ブラックマジックデザインがURSA Mini Pro G2を発表、BMPCC4KにはBlackmagic RAWを搭載

2019.3.6
ブラックマジックデザインがURSA Mini Pro G2を発表、BMPCC4KにはBlackmagic RAWを搭載

ブラックマジックデザインは、主力となるショルダーカメラURSA Mini Pro G2を発表するとともに、 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KBMPCC4K)へBlackmagic RAWを搭載するアップデートを発表した。

同社が本日発表した新製品についての詳細は、下のGrant Petty CEO のビデオをご覧いただきたい。(英語)

 

以下は要約。

URSA Mini Pro G2

URSA Mini Pro G2はURSA Mini Proの第2世代にカメラだ。(プレス発表記事はこちら)URSA Mini Proの後継機の位置付けで、見た目は似ているが、内部を再設計し、新世代の4.6Kセンサーを搭載している。 同社は、このカメラのダイナミックレンジは15stopと述べている。 (オリジナルのURSA Mini Proダイナミックレンジテストはこちら

フレームレートも上げており、Blackmagic RAWとProResのフレームレートは2倍になった。記録できるフレームレートは以下の通り。

  • 120 fps / 4.6K / Blackmagic RAW
  • 150 fps / 4K DCI / Blackmagic RAW (windowed)
  • 150 fps / UHD 4K / Blackmagic RAW (windowed)
  • 300 fps / HD / Blackmagic RAW (windowed)

より高いフレームレートでは、12:1の圧縮になる。

ProResでのフレームレートは、

  • 80 fps / 4.6K / ProRes
  • 120 fps / UHD / ProRes (windowed)
  • 240fps / HD / ProRes (windowed)

センサーからの読み出しは速くなり、ローリングシャッター効果が少なくなった。またカメラの画像キャリブレーションがアップグレードされた。新しいブラックキャリブレーション、Version 4 Color Scienceの改善、および3D LUTが統合された。

Blackmagic RAW 1.3も搭載されている。このバージョンは、3D LUTをBlackmagic RAWに統合したもので、 DaVinci Resolveの最新バージョンが対応している。これはファイル内に保存されており、映像ファイルに埋め込まれたものではないので、オン/オフを切り替えることができる。この機能は、Blackmagic RAW SDK 1.3を使用するソフトウェアからアクセスできる。

quad-XLRオーディオ入力用のオーディオ回路も改良されている。従来のURSA Mini Proの最大の欠点の1つは、ミニジャックでのモニターに遅延があったことだ。

URSA Mini Pro G2は、 Pocket Cinema Camera 4kと同様に、フラッシュディスクへのUSB-Cレコーディングも可能となった。

マウントはEFマウントだが、オプションでPLやB4ブロードキャストマウントに交換できる。

上記の改善に加え、NDステータスなどのヘッドアップディスプレイの表示情報を拡張し、メディアのフォーマットもより簡単になった。(従来のURSA Mini Proのレビューはこちら

BMPCC4KBlackmagic RAWに対応

昨年9月にBlackmagic RAWが導入時はURSA Mini Proでのみ対応していた。これは圧縮12ビットRAWで従来のRAWよりも使いやすい。映像ファイルはProRes 422 HQファイルと同程度のサイズだ。(しかもProRes 422 HQ は10ビット) もちろん、誰もがBlackmagic RAWに期待しており、これで収録するだろう。

BMPCC4K用のBlackmagic RAW機能は、Blackmagic Camera 6.2アップデートの一部として提供される。(プレス発表記事はこちら)このアップデートは、Webサイトから無料で入手できる。このアップデートにより、低いデータレートで最高の画質と解像度で記録できることになる。例えば、1枚の256GB SD UHS-IIカードに4Kで2時間のBlackmagic RAW映像を収録することができる。 Blackmagic RAW 12:1を使用すると、4K DCI画像をSDカードに記録することさえ可能になる。カメラで使用できるRAW圧縮率は固定ビットレートで3:1、5:1、8:1、12:1、あるいは、一定画質の「Q0」と「Q5」が選択できる。

即ち、Blackmagic RAWコーデックを使用した画質設定は2つの選択方法で、画質またはファイルサイズを優先させることができる。

Blackmagic RAWに関する記事はこちら

Generation 4 Color Science

このアップデートでは、Blackmagic Design Generation 4カラーサイエンスがカメラに導入される。これは「正確な肌の色合いと豪華で本物そっくりの色をもたらす優れたイメージング」を実現する。以前のバージョンも満足できるものだったが、更に進化している。

下はBMPCC4Kのハンズオン記事はこちら

URSA Mini Pro G2BMPCC4KではDNG RAWを省略

なお、URSA Mini Pro G2、BMPCC4K、そして従来のURSA Mini Proで、cinema DNG記録は今後サポートしない。 Grant Petty氏は冒頭のビデオで特許の問題を挙げているが、ファイルサイズを考慮すると、cinema DNGは既に古いフォーマットと位置付けている。この考えは正しいかもしれないが(実際膨大な容量の記録メディアが必要になる)、このフォーマットに頼っている多くのユーザーはまだ多く、これらのユーザーは失望することになる。結果的には、低いハードウェアコストでRAW映像を記録することができるようになったわけだが、特にCGIポストプロダクションワークフローにおいては、DNGファイルがまだまだ使われている。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Blackmagic Design Blackmagic Pocket Cinema Camera 4k (CINECAMPOCHDMFT4K)

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する