広告

FEELWORLDがFW568Sを発売 – 3G-SDI、LUT対応の6インチオンカメラモニター

FEELWORLDがFW568Sを発売 - 3G-SDI、LUT対応の6インチオンカメラモニター

FEELWORLDは、手頃な価格の3G-SDIオンカメラモニター「FW568S」をリリースした。6インチFullHDディスプレイ、3G-SDIとHDMI入出力、450nitsの輝度、カスタムLUT対応、背面にNP-Fプレートを搭載し、ワイヤレスビデオトランスミッターに電源を供給することができる。販売価格は239.99ドル。

FEELWORLDは主にポケットに入る5インチと7インチのオンカメラモニターを生産しており、最近10.1インチの大型モデルLUT11Sを発表した。私は個人的にバックアップモニターとしてLUT7S PROを所有している。造りは良くないが、スノースポーツの撮影でも十分な明るさで見ることができる。

今回発売されたFW568Sは、既存のFW568 V2をもとに作られており、HDMI専用モデルの中では最も手頃な価格帯の製品だ。

Image credit: FEELWORLD

FEELWORLD FW568S:6インチオンカメラモニター

FW568Sは6インチ1920×1080のIPSディスプレイを搭載しており、前モデルの5.5インチ画面と比べると若干大きくなっている。コントラスト比1000:1、視野角160°のパネルを採用し、残念ながら最大輝度は450nitにとどまる。FW568Sはデイライトビューとは程遠いため、モニターにはサンシェードが付属している。

Image credit: FEELWORLD

FW568Sは、その名の通り、3G-SDI入出力端子を1系統搭載したことが大きな改良点だ。これらは2K60pまでの映像信号に対応しているが、フルサイズのHDMI入出力により、最大30fpsの4K UHDや24fpsのDCI 4Kにも対応している。さらに、3.5mmヘッドフォン端子により、リアルタイムでの音声モニタリングも可能となっている。

Image credit: FEELWORLD

波形、ベクトルスコープ、ヒストグラム、ピーキング、アナモフィックデスクイーズ、フォルスカラーなど、一般的なモニタリングツールやフレーミングツールを一通り搭載している。また、ユーザーは最大32個のカスタムLUTを.cubeファイルとしてロードできるようになり、最も人気のあるカメラモデルのいくつかと互換性のある一連の内蔵Log to Rec.709プリセットに追加されるようになった。

電源とデザイン

FW568Sは、いくつかの電源供給方法がある。ソニー製NP-F型バッテリーをモニター背面に装着したり、DC IN 12VバレルコネクターやUSB-C(5V)ポートを介して外部電源に接続したりすることが可能だ。さらに、モニターの背面には「ダミー」のNP-Fプレートがあり、ワイヤレスビデオシステムやその他のアクセサリーをマウントして給電するのに使用することができる。これらは、底面の8V DC OUTポートから電力を引き出すこともできる。

Image credit: FEELWORLD

他のFEELWORLDモニターと同様に、FW568Sはプラスチック製で軽量(203g)設計。私の経験では、これは特に厳しい環境下の撮影ではあまり信頼性が高くなく、改善すべき点だ。

モニターは1/4″-20の取り付け穴が底面と右側面の2箇所にある。さらに、1/4″-20ネジでモニターの側面に取り付け、カメラのコールドシューマウントにスライドさせるチルトアームが付属している。

Image credit: FEELWORLD

最後に、画面は新しいメニューレイアウトを採用しており、より簡単に操作できる。ただし、ディスプレイ自体はタッチスクリーンではないようなので、ユーザーはスクロールホイールボタンを使ってのみの操作となる。

価格と発売時期

FEELWORLD FW568Sは、現在B&Hで予約受付中。価格は239.99ドルとなっている。また、既存のHDMIのみのFW568 V2も引き続き119.99ドルで購入できる。

詳しくは、こちらのFEELWORLDのサイトをご覧ください。

AmazonのFREEWORLDモニター製品一覧はこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手