Chronosがハイスピードカメラを発売 - HDで1000fpsを実現

Chronosがハイスピードカメラを発売 - HDで1000fpsを実現

カナダのKrontechは、2016年に低コストのハイスピードカメラChronos High Speed Cameraを発売したが、この度フルHDの2.1バージョンをリリースした。

Krontechは、10年前にエンジニアのDavid Kronstein氏によって設立された個人経営の会社で、このほどコンパクトな内蔵型ハイスピードカメラの新しいバージョンChronos2.1をリリースした。誰でもハイスピードイメージングの世界を楽しめるようにするのが同社の目標だ。

ハイスピードとは?

Chronos 2.1は、手のひらに収まるハイスピードカメラで、誰でもすぐに撮影できる。ここで言うハイスピードとは、100fpsや120fps程度のものではなく、1000 fpsの真のハイスピードで、通常は非常に高額な費用がかかる。

新しいモデルは前モデルと多くの点で仕様を共有しているが、Chronos 1.4の最大解像度は1280×1024だったのに対し、新しいChronos2.1は1080pで撮影できるようになった。現在は4Kが主流なので、解像度のアップは非常に歓迎される。

解像度とスピード

Chronosカメラは、「一定のピクセルスループット」の原則で動作する。つまり、センサーからカメラのバッファストレージへのデータの流れは、常に一定の2.1ギガピクセル/秒となっている。ユーザーは解像度と速度のバランスを設定できる。Chronos2.1は、フル解像度(フルHD)で最大1,000 fps、最小解像度で最大24,046fpsのハイスピード撮影が可能だ。

Chronos 2.1 Example Frame Rates
Resolution is adjustable in 32×2 increments. Some example combinations of resolution and frame rate are shown in this image.

解像度は32×2刻みで調整できる。この画像には、解像度とフレームレートの組み合わせの例が示されている。

ほとんどのハイスピードカメラと同様に、Chronosは映像をリムーバブルメディアに直接保存しない。カメラは一旦画像データを内部バッファに書き込む。新しい2.1モデルは、8 GB、16 GB、および32 GBの内部バッファバージョンが選択でき、それぞれ2.3、2.5、または11秒の記録ができる。カメラは、アプリケーションに応じて、TTL、スイッチ、画像の変更、音声または加速度計のデータでトリガーできる。したがって、バッファがいっぱいになると、記録された映像データをSDカードに書き出すか、2つのUSBホストポートからHDDやフラッシュドライブにオフロードする必要がある。さらに、3GsSATAポートも利用できる。

主な機能

  • カラーバージョンまたはモノクロバージョンを選択可能
  • CS、C、Nikon F、CanonEFマウントはユーザーが交換可能
  • フォーカスピーキング(フォーカスアシスト)とゼブラ露出インジケーター
  • BASE ISO 500(カラーモデル)、1000(モノクロモデル)
  • 記録時間:2.75秒(8GB)、5.51秒(16GB)、または11.03秒(32GB)
  • EN-EL4aバッテリーで1時間使用可能
  • NEW:Chronos2.1にHDMIビデオ出力が追加
  • 本体寸法:155mmx96mmx67.3mm
  • 重量:1.06kg
Chronos 2.1 High Speed Camera, Body
Chronos 2.1 High Speed Camera, Body with ports

価格と発売時期

現在Krontechのウェブショップで4,995ドルで事前注文でき、3月に出荷される予定。

同様の機能を備えたカメラははるかに高価だ。 Chronosはより安価で、より多くの機能、より小さなサイズ、そしてより優れた使いやすさを備えている。場合によって異なるが、高フレームレートの撮影が必要な場合は、Chronos2.1は一見の価値がある。詳細については、KrontechのWebサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する