広告

Gyroflow – フリーの先進的なオープンソースのビデオスタビライゼーションツール

Gyroflow - フリーの先進的なオープンソースのビデオスタビライゼーションツール

Gyroflowは、記録されたモーションデータに基づく、オープンソースのポスト処理ビデオスタビライゼーションソフトウェアだ。Gyroflowは、WindowsとmacOSの両方で無料で利用でき、ソニー、Insta360、GoProの多くのカメラモデルをサポートしており、Hypersmoothをベイクインした映像も安定させることが可能。

ビデオ映像のスタビライズに関しては、基本的に2つの異なるアプローチがあり、主な違いはスタビライズがどこで行われるかということだ。カメラ内(またはレンズ内、またはその両方)で直接、電子的または機械的に行うか、ポストプロダクションで行うかのいずれかになる。撮影した映像をポストプロダクションでスタビライズする場合、基本的なワークフローは、画像を分析し、不要な動きを推測して、それを補正する。また、ジャイロセンサーのデータを使って、カメラがどのように動いていたのか、どのような動きが不要なのかをコンピューターが把握することで、ポストプロダクションでの手ぶれ補正の(より良い)方法がある。

ジャイロデータを利用して映像を安定させることができる既存の一般的なソフトウェアの例としては、GoProが所有するReelSteadyと、ジャイロデータでソニーのカメラでのみ動作するCatalyst Browseがある。この2つ以外にも、オープンソースの「Gyroflow」というツールがあり、最近新しいアップデートが行われた。ここでは、Gyroflow v1.0.0を紹介する。

オープンソースのビデオスタビライゼーションツールGyroflow

Gyroflowは、記録されたモーションデータに基づく、オープンソースの後処理型ビデオスタビライズソフトウェアだ。正確なレンズキャリブレーション、ローリングシャッター補正、微調整可能な手ぶれ補正アルゴリズム(水平補正を含む)で、ジンバルのような安定化を、重い機材なしで、また、照明条件や動く被写体に関係なく動作する。

特にFPV空撮に適している。ジャイロデータを記録する対応カメラ(下記参照)であれば、追加のハードウェアは必要ない。興味深いことに、ジャイロデータを持つ小型カメラ(GoProなど)は、他のカメラのロガーとして使用することも可能だ。もちろん目的のカメラに固定する必要はある。

v1.0.0への新しいアップデートのハイライト

  • GoPro Hero8以降では、Hypersmoothを有効にしても、簡単に同期なしのスタビライズが可能(ReelSteady GOでは現在不可能)。
  • プロダクショングレードの映像の画像データを保持するため、最大16ビット4:4:4映像をサポート(データ損失なしの直接YUVレンダリング – RGBへの変換はなし)
  • GPUとハードウェアアクセラレーションによるリアルタイム再生と高速レンダリング
  • これまでのモーションデータソース(GoPro、Insta360、Runcam、Drone Blackboxなど)に加え、ソニー製カメラのジャイロデータへの対応を追加
  • 非常に手ぶれの大きい映像のローリングシャッター補正と手ぶれ補正アルゴリズムの改善
  • 多言語対応のモダンなユーザーインターフェイス
  • Apple Siliconを含むネイティブクロスプラットフォーム対応
Gyroflow open-source stabilization software. Source: Gyroflow / Adrian Eddy

このアプリでは、リアルタイムプレビュー、パラメータ調整と全計算、平滑化されたクォータニオンの視覚的な表示が可能。また、アダプティブズーム(ダイナミッククロッピング)も搭載しており、ReelSteadyよりも良い結果が得られるはずだ。Gyroflowはテレメトリーパーサーをベースにしており、すぐにすべてのジャイロソースをサポートする。Gyroflowのその他の機能としては、以下のものがある。

  • ジャイロのローパスフィルタ、任意の回転(ピッチ、ロール、ヨー角)および方向性
  • 複数のジャイロ統合方法
  • 可変フレームレートのビデオに対応、すべての計算はタイムスタンプで行われる
  • x264、x265、ProRes、PNG出力、x264とx265は完全にGPUアクセラレーションされている
  • 自動レンズキャリブレーションプロセス
  • レンズプロファイルデータベースの自動更新
  • すべての撮影モードにおいて、GoPro HERO 6、8、9、10用のレンズプロファイルが内蔵されている。

対応ジャイロソース

  • GoPro (HERO 5 以降)
  • ソニー(a1、a7c、a7r IV、a7 IV、a7s III、a9 II、FX3、FX6、RX0 II、RX100 VII、ZV1、ZV-E10)
  • Insta360(OneR、SMO 4k、GO2)
  • Betaflight blackbox (CSVおよびバイナリ)
  • モバイルアプリ:センサーロガー、Gフィールドレコーダー、ジャイロ
  • ランカムCSV (ランカム5オレンジ、iFlight GOCam GR)
  • WitMotion (WT901SDCLバイナリおよび*.txt)

価格と発売時期

ReelSteadyとは異なり、Gyroflowアプリはオープンソースであり、無料でダウンロードできる。ただし、制作者に寄付(PayPalまたはPatreon経由)してプロジェクトを支援することは可能だ。一般的なサポート、議論、ユーザーのフィードバックについては、開発者を含むGyroflowコミュニティが、このDiscordサーバーで活発に活動している。このアプリは、WindowsとmacOS(Apple Siliconマシンを含む)の両方で動作する。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手