Cine Helios 44-2 -リハウスされたボケの美しいクラシックレンズ

Cine Helios 44-2 -リハウスされたボケの美しいクラシックレンズ

Cine Helios 44-2 VLFVはIron Glassの新しいレンズで、クラシックな58mm Heliosのヴィンテージレンズを再現している。

Heliosはソビエト時代のレンズブランドで、すべてのレンズにシンプルなモデル番号を付けている。 44-2は、ボケ味の美しい背景を求めるビンテージ市場で非常に人気のあるレンズだ。

しかしビデオで使用するには、幾つか問題がある。

このレンズはM42マウントを採用しているため、キヤノンEFのようなマウントに適応するには、ネジアダプターが必要となる(簡単に外すことができる)。フォーカスリングはマウントに密着しており、古いため、一般的にあちこちで遊びがある。

これはビデオ撮影には理想的ではない。メーカーは、ギアやフロントフード、あるいは改良されたマウントを追加することでこれに対応している。

Iron Glassは、さらにリハウスされたバージョンを手頃な価格でリリースした。

Cine Helios 44-2はPLまたはEFマウントで利用でき、フォーカススケールはフィートとメートルでエッチングされている。絞りはf / stop(Tストップではない)で前面に表示され、クリックは無い。

Cine Helios 44-2というモデル名からはレンズの仕様が分からないが、58mmフルフレームレンズだ。

オリジナルのHelios 44-2のフォーカスリング回転角度は比較的大きかったが、Cine Helios 44-2も270度とこれを踏襲している。

重量はわずか550グラムで、前面に86mmのフィルタースレッドがあり、95mmのクラップがある。


価格は950ドルで、これは通常のレンズのリハウジングのコストを考えると、かなり合理的な価格だろう。Iron Glassは、20,28,37,58,85および135mmで構成されるHeliosレンズのリハウスを計画している。

出荷は12月末で、現在注文を受け付けている

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する