ブラックマジックデザインがBMPCC4K と6Kのファームウエア6.6をリリース

2019.10.29
ブラックマジックデザインがBMPCC4K と6Kのファームウエア6.6をリリース

ブラックマジックデザインは、BMPCC4Kおよび BMPCC 6Kの新しいファームウェアアップデートBlackmagic Camera Setup 6.6をリリースした。この更新により、新しい録画モード、カメラホライズンツール、オートフォーカスパフォーマンスの改善、およびその他の多くの機能がサポートされる。

BlackmagicCameraSetup6_6_Featured

Image credit: Blackmagic Design

Camera Setup 6.6の概要

ブラックマジックデザインは、BMPCC4Kおよび6Kの新しいファームウェアアップデート、Camera Setup 6.6を発表した。このファームウェアの更新により、多くの機能が改善される。

  • Blackmagic Pocket Battery Gripのサポートが追加された。バッテリーグリップはNAB 2019で発表されたもので、最大2個のソニーNP-Fスタイルバッテリーを内蔵できる。
  • 言語のローカライズのサポートが追加された。
  • カメラホライズンツールのサポートが追加された。この機能は、カメラが水平であることを確認するのに役立つ。
  • ピンチのサポートにより、最大8倍にズームできる
  • USB PTP制御のサポート。
  • カスタマイズされたフレームガイドの比率を入力できるようになった。
  • オートフォーカスのパフォーマンスが向上した。
BlackmagicCameraSetup6_6_01

BMPCC 4K – Image credit: Blackmagic Design

BMPCC4Kでの機能追加

現在、 BMPCC 4Kユーザーのみが、次の多くの新機能にアクセスできる。

  • 新しいアナモルフィック録画モード:アナモフィック撮影で、Blackmagic RAW 2.8K 4:3 2880 x 2160で最大80 fpsの記録。
  • 追加の記録モード:Blackmagic RAWで4K 2.4:1 4096 x 1712で最大75 fps記録。また、Blackmagic RAW 2.6K 2688 x 1512で最大120 fpsの記録。これは、Super16mmレンズに適している。
  • 4K 4:3を記録するときに、2倍のデスクイーズプレビューをサポート。また、1.33xアナモフィックレンズを使用している場合は、1.33xのデスクイーズプレビューが可能。
  • Blackmagic RAWクリップにメタデータとしてカスタム3D LUTを埋め込むことができるようになった。
  • フレームを変更するときに、スライダーの上に一般的なオフスピードフレームレートオプションを追加。 ISO設定を変更する場合、スライダーの上に一般的なISOオプションを追加。
  • 12V DCコネクタを介して電力を供給する場合、電圧レベルをモニターできるようになった。

今回の改善点の多くはアナモフィック撮影に関連したものだ。実際、BMPCC4Kは、6Kバージョンと比較して小さなセンサーを備えている。また、BMPCC4Kは、MFTレンズマウントにより、より多くのレンズで使用できるというバックグラウンドもある。

BMPCC6Kでの機能追加

最後に、Blackmagic Designは Avid Media ComposerおよびAdobe Premiere Pro用のBlackmagic RAWプラグインを改善した。これで、プラグインはより安定し、効率的になった。更にCUDAのパフォーマンスと安定性も改善されている。

価格と発売時期

Blackmagic Camera Setup 6.6は無料のファームウェアアップデート。現在入手可能で、ブラックマジックデザインのウェブサイトからダウンロードできる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Blackmagic Design Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

Blackmagic Design Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K (CINECAMPOCHDMFT4K)

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する