富士フイルムX-T4が出荷開始

富士フイルムX-T4が出荷開始

富士フイルムX-T4の出荷が始まった。 X-T420202月に正式に発表され、好評の X-T3の後継機として注目されている。X-T4の記事はこちら。

FUJIFILM X-T4

image credit: FUJIFILM

筆者は X-T3を所有していたが、ビデオ機能にはいくつかの弱点もあった。IBIS(ボディ内手振れ補正機能)がないこと、フリップスクリーンがないこと、バッテリーの容量が十分でないことなどが挙げられる。特にフリップスクリーンやIBISの追加は多くのユーザーにとって歓迎されるだろう。

FUJIFILM X-T4

Flippy screen. image credit: FUJIFILM

X-T4の新機能

X-T3の優れた機能は全て継承されている。26.1メガピクセルの「X-Trans」センサーと「X-Processor 4」も X-T3から継続された。ただし、アルゴリズムはX-T4で書き直されている。以下は主な改善点。

  • 5軸IBIS(ボディ内手振れ補正)
  • 大容量の新しいバッテリー
  • 持ちやすさの改善(ハンドグリップが厚い)
  • フリップスクリーン
  • FHDで最大240 fpsのスローモーション、オートフォーカス(x1.29クロップ)
  • デュアルスロット
  • 「動画」モードと「写真」モードで独立したメニューシステム
  • F-LogのビューアシストがBT.709標準に準拠
  • 記録中にS.S.ボタンを押すと、ズームインしてマニュアルフォーカスモードフォーカスできる
FUJIFILM X-T4

IBIS mechanism. image credit: FUJIFILM

X-T4の改善された機能に関しては、レビュー記事を確認いただきたい。:ハンズオンレビューミニドキュメンタリー「Arisa」SIRUI 50mmアナモルフィックレンズと組み合わせたテスト

X-T4のIBISは、ゼロから開発されたもので、X-H1のそれと比較して、約30%小さく、20%軽量になっている。

FUJIFILM X-T4

image credit: FUJIFILM

X-T3は非常に優れたカメラだが、X-T4ではビデオ機能がさらに強化されている。特にIBISは、手持ち撮影のクオリティに貢献する。また大きくなったバッテリー容量も歓迎される。

価格と発売時期

X-T4は、ブラックとシルバーのカラーバリエーションが選択できる。価格はオープンだが、実勢価格はどちらのモデルもボディのみで20万円強程度。なお、 X-T3も継続販売されており、価格は15万円強で販売されている。

FUJIFILM X-T4

image credit: FUJIFILM

富士フイルムのWebサイトはこちら

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

FUJIFILM GFX100 ボディ

 

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T4ボディ シルバー X-T4-S

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T4ボディ ブラック X-T4-B

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する