Blackmagic DesignがDaVinci Resolve 15.2アップデートとURSA Mini Proファームウェア6.0を発表

Blackmagic DesignがDaVinci Resolve 15.2アップデートとURSA Mini Proファームウェア6.0を発表

Blackmagic DesignInter BEE2018で、 DaVinci ResolveのメジャーアップデートVer.15.2を発表した。このアップデートでは、ワークフローに関する多くの機能が強化されている。さらに、Blackmagic RAWをサポートする最初のカメラであるURSA Mini Pro用のファームウェア6.0もリリースした。

DaVinci Resolve 15.2

DaVinci Resolveはカラーグレーディングツールから本格的な編集アプリケーションに変身しつつあるが、今回のアップデートも過去数年間のアップデートに続くものだ。ほぼすべての機能追加は、ビデオ編集を中心に行われている。

より快適になった編集機能

編集をより快適に「感じる」ために、編集タイムラインはより高いフレームレートで描画され、これにより以前よりも応答性が向上している。新しいアニメーション機能は、編集の変更がタイムライン内の他のクリップにどのように影響するかを表示する。

重複するクリップの検出

新しい重複クリップ検出機能により、同じクリップがすでにタイムラインで使用されているかどうかを簡単に確認できる。これは、たとえばBロールフッテージで作業する場合には非常に便利な機能だ。ビン内のクリップは、タイムラインで使用されている場合マークされる。また、使用していないクリップをまとめることでタイムラインを「クリーンアップ」することも可能。これにより、表示されていないクリップが削除される。ただし、これは慎重に行う必要がある。また、タイムコードの入力も簡略化された。

タイムライン間での編集

Resolve 15.2では、タイムライン間で簡単に編集できるようになった。タイムラインや複数のクリップをソースビューアにロードし、分割した状態で現在のタイムラインで編集できるようになった。 Xキーを押すと、ソースタイムラインのクリップをアクティブな編集タイムラインに直接カットインすることができる。

インスペクター、オンスクリーンコントロール、メタデータ表示

インスペクターにすべての情報が表示される。画面上のコントロールとメタデータビューアは、現在タイムラインの再生カーソルがあるクリップの情報を表示する。

キーボードショートカットカスタマイズ

キーボードのカスタマイズも簡単で直観的になった。新しいインターフェースは視覚的で、ショートカットの割り当ても簡単に行える。 Premiere Pro CCやFinal Cut Pro Xなど他のNLEでのキーボード設定をエミュレートするためのキーボードセットも含まれている。キーボードの設定はシステム間で共有することができ、ショートカットできる機能も従来より多くなっている。

新しいResolveFXプラグイン

DaVinci Resolve 15.2には、新しいResolveFXプラグインが含まれている。「Blanking Fill」プラグインは、レターボックスなどアスペクトレシオが異なるクリップを挿入する場合、自動的にブランクになった部分を埋めてくれる。例えば、16:9のタイムライン上に4:3や縦長の映像を挿入する場合便利だ。また「Beauty」プラグインは、肌や表面のテクスチャを滑らかにする。更に、カラーグレーディング関連の新しいプラグインは、好みのカラースペースで作業してもACES準拠のグレーディングができる。接続されたノードをオフにしてミキサーノードの入力をバイパスすることも可能になった。ギャラリースティルはカスタマイズしたラベル名でエクスポートできる。

オーディオ機能の改善

オーディオ機能も強化され、一般的な不具合を修正したほか、FairlightページとFairlightFXプラグインの改良が加えられ、オーディオマスタリングがスピードアップされた。”ステレオフィックス”プラグインは一般的なチャンネルマッピング手順のプリセットを備え、1~2回のクリックでクリップを簡単に修正できる。たとえば、ステレオトラック上のデュアルチャンネルのモノラルダイアログは、すぐに修正することができる。また新しいマルチバンドコンプレッサーはリアルタイムでスペクトルを分析でき、4つの周波数帯にわけて調整できる。これにより、オーディオのマスタリングでノイズを発生させずに全体の音量を調整できる。更にVCAグループ機能は同時に複数のチャンネルストリップを連動させ、ゲインを同時に調整できる。

これらは、Blackmagic Designが4月のNABで DaVinci Resolve 15を発表した際の110の機能のうちの主な機能だ。 同社のCEO、Grant Petty氏のNABでのインタビューも参考いただきたい。

DaVinci Resolve 15の最終リリースに関しては8月にリリースした記事も併せてごらんいただきたい。 DaVinci Resolve 15の新機能をすべて解説している。最新のResolve 15.2の新機能一覧は、こちらをクリック。

無償アップデートのダウンロードはこちら

URSA Mini Proファームウエア6.0

一方URSA Mini Proも継続的に改善されている。 Blackmagic RAWをサポートしたアップデート(記事はこちら)以来のアップデートとなる。 現在Blackmagic RAWをサポートする唯一のカメラだが、今後他のカメラにも順次搭載されていくだろう。今回のバージョン6.0では、いくつかの機能が追加されている。下はそのリスト。

URSA Mini Proの改善点

  • ISO範囲の改善
  • 再生機能の改善
  • オフスピードのステータス情報表示を改善
  • カラーコレクタの応答性を改善
  • タイムコードのサポートを改善
  • メタデータのサポートを改善
  • シャッターメタデータを改善
  • SDIストリームにHDRメタデータを追加
  • 2:1監視フレームガイドを追加
  • SDI入力からのタイムコードをロックする機能を追加
  • SDIカメラ制御プロトコルにフレームガイドオプションを追加
  • LCDのフィードレコードインジケータのバグを修正
  • スティールのバグを修正
  • URSA MiniおよびSDKのマニュアルを更新

URSAビューファインダーの新機能

  • 第4世代カラーサイエンスを追加
  • 拡張ビデオLUTに4.6Kフィルムを追加
  • 2:1フレームガイドを追加
  • アナモフィックフレームガイドの改良
  • フェルスカラーの改善
  • 拡張ビデオ6.0 LUTベータ版のバグを修正
  • 一般的なパフォーマンスの向上

URSAスタジオファインダーの新機能

  • 第4世代のカラーサイエンスを追加
  • 拡張ビデオLUTに4.6Kフィルムを追加
  • 2:1フレームガイドを追加
  • アナモフィックフレームガイドの改良
  • 一般的なパフォーマンスの向上

6.0の新機能は他のカメラへはサポートされていない。

URSA Mini Proファームウェアアップデート6.0はこちらから無料でダウンロードできる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Blackmagic Design Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K (CINEURSAMUPRO46K)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する