Insta360 Pro VRカメラ - バーチャルリアリティカメラも8Kに

Insta360 Pro VRカメラ - バーチャルリアリティカメラも8Kに

今週のCES2017で、中国のカメラメーカーInsta360Insta360 Pro VRカメラを発表した。最高8Kの解像度、4KHDRRAW100fpsという素晴らしいスペックを持つ。以下に詳細を報告しよう。

insta360pro_side2-2

今回数社の360°VRシステムを見る機会があったが、4K以下のシステムでは、今一つ映像がクリアでない感じがしていた。2Dの世界でも高解像度化が進んでいるが、VRの世界では絶対に必要だと思う。

Insta360 Pro VRカメラは、将来をも見据えた、幾つかの主要な機能を持っている。独立した6個のHDカメラは8k解像度で360°映像を撮影し、RAWとHDRで記録できる。4Kモードでは100fpsでの記録が可能。このようなスペックのカメラが発表されると、$45,000のNokia OZOや$15,000の Google Jumpのような高価格のカメラと、$278のサムソンGear 360のような低価格のカメラの差が見え難くなってくるだろう。

Insta360 Proの価格は$3,000で、プロユーザーだけではなく趣味利用のようなアマチュアユーザーもターゲットだ。発売は今年中の予定。360°カメラでよく問題になるオーバーヒートに関しては、まだ説明はない。

“3Dビデオ”モードでは、6Kの3D 360°ビデオを撮影することができ、4KならリアルタイムステッチングをH.265あるいはH.264で作成できる。更にライブで360°ビデオをイーサネットやWi-Fi、あるいは4GでフェイスブックやYouTube、ツイッターで配信することも可能だ。

insta360pro software

InstaStudio handles the auto stitching for Windows or Mac. Credit: Insta360

静止画では60メガピクセルの360°3Dの画像を撮影することができ、VRタイムラプスモードも用意されている。iOSやアンドロイドのスマートフォンでライブプレビューすることもできる。

以下のリンクから静止画や動画のサンプルクリップをダウンロードできるので、Gear VRやInsta360°プレーヤーで確認して欲しい。

Insta 360 Pro Footage Samples

Insta360 Pro VR

説明を見ると、Insta360 Proは多くのVRクリエーターが求めている機能が約束されている。出荷は未だだが、見たところでは現在のところ最も使えそうなカメラで、価格的にも納得できるものだ。

主な技術仕様

  • 6個のカメラで8Kの解像度
  • RAWとHDR 撮影が可能
  • スローモーション: 4K/ 100fpsに対応
  • VR タイムラプスモード
  • リアルタイムオートステッチング: 4K/H.264あるいは265 圧縮を使用
  • iOS やAndroid端末でライブプレビュー可能
  • 60メガピクセル360°3D 静止画
  • 6K の3D 360°ビデオ撮影可能
  • InstaStudioステッチングソフトウエア同梱
  • Twitter、 Facebook、YouTubeでライブストリーミング可能

価格: $3,000

出荷予定:  2017年後半

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する