ソニーがCatalyst Browse とCatalyst Prepare 2020.1アップデートをリリース

ソニーがCatalyst Browse とCatalyst Prepare 2020.1アップデートをリリース

ソニーCatalystBrowseおよびCatalyst Prepare2020.1アップデートをリリースした。 Catalyst Browseバージョン2020.1は無料でダウンロードでき、同社のカメラでXAVCSおよびXAVCHSで撮影されたビデオクリップを参照および管理できる。 また、Catalyst Prepare 2020.1は無料ではないが、編集を開始する前に、すべてのクリップを変換やコピーすることができる。

Image credit: Sony

Catalyst Browse 2020.1の主な機能

Sony Catalyst Browseは、同社のカメラ/デッキ/カードリーダーからファイルを参照できる無料のWindows / Macソフトウェア。このツールを使用することにより、すべてのクリップの表示、メタデータの編集、グローバルな色補正/ LUTの適用などができる。完了したら、クリップを選択してローカルハードドライブ/ NASにコピーできる。

Image credit: Sony

CatalystBrowseで最もよく使用される機能の1つは手振れ補正機能だろう。このソフトウェアは、FX6 / FX9、α7S III、α7C、RX0 II、RX100 VII、ZV-1などのカメラで記録されたジャイロデータを使用して、ポストプロダクションで正確に安定させることができる。

最新のSony Catalyst Browser 2020.1では、次のような変更が行われている。

  • XAVC S(AVC)/ XAVC HS(HEVC)メディアのサポートが追加された。
  • クリップにフラグメタデータ(以前はインスペクターペインでステータスとラベル付けされていた)がある場合、OK、NG、または保持インジケーターがブラウズモードで表示される。
  • クリップのサムネイルとプレビューでクリップ回転メタデータのサポートが追加された。
  • インスペクターペインの[ファイル]タブに画像の向きのメタデータを表示する機能が追加された。
  • メディアブラウザで、ファイルタイプ、ファイル形式、作成日、またはフラグメタデータでクリップをフィルタリングできるようになった。
  • 48kHz、24ビット、4チャンネルオーディオのXAVCSクリップの読み取りとプレビューのサポートが追加された。
  • メタデータを使用して、XAVC、XAVC S、およびXAVCHSクリップを安定させることが可能になった。
  • PZW-4000のFTP経由でSxSおよびUSBストレージ用にXDROOTフォルダー内のクリップの書き込み、名前変更、および削除が追加された。
  • CatalystがMXFクリップコピー操作中に新しい非リアルタイムメタデータを作成する場合に、不連続なタイムコードとエッセンスマークの非リアルタイム(NRT)メタデータを作成する機能が追加された。
  • 完全修飾ドメイン名を使用したFTPデバイスへの接続のサポート。
  • 長整数のISO感度と露出インデックスのメタデータを読み取り機能が追加された。
  • macOS 10.15(Catalina)のサポートが追加された。
  • NVIDIA GPUでレンダリングするときのクリップ安定化の処理時間が改善された。

また、バグも修正されている。詳細と無料コピーのダウンロードについては、ソニーのWebサイトを参照いただきたい。

Catalyst Prepare. Image credit: Sony

Catalyst Prepare 2020.1アップデート

Catalyst Prepare2020.1もアップデートされた。 Catalyst Prepareは、基本的にCatalyst Browseの高度なバージョン。比較リストはこちら

Catalyst Prepare 2020.1には、Catalyst Browser 2020.1での変更を含む多数の変更が含まれているが、次のような機能も追加された。

  • 新しい[SRライブメタデータの使用]と[SRライブ設定の調整]をアプリケーション設定から手動で制御して、クリップメタデータからSRライブ設定を読み取り、クリップ設定または手動調整を使用して、標準およびハイダイナミックレンジのコンテンツを変換する。
  • インスペクターペインの[ファイル]タブにSRLiveメタデータを表示するためのサポートが追加された。
  • Catalyst Prepare 2020.1は、ソニーとソニー以外のFTPデバイス間の高速コピーをサポートできるようになった。
Image credit: Sony

Sony Catalyst Prepare 2020.1はアップデートは無料だが、ソフトウェア自体は無料ではなく、月額$ 14.95または年額$ 149.95のサブスクリプションベースのソフトウェア。詳細についてはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する