ガトウィック空港がドローンにより閉鎖される

ガトウィック空港がドローンにより閉鎖される

ロンドンのガトウィック空港で、ドローンが近くで飛行していることが判明し、短期間ではあるが2回閉鎖された。その結果、5便に影響が出た。ドローンと飛行機のニアミスが急速に増加している。

DJI Phantom

7月2日の日曜日、ロンドンのガトウィック空港はドローンが確認されたため、2回閉鎖された。最初は18:10から18:19まで9分間、2回目は18:36から18:41まで5分間だった。

その結果、4便のイージージェット便と、1便のブリティッシュ航空便は、近くの空港への着陸を余儀なくされた。サセックス警察は現在調査中だが、混乱の原因となったドローンの持ち主やパイロットは判明していない。

ドローンによるトラブル

事件の数が増えるにつれ、ドローンの規制はますます厳しくなっているが、依然として群衆の上や空港など規制された区域でドローンを飛ばす輩が後を絶たない。航空交通におけるニアミスを監視しているUK Airprox Boardの興味深い(統計がある。

Airport worker with crashed drone

2016年には、英国でドローンを含む70回のニアミスが登録された。これは前年度の2倍以上の数だ。 2017年5月現在、33回のドローンニアミスが発生している。

民間航空局は、ドローンに対して120メートルを超えない飛行高度を推奨している。しかし、Airprox に記録されている最高高度は3,810mで、航空機とドローンの距離、およびそれらの相対的な位置と速度が航空機の安全性が損なわれている可能性がある状況の公式な記録だ。

ドローン操縦のルール

2016年11月、英国のドローンコードが改訂され、操縦者がドローンを安全に飛ばせるように更新された。改訂されたコードは、5つの基本ルールから構成されている。

  • 空港の近くを飛行しない
  • 120メートル未満の高度を保ち、人からは50メートル以上離れる
  • 常にドローンを観察する
  • 航空機の近くで決して飛行しない
  • 責任を持って楽しむ

これらのルールにもかかわらず、DroneGunsやドローンの信号を追跡する装置などが開発され、違反するドローン操縦者に対して使用されている。なお、最新のドローンには、空港に近接していることを自動的に検出し、近づかないようにするGPSベースの機能を搭載している。

Source: BBC News

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する