Z CAMがE2-M4を発表

Z CAMがE2-M4を発表

Z CAMZ CAM E2-M4を発表した。基本的には同期機能のないZ CAM E2だが、交換可能なレンズマウントとフラッグシップと同じボディデザインを備えている。新しいZ CAM E2-M41,499ドルという低価格となっている。さらに、Z CAM6Kフラッグシップカメラの値下げも発表した。 E2-S62,499ドル(以前は2,995ドル)、 E2-F63,999ドル(以前は4,995ドル)だ。

Z CAM E2-M4 announced. Source: Z CAM

中国のカメラメーカーZ CAMは、NAB 2018でE2モデルを発表した。当時、カメラは4K 120fps、10ビットの内部コーデック、小型設計などのスペックで注目を集めた。 Z CAMは、リリース後もファームウェアの更新によりカメラを常に改良してきた。またAtomosのNinja VでZ CAM E2が出力した12ビットのProRes RAWを記録することを発表した

Z CAMはすでに幅広いモデルをラインアップしている。元のE2は、E2Cが手頃な価格で、 E2-S6、F6、およびF8は大型のセンサーを持つ新しい主力製品のとなっている。今回、同社はZ CAM E2-M4カメラを発表した。

Z CAM E2-M4の概要

まず、オリジナルのZ CAM E2はマイクロフォーサーズ(MFT)CMOSセンサーを備えており、最大160fpsでDCIまたはUHD 4K映像を記録でき、ProRes 4:2:2または10ビットH.264/265で記録できる。 記録メディアはCFast 2.0メモリカードを使用する。詳細については、Z CAM E2レビュー記事を参照いただきたい。

Z CAM E2-M4 announced. Source: Z CAM

Z CAM E2-M4は基本的に、 E2-S6、 E2-F6、および E2-F8カメラに使用されるボディを使用したオリジナルのZ CAM E2だ。新しいE2-M4で削除されたE2の機能は、マルチカム同期で使用する同期機能。したがって、従来のE2は、マルチカム同期機能をサポートする唯一のモデルとして残っている。新しいE2-M4は、HDMI経由の12ビットRAW出力もサポートする。

新しいボディでの機能の1つは、ユーザーが交換可能なレンズマウント。MFTレンズマウントが標準で付属しており、オプションでEF、PL、またはMレンズマウントを取り付けることができる。 Z CAMのEFおよびPLマウントの良い点は、電子NDフィルターのスロットをサポートしていることだ。

Z CAM TurboMount

eNDを備えたEFおよびPLマウントの上に、いわゆるTurboMountも提供している。TurboMountはSpeed Boosterアダプターと同じように機能する。マウントされたEFレンズのFストップを増して、より大きなセンサーをシミュレートする。

違いは、アダプターではなくレンズマウントとしてカメラに固定されていること。 ZCamのCEO、Kinson Loo氏によれば、TurboMountはE2-M4(後には E2-S6も)向けに登場し、EFレンズの完全な制御を提供する。ポジティブロックEFマウントが搭載されている。

Z CAM TurboMount. Source: Z CAM

ただし、TurboMountとeNDは同時に使用することはできない。フォーカルリデューサーまたはeNDのいずれかを選択する必要がある。 TurboMountの倍率はx 0.71で、これは Metabones Speedbooster Ultraに相当する。即ち、APS-C EFレンズでケラレは発生しない。なお価格と発売時期はまだ発表されていない。

価格と発売時期

E2-M4は 1,499ドルで、元のE2よりも500ドル安価。発送は6月の第1週の予定。 E2-M4にはAC電源が付属していないが、E2と同じアクセサリーが付属している。 Z CAMはまた、現時点ではE2(1,999ドル)の価格を下げる予定はないと発表している。

Z CAM E2-S6 E2-F6 の価格変更

Z CAM E2-M4の発表とともに、以前でもかなり手頃な価格だった6Kフラッグシップカメラの価格を下げることを発表した。

  • Z CAM E2-S6の価格は 2,995ドルから 2,499ドルに変更(496ドル値下げ)
  • Z CAM E2-F6の価格は4,995ドルから3,999ドルに変更(996ドル値下げ)

最後に、Z CAMはすべてのE2シリーズカメラがまもなくダイレクトRTMP、RTMPS、SRTライブストリーミングをサポートすることを発表した。この機能は、パソコンを介さずにFacebookやYouTubeのライブストリーミングが可能となる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する