GoPro LabsがGoPro HERO5 Sessionをサポート

GoPro LabsがGoPro HERO5 Sessionをサポート

GoPro HERO5 Sessionが GoPro Labsでサポートされ、QRコード制御コマンド、その他の機能を利用できるようになった。

GoPro Labsは2020年5月に立ち上げられた。このアイデアは、 GoProのユーザーに実験的にファームウェアへのアクセスを提供し、まだ開発中の新機能を試すことができるようにするもの。 QRコードコントロール、カメラモーショントリガーなど、現在の GoProカメラに新機能が追加されている。(記事はこちら)  GoProは、2020年後半に発売されたHERO9 Blackの公式ファームウェアにScheduled Captureなどの機能を追加している。 GoPro Labsはすでに1年間継続されており、サポートされているカメラを増やしている。

GoPro LabsにHERO5 Sessionを追加

HERO5 Sessionが新たにGoProLabsに追加された。 この追加は少し奇妙に見えるかもしれない。なぜならHERO5 Sessionはほぼ5年前に発表され、現在はすでに生産を終了しているからだ。 GoProがわざわざそのようなカメラのサポートを追加した理由は、FPVドローンに適した超小型で軽量であることと思われる。 「cinewhoops」と呼ばれる小さなFPVドローンは、フルサイズの GoProを搭載できないことがよくある。そのため、多くのユーザーは、 GoProカメラやInsta360 GO II、あるいは GoPro Sessionを使用している。

GoPro HERO5 Session. Source: GoPro

したがって、 GoPro HERO5 Sessionは、 GoPro LabsによりQRコード制御コマンドの多くの恩恵を受けることになる。これらには以下が含まれる。

  • リモートスタートキャプチャ用のウェイクアップタイマー
  • Protuneを含むカメラのモードと設定を制御
  • お気に入りのモードをビジュアルプリセット/ QRコードとして保存
  • カメラスクリプトの—例:建設現場のタイムラプスの撮影
  • 所有者情報で GoProをパーソナライズ

以下は、 GoPro Labsで現在サポートされている GoProカメラ。

  • HERO9 Black
  • MAX
  • Hero8 Black
  • Hero7 Black
  • HERO5 Session

上記のカメラでQRコードコマンドの実験をするには、現在の GoPro Labsファームウェア( GoPro Labs Webサイトで入手可能)をカメラにインストールする必要がある。

Source: GoPro

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する