ブラックマジックデザインがFirmware4.4アップデートでBluetoothカメラコントロールをサポート

ブラックマジックデザインがFirmware4.4アップデートでBluetoothカメラコントロールをサポート

ブラックマジックデザインの最新のBlackmagic Camera 4.4アップデートは、Bluetoothでのカメラコントロールをサポートし、新しいレンズ互換性を追加している。

Blackmagic Camera 4.4アップデートにより、URSA Mini ProでBluetooth経由のカメラコントロールが可能になった。これにより、iOSアプリケーションを介してカメラをリモートコントロールや、ホワイトバランス、絞り、シャッターアングル、RECスタート/ストップ、メタデータの追加などが可能となっている。

これは無償アップデートで、Apple App Storeからダウンロードできる。

カメラコントロールアプリケーションは、約9mの距離からカメラを操作できる。これは、リモートコントロールはもちろん、複数のカメラ設定にも便利だ。同社は、ユーザーが独自のカメラコントロールインターフェイスを作成できるように、このアプリをオープンプロトコルとしている。

Blackmagic Camera 4.4アップデートでは、 URSA Mini 4Kのデジタルスレート機能とゼブラストライプオーバーレイも改良されている。 URSA Mini Proカメラの場合、Bluetooth機能により、新たにプリセットタイムコードオプションが追加された。また、Canon 18-80mm T4.4との互換性も追加されており、アイリス、RECトリガー、フォーカスのコントロールがサポートされている。更にPL、EF、B4マウントのサポートも追加されている。

Blackmagic Camera 4.4アップデートは、こちらからダウンロードできる。

 

フジヤエービックのショップサイト

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する