのレビューを更新し、すべての機能を再度テストした。

Image credit: PortKeys

PortKeys

PortKeysは、モニターとビューファインダーを専門とする中国のメーカー。以前、カメラを制御できるSDI / HDMI入力および出力ポートを備えた5インチのフィールドモニターPortKeys BM5についてレポートした。その後、同社はほぼすべてのカメラを制御できるユニバーサルハンドルOEYE-3GLEYE EVFをリリースしている。

PortKeysは、優れたコストパフォーマンスの製品を作ることで知られている。 PortKeys LH5Hは2020年7月に発売され、その後継機のLH5Pは2021年1月に発売された。このモニターは同社のエントリーレベルの製品の1つだ。しかし、HDMIのみということ以外、機能に関しては、上位機種と何ら変わりはない。

Image credit: CineD

パッケージ

PortKeys LH5Pは小さな箱に入っており、開けるとペリカン風のハードケースがある。

Image credit: CineD

ハードケースの中には以下のものが入っている。

  • モニター
  • USBスティック
  • 5ピンからバレルへのケーブル
  • D-Tapから5ピンの電源ケーブル
  • USBケーブル:ミニUSB-USB-Cケーブル、およびミニUSB- Lancカメラ制御ケーブル。 LH5Pを購入すると、追加のカメラ制御ケーブルを購入するオプションがある
  • 2つのアンテナ:1つはストレートアンテナ、もう1つは直角アンテナ
Image credit: CineD

付属のハードケースは良いものだが、バッテリーを入れるためのスペースはない。ソニーNP-Fバッテリーを取り付けると、ケースに収まらなくなる。HDMIケーブルを取り付けても同じだ。アンテナでさえ、モニターに取り付けられない。

結局、ケースを使用しないことになるが、残念なことだ。ほとんどのユーザーは、より大きなケースを入手しなければならない。

Image credit: CineD

デザイン、サイズ、重量

PortKeys LH5Pのエクステリアデザインは平凡なものだが、シンプルで余計なものはない。

  • 上にはメニューにアクセスしてナビゲートするための4つのカスタマイズ可能なファンクションキー、電源スイッチ、および4つのボタンがある。
Image credit: CineD
  • 左側には1系統のHDMI入力ポート、1系統のHDMI出力ポート、および3.5mmヘッドフォンジャックがある。
Image credit: CineD
  • 右側には排気口
Image credit: CineD
  • 底面には1系統のカメラ制御ミニUSBポート、DC 7-24V電源出力ポートを兼ねる5ピンモーターカメラ制御ポート、1つの1 / 4-20インチ取り付けポイント(位置決めピン付き)、およびUSB Type-Aポートがある。ファームウェアを更新したり、LUTをロードしたり、電源を入れたりできる。
Image credit: CineD
  • 背面にはソニーNP-Fバッテリープレートとバッテリープレートロックボタンがある

重量は、バッテリーなしで250グラム。外形寸法は、バッテリーなしで144 x 114.8 x 28mm。 LH5Pを smallHD FOCUS 5などの競合と比較すると、PortKeysモニターは少し重い。ただし、133 x 84 x 19mmの寸法では、Focus 5は5インチに留まる。

Image credit: CineD

品質

PortKeys LH5Pは主にアルミニウム製で、画面の前に強化ガラスが付いている。ボタンはプラスチック製だ。

バッテリーのフィット感はぴったりで、スムーズに着脱できる。

Image credit: CineD

前に述べたように、PortKeys LH5Pの下部には1 / 4-20インチの取り付けポイントが1つある。これはモニターの唯一の取り付けポイントであり、少しがっかりする。モニターをカメラに取り付けるには複数のポイントが欲しい。少なくとも左側または右側にひとつ、もう1つは下部に。モニターの右側には排気口しかないので、ここに別の取り付けポイントを付けることは可能だろう。

Image credit: CineD

下部のみに1 / 4〜20インチの取り付けポイントがあるが、AtomosはNinjaVでもそのようにしている。下部にARRI位置決めピンを備えた3 / 8-16インチの取り付けポイントが1つある。 ARRI位置決めピン付きの3 / 8-16インチモニターマウントを使用する場合、ねじれは発生しない。モニターを1 / 4-20インチの取り付けアクセサリーに取り付けたい場合は、3 / 8-16インチから1 / 4-20インチのネジ付きインサートを取り付けるだけでよく、シンプルで簡単だ。このタイプの取り付けオプションをすべてのモニターの下部に実装するのは簡単で、ユーザーは使いやすい。

Image credit: CineD

入出力

PortKeys LH5Pには、1系統のHDMI入力ポートと1系統のHDMI出力ポートがある。DCI 4K で24p、UHD 4Kで最大30p、FullHDで最大60pをサポートする。 3つすべてをパナソニックGH5でテストしたが、問題はなかった。

また、カメラに3.5mmヘッドフォンジャックがない場合、またはLH5Hから直接オーディオ信号をモニターする場合は、3.5mmヘッドフォンジャックが用意されている。

Image credit: CineD

電源

モニターの背面にはソニーNP-Fスタイルのバッテリープレートが内蔵されている。最大輝度(1700nit)で使用して、持続時間をテストした。動作時間は約1時間から1時間半だった。通常、モニターの電源を切らずに、常に最大の明るさで撮影するとは限らないため、あまり意味がないが、一つの目安にはなるだろう。実際の撮影条件では、問題ないだろう。

また、モニターの下部にはUSBType-Aポートがあり、外部電源(5V / 2A)から電力を供給できる。 NP-Fバッテリーでモニターに電力を供給する場合、このUSBポートは5V / 1A出力としても機能し、スマートフォンを同時に充電できる。

また、5ピンの電源入力/出力ポートがあり、付属のD-Tap-5ピン電源ケーブルを使用して、Vマウント/ゴールドマウントバッテリーからモニターに電力を供給することができる。また、付属の5ピン-バレルコネクタケーブルを使用してアクセサリーに電力を供給することもできが、今回は試していない。同社によれば、NP-Fバッテリーでモニターに電力を供給する場合、このポートで7.4Vカメラアクセサリに給電できる。

要するに、PortKeys LH5Pにはたくさんの入出力電源ポートがあり、便利だ。

Image credit: CineD

ファンノイズと発熱

LH5Pにはファンが内蔵されている。メニューで、低、中、高に設定できる。テスト中、ファンは「低」設定のままだったが、それほど熱くならなかった。

ファンは静かだが、モニターを起動すると、最大ファン速度で1秒間作動する。ただし、モニターがオンになったら、低速になりほとんどノイズは発生しない。

立ち上がり時間

PortKeys LH5Pは、FullHD 1080p / 1920 x1080解像度の5.5インチWLEDディスプレイを備えている。ディスプレイは、タッチスクリーンでメニュー操作できる。

LH5Pの最大輝度は1700nitで、1500nitを超える輝度を持つ他のモニターと同様に、直射日光下で見ることができる。モニターのコントラスト比は1000:1で、パネル自体は10ビット(8 + 2 FRC)で、「真の」10ビットではない。 8 + 2 FRCパネルは、8ビットパネルで10ビットをシミュレートする「ソフトウェアトリック」に基づいているため、安価にできている。なお、SmallHDやAtomos(NEONを除く)の高価なモニターでも同じ手法を使用している。

電源ボタンをオンにすると、モニターが動作するまで約5秒かかる。

Image credit: CineD

モニターの電源を入れると、メニュー内で次のような表示設定を調整できる。

  • 1から10までの明るさ調整
  • コントラスト、彩度、シャープネス、色合い
  • アナモフィックデスクイーズ、色温度
  • ファン速度(低/中/高)、音量出力、画像反転
Image credit: CineD

モニターツール

ツールも用意されており、これらのツールを使用すると、露出、フォーカス、ホワイトバランスなどを判断できる。PortKeys LH5Pには、次のツールがある。

  • フィールド、ガイド、センタークロス、グリッド
  • ズーム、ピーキング
  • 偽色、ゼブラ、アンダースキャン、ヒストグラム、波形、3DLUT
  • オーディオメーター
False color tool. Image credit: CineD

これらのツールは、最近のカメラモニターでは標準的なものだが、LH5Pには全てのツールが備えられている。また、タッチスクリーンで各ツールの位置とスケールを調整できる。

Image credit: CineD

ユーザーインターフェイスとその課題

PortKeys LH5Pのユーザーインターフェイスは、控えめに言っても、良くできたものではない。ユーザーはマニュアルを読むことは、あまりないだろう。つまり、操作は直感的でなければならない。しかしLH5Pの場合はそうではない。

ユーザーインターフェイスは、次の4つの「ページ」で構成されている。

  • ディスプレイ、オーディオ出力、LUT、ファームウェアアップデートなどを調整するためのシステム設定ページ
  • すべてのモニターツールが掲載されている機能設定ページ
  • カメラを制御するためのカメラ制御設定ページ
  • モニターにフォローフォーカスが接続されている場合は、モーター制御設定ページ

これは非常に単純に見えるが、これらのページにアクセスするには、モニターをさまざまな方向にスワイプして目的のページに移動する必要がある。たとえば、[システム]ページの場合、左にスワイプする必要がある。機能ページの場合は、右にスワイプする。 [制御設定]ページでは、モーターページを下にスワイプして上にスワイプする必要がある。覚えるのは簡単ではなく、現在表示しているページを視覚的に示すこともできない。しかし、それだけではない。

簡単な関数を見つけるためにマニュアルを読まなければならない。たとえば、[機能]ページを表示しているとき、画面をタップしてフレームガイドツールをアクティブにする。その後、そのツールの設定とアスペクト比を調整する場所が見つからなかった。

Image credit: CineD

ツールの設定を変更するには、調整するツールのアイコンをサイドバーに付けたまま、同時に右にスライドする必要がある。ユーザーマニュアルを見ても、それは簡単ではなく、ツール調整設定に到達するのに数十回操作が必要だった。画面の下部に「ツール調整」設定にアクセスできる小さなボタンを追加すると、簡単に実行できるだろう。

UI内のナビゲーションのほとんどは、タッチスクリーンで行われる。ただし、モニターの上部にある物理的なメニューボタンとナビゲーションボタンを使用することもできる。これらのボタンを使用すると、ページ内を移動できる。ただし、これらのボタンからページを切り替えることはできない。

なお、[設定]ページなどの一部のページでは、画面/メニューの下部で調整できるさまざまな設定がある。ただし、一部の設定では、2つのサブページがあり、奇妙なことに、2番目のサブページにアクセスするには、物理​​的なボタンを使用する必要があるが意味が分からない。

PortKeys LH5PのUIは、以前の古風なUIから大幅に向上しているが、まだまだ改良と改善が必要だ。ファームウェアの更新によってこれらが改善されることを期待したい。

Image credit: CineD

カメラコントロール機能

PortKeys LH5Pが競合他社の多くと一線を画す1つの機能は、カメラが制御できることだ。モニターのミニUSBポートからオプションのケーブルでカメラに接続する必要がある。

さまざまなカメラがサポートされており、カメラに応じて多かれ少なかれカメラを制御できる。現時点では、サポートされているモデルは次のとおり。

  • ソニー:A9、A7 II、A7 III、A7 IV(ウェブサイトには書かれているが、このカメラはまだ存在しない)、A6000、A6300、A6400、A6500、RX100、RX02。
  • キヤノン:1D XマークⅡ、5DS、5DS R、5DMarkⅣ、5DMarkⅢ、5DMarkⅡ、6DMarkⅡ、6D、80D。
  • パナソニック:GH4、GH5、GH5S
  • LANC経由:Z CAM E2 F6およびS6、Blackmagic Ursa Mini、Ursa Broadcast、 Pocket Cinema Camera 4k / 6K、FS5、FS7、FX9、C700 PL、C700 GSPL、C200、C100、C100 MARK2。

ほとんどの主なカメラがカバーされている。 LH5PをTilta Nucleus N / Mワイヤレスフォローフォーカスに接続して、モニターを介してフォーカスをコントロールすることもできる。

Image credit: CineD

BMPCC 4K / 6Kに対してはさらに多くの機能がある。LH5PにはBluetoothモジュールが組み込まれているため、ケーブルを使わなくてもカメラとモニターを接続できる。BMPCC6Kカメラでも問題なく動作した。

また、パナソニックGH5でも試したが、問題なく動作した。ただしケーブルを接続するのは面倒なので、ワイヤレスでカメラが制御できると便利だ。

画質

モニターの画質はディスプレイの品質により大幅に異なる。

実際、優れたフィールドモニターは、可能な限り正確な色で、見たままが記録される必要がある。モニターの色が正しくないと、本来の映像が表示されない。たとえば、モニターの色が非常に不正確な場合、黄色や赤が表示されるはずなののオレンジ色になる。これは、カメラのホワイトバランスや露出の設定に悪影響を及ぼす。

ただし、フィールドモニターは、コンピューターディスプレイではなく、ほとんどの場合、カモニターを調整するためにプローブや分光光度計を使用することはできない。これは、内蔵の画像調整ツールを使用して、手作業で正しく調整するのに苦労する。要するに、フィールドモニターは、最小限の色調整で、すぐに使用できる必要がある。

Portkeys LH5Pの明るさ、色精度をDelta Eを分光光度計で判断しても、あまり意味がない。

LH5Pディスプレイは、工場出荷時にPortkeysによってカラーキャリブレーションされている。モニターは、X-Rite i1 DisplayPro比色計を使用して工場で校正されている。要するに、それは箱から出してかなり正確な色を表示する。ただし、色はずれていないが、コントラストを少し調整し、彩度/色合いの設定をプラスマイナス2/3調整することで、色をより良くすることができる。 i1 Display Proがある場合は、必要に応じて、後で再調整することもできる。

ほとんどのフィールドモニター(OLEDではないモニター)では、明るさを上げると、ディスプレイが画像の黒い部分を持ち上げる傾向がある。要するに、黒はグレーになり、画像は少し色あせ始める。LH5Pではこの現象はそれほど悪くはなく、最大の明るさでも、画像は使用できる。

Image credit: CineD

フィールドテスト

筆者はLH5Hを3か月間使用し、さまざまな撮影条件で多くの撮影を行った。 LH5HとLH5Pの画像は、特に室内で、優れている。明るい日光下でも使用できるが、バッテリーの消耗が激しい。太陽光の反射は悪くないが、モニターツールなしで露出を判断できない(どのモニターでもそうすべきではない)。

モニターは軽量で、バッテリー持続時間も十分なので、コンパクトカメラに最適だ。

競合

多くの5インチ/5.2インチのフィールドモニターが発売されている。 LH5Pの8倍の価格で販売されているSmallHD 503 Ultrabrightのような製品と比較するのは意味がないだろう。

Image credit: PortKeys

299ドル(100ドル安い)で販売されているAtomos Shinobiのようなモニターや、Andy Cine A6 Plus V2が、比較の対象になるだろう。以下は比較表。

PortKeys LH5PAtomos Shinobi HDMIAndyCine A6 Plus V2
Display Size5.5″5.2″5.5″
Display Resolution1920 x 10801920 x 10801920 x 1080
Maximum Brightness1700 nit1000 nit450 nit
Contrast Ratio1000:1N/A1000:1
Display TechnologyWLEDIPSIPS
TouchscreenYesYesYes
Bit-Depth10 bit (8+2 FRC)10 bit (8+2 FRC)8 bit
HDMI InputYes : it supports signal up to DCI 4K (4096×2160) at 24fps, or HD video at up to 60fps.Yes : it supports signal up to DCI 4K (4096×2160) at 30fps, or HD video up to 60fps.Yes : it supports signal up to DCI 4K (4096×2160) at 24fps, or HD video at up to 60fps.
HDMI OutputYes : DCI 4K at 24fps or HD video at up to 60fps.NoYes : DCI 4K at 24fps or HD video at up to 60fps.
Headphone JackYes: 3.5mm jackYes: 3.5mm jackYes: 3.5mm jack
3D LUT SupportYesYesYes
Monitoring ToolsYesYesYes
PoweringSony NP-F BatterySony NP-F BatterySony NP-F Battery and Canon LP-E6
Other Power InputsYes : USB type-A port via a powerbank, and 5-pin « aviation » power input/output port.Yes : comes with AC power supply and supports AtomX or other powering optionsYes : USB-C power via a powerbank and 12V DC-input port.
Power OutputYes : 7.4V 5-pin « aviation » power input/output port,NoYes : 8V DC output
Camera ControlYesNoNo
Image CalibrationYes: in-factory calibrated and can be re-calibrated with an optionnal Xrite i1 Display Pro probYes: via an optionnal Xrite i1 Display Pro probNo
Weight250 grams / 8.8oz196 grams / 7oz235g / 8.3oz
Size144 x 114.8 x 28mm151 x 91.5 x 31.5mm148 x 93 x 20mm
ConstructionAluminum AlloyPolycarbonate ABSPolycarbonate ABS
Mounting Points1 x 1/4-20″ at the bottom2 x 1/4-20″, one at the top one at the bottom3 x 1/4-20″, one at the top, one at the bottom, and one on the right.
Mounting Bracket IncludedNoNoYes
Price$399.00$299.00$189.99

このように、PortKeys LH5Pは、同じ価格帯の他のモニターと比較して、コストパフォーマンスに優れているが、ニーズに合わせて適切なモニターを選ぶと良いだろう。

Image credit: CineD

価格と発売時期

PortKeys LH5Pの価格は399.00ドルで、現在入手可能。 SDI入力/出力ポートが必要ない場合は、400ドル未満で手に入る優れたモニターだ。

詳細については、こちらのPorKeysのWebサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する