キヤノンが新RFレンズを発表

2020.7.9
キヤノンが新RFレンズを発表

キヤノンはEOS R5EOS R6の発表に続き、4本の新しいRFレンズと2個のRFエクステンダーも発表した。新しいレンズのうち3本は望遠レンズで、RF 100-500mm F / 4.5-7.1L IS USMRF 600mm F / 11 IS STM、そしてRF 800mm F / 11 IS STM エクステンダーはRF 1.4x2xで、最大1200mmRF 600mm F / 11 IS STM)と1600mmRF 800mm F11 IS STM)になる。更にRF 85mm F / 2 MACRO IS STMレンズはポートレートやマクロ用となっている。

New Canon RF lenses and focal length extenders announced. Source: Canon

RF 100-500mm F/4.5-7.1L IS USM

まず、RF 100-500mm F / 4.5-7.1L IS USM望遠ズームレンズは、スポーツ、野生動物、イベントの撮影に適している。F値はズーム範囲で一定ではないが(100mmでF / 4.5から500mmでF / 7.1まで)、ほとんどの状況で十分だろう。このような望遠レンズは明るい状況での撮影に適している。

RF 100-500mm F / 4.5-7.1L IS USMのレンズ構成は、1枚のスーパーUDレンズと6枚のUDレンズが含まれている。これらのレンズは、色収差とゴースト/フレアの低減に貢献している。最短合焦距離は0.9m。耐候性に優れ、あらゆる状況で使用できる。

Canon RF 100-500mm f/4.5-7.1 lens. Source: Canon

この望遠レンズには、キヤノンのデュアルナノUSM AFモーターが採用されており、静止モードとビデオモードのどちらでも、高速で静か、かつ正確なオートフォーカスを実現する。

キヤノンRF 100-500mm F / 4.5-7.1L IS USMには、最大5stopまでの手振れ補正機能が組み込まれている。 EOS R5とEOS R6の最新のIBISと組み合わせると、6stopの手振れ補正が可能となる。すべてのRFレンズと同様に、RF 100-500mm F / 4.5-7.1L IS USMは、バレルにプログラム可能なレンズコントロールリングを備えている。このボタンを使用すると、ビューファインダーから目を離さずに設定を変更できる。

RF 600mm F/11 IS STM および RF 800mm F/11 IS STM

RF RF 600mm F / 11 IS STMとRF 800mm F / 11 IS STMはLシリーズではない。

Canon RF 600mm f/11 lens. Source: Canon

どちらのレンズも格納式バレル構造で、これは、ズームにより伸縮する。これらのレンズは、ズームリングを回すのではなく、レンズの前面を押したり引いたりしてズームするポンプズームを連想させる。

どちらのレンズもF / 11で、特に明るいわけではないが、これらも明るい状況で撮影するのに適している。

Canon RF 800mm f/11 lens. Source: Canon

RF 600mmとRF 800mmには、光学画像スタビライザーとSTMモーターが内蔵されており、静かでスムーズなフォーカス性能を実現する。また、キヤノンEOS Rシステムミラーレスカメラと組み合わせた場合、デュアルピクセルCMOS AFに対応する。すべてのRFレンズと同様、コントロールリングにより、Tv /露出補正/ ISO / AF操作設定を直接かつ迅速に制御できる。

RF 85mm F/2 MACRO IS STM

最後のレンズは、RF 85mm F / 2 MACRO IS STM。手頃な価格のマクロレンズだ。このレンズはフルフレームセンサー対応の85mmで、浅い被写界深度が得られる。

Canon RF 85mm f/2 Macro lens. Source: Canon

RF 85mm F / 2 MACRO IS STMは、RF 85mm F / 1.2L USMにはない、5stopの手振れ補正(EOS R5 / EOS R6を使用する場合は8stop)が可能。マクロ撮影は1:2の比率で、ほとんどの状況対応できる。

RF 1.4x および 2xエクステンダー

RF 1.4xおよび2xエクステンダーは、新しいRF 600 / 800mm IS STMを含むいくつかのRFレンズと互換性がある。 RF 100 500mm F / 4.5- 7.1 L IS USMとも互換性がある。ズーム範囲は300mm〜500mmに制限し、レンズの後部がエクステンダーに当たらないようになっている。

RF 1.4xと2xはどちらも、高屈折、低分散ガラスを使用し、像面湾曲と倍率の色収差を制御している。また、独自のレンズコーティングと3枚接合レンズでゴーストを低減させている。更に、遮熱コーティングにより、高温の撮影条件での性能低下を防ぐ。

Canon focal extenders. Source: Canon

またLシリーズRFレンズと使用する場合でも、耐候性は保たれる。

価格と発売時期

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMはキヤノンオンラインショップで335,000円(税別)。発売時期は9月下旬を予定している。

RF800mm F11 IS STMは113,000円(同)で7月下旬発売予定、RF600mm F11 IS STM は88,000円(同)で7月下旬発売予定。

RF85mm F2 MACRO IS STMは75,000円(同)で10月下旬発売予定。

更にRF1.4X は63,000円(同)で7月下旬発売予定、RF2X は75,000円(同)で7月下旬発売予定となっている。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment