キヤノンが15-35mm f/2.8 と 24-70mm f/2.8 RF ズームレンズ、およびEOS R /EOS RP用ファームウエアをリリース

キヤノンが15-35mm f/2.8 と 24-70mm f/2.8 RF ズームレンズ、およびEOS R /EOS RP用ファームウエアをリリース

キヤノンは、RFマウントの新フルフレームズームレンズと、EOS RおよびEOS RPカメラのファームウエアアップデートをリリースした。オブジェクトトラッキングAFが強化されている。新しいレンズは、ウルトラワイド15-35mm f / 2.8および標準24-70mm f / 2.8ズームレンズ。キヤノンはまた、今年後半に登場する新しい70-200mm f / 2.8レンズについても言及している。

Canon announced new RF lenses and Firmware update for EOS R and EOS RP cameras.

なお、同社の新しいカメラEOS 90DおよびEOS M6 Mark IIについては、後日記事を分けてリリースする。

RFレンズ

https://www.youtube.com/watch?v=DHC_Ji8cUPQ

新しく発表されたうちの1本は、超広角RF 15-35mm f / 2.8 IS USM。フルフレームセンサーをカバーし、3枚の非球面レンズと2枚の超低分散レンズを備えている。レンズには、82mmのフロントフィルタースレッドがあり、最短合焦距離は28cm。15mmはRFマウント用の最も広角のキヤノンレンズとなる。

もう1本のレンズは、標準ズームRF 24-70mm f / 2.8 IS USM。フルフレームセンサー対応で、3枚の非球面レンズと3枚の超低分散レンズを備えている。最短合焦距離は21cmで、9枚の絞り羽根を持つ。

どちらのレンズも手振れ補正システムを備えており、現在予約注文が可能。各レンズの価格はオープンだが、実勢価格は約29万円程度となっている。

New Canon RF 15-35mm f/2.8 IS USM lens.

New Canon RF 24-70mm f/2.8 IS USM lens.

キヤノンはまた、2019年末に導入予定のRF 70-200mm f / 2.8レンズにも触れている。このレンズはEFマウントバージョンと比較すると驚くほどコンパクトに見えるが、光学設計を再設計したようだ。

EOS R  と EOS RPのファームウエアアップデート

EOS R(バージョン1.4.0)およびEOS RP(バージョン1.3.0)向けに新しく発表されたファームウエアの更新により、顔検出および被写体追跡機能が強化され、より正確なオートフォーカスが実現する。

視線追跡オートフォーカスも強化された。更新前は、カメラが認識できるように顔が画像の少なくとも13〜15%を占める必要があったが、新しいファームウエアでは、目を追跡し3%で良くなった。

オートフォーカスの改善はすべて、スティルとビデオ両方に有効だ。このファームウエアアップデートは、9月に同社のWebサイトからダウンロード可能となる予定。

新レンズのプレスリリースはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する