広告
広告

Insta360がアップデート

Insta360がアップデート

Insta360が、新しいファームウェアアップデートをリリースした。アプリ用のアップデートでは、「Snap Wizard」と呼ばれる新しいリフレーミングツールが追加される。カメラにはQuick FlowStateと呼ばれる新しい手ぶれ補正モードが搭載され、従来のBasic手ぶれ補正をアップグレードした。また、Insta360は、カメラとモバイルデバイス間の転送速度を向上させるための新製品「Insta360 Quick Reader」を発表した。

Insta360は中国のメーカーで、今年初めにモバイルアプリとInsta360 Studioデスクトップアプリのアップデートを行ったが、今度はコンシューマー向けの Insta360 ONE RInsta360 ONE X2のアップデートを行った。今回のアップデートでは、新しいリフレーミングツールとスタビライゼーションモードの2つの新機能が追加された。また新製品のInsta360 Quick Readerが発売された。

新しいリフレーミングツール「スナップウィザード」

360カメラで人気のワークフローは、いわゆる「先に撮って、後で視点を決定する」というものだ。あらゆる方向から撮影することで、ユーザーは撮影時にカメラの向きを決める必要がない。その後、撮影した360ビデオを編集して希望のアングルを見つけ、従来のフラットなビデオにエクスポートすることができる。「Snap Wizard」という新しいツールはリフレーミングのプロセスをさらに簡単にする。ユーザーは、360°動画を開いて録画ボタンをタップするだけで、アプリが自動的に編集を記録する。角度の変更は、3つの方法のうちの1つだ。

  • スマートフォンを動かして、好きな方向に向ける
  • 画面をスワイプして、映像を回転させたり、拡大・縮小したりする。
  • アプリに内蔵されている「Deep Track 2.0」を使ってターゲットを選択。AIがそれを追跡し、ターゲットが中央のフレームに収まるように映像を自動的にリフレーミングする。
Insta360’s New Tool: Snap Wizard. Source: Insta360

ユーザーは、同じクリップを使って複数のリフレーミング編集を並べて記録することもできる。リフレーミングされた動画は、ボタンをタップするだけで、「スナップウィザード」のインターフェースから即座にエクスポートすることができる。解像度の設定は固定されているが、このワークフローは、外出先での編集や共有に適している。キーフレームを使ってじっくり編集したい場合も、既存の編集インターフェースですべてのコントロールが可能だ。

新しい手ぶれ補正モード – Quick FlowState

Quick FlowStateは、従来のカメラ内手ぶれ補正アルゴリズム「Basic」をアップグレードしたもので、カメラから直接手ぶれ補正を行うことができる。Insta360によると、カメラ内の手ぶれ補正のレベルは、ポストで適用される手ぶれ補正アルゴリズムと同等になった。

Quick FlowStateモードで撮影された動画は、Insta360アプリやデスクトップスタジオソフトで処理する必要がなく、すぐに共有することができる。Insta360によれば、余分な編集ステップを省くことで、1ステップ分の圧縮もなくなり、より鮮明な動画が得られる。また、このモードは、4K 50fpsの標準ビデオおよびループ記録モードに加え、これまで「Basic stabilization」でサポートしていた4K 30fps、25fps、24fpsのモードにも対応している。

Insta360 ONE R in use. Source: Insta360

ホライゾンロックを有効にして撮影後にアスペクト比を調整するためには、ユーザーはこれまで通りProモードで録画し、代わりにInsta360アプリまたはStudioでFlowStateスタビライゼーションを適用することができる。

ファイル転送の高速化 – Quick Reader

Quick Readerは、カメラとモバイルデバイスの両方に差し込むことができる新しいリムーバブルストレージモジュール。カメラにデバイスを接続すると、クイックリーダーに挿入したSDカードに直接ファイルを保存できる。また、携帯電話やタブレット端末に直接接続して、ファイルの転送や編集を行うことができる。iOSデバイス用のLightningコネクターと、Androidデバイス用のType-Cコネクターの両方を装備している。

Wi-Fiに比べて転送速度が速く、カメラとスマートフォンの間でWi-Fi接続を維持する必要がないため、カメラのバッテリーも節約できる。

Quick charger. Source: Insta360

なお、360°映像を撮影する際にクイックリーダーが「見えない」ようにするため、ONE R用の横型とONE X2用の縦型の2種類のモジュールが用意されている。

改善項目

今回のアップデートでは、ユーザーから要望のあった改善も行われている。アプリでは、iPadユーザーがランドスケープモードを使用して、より便利に編集できるようになった。ONE Rでは、タッチスクリーンのインターフェースが改善され、より反応が良くなった。

価格と発売時期

ファームウェアのアップデートは無料で、Insta360のウェブサイトからダウンロードできる。アプリのアップデートは、App StoreおよびGoogle Play Storeから入手できる。クイックリーダーは59.99ドルで販売中。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する