LoupedeckがLoupedeck+ Adobe Premiere Pro CC用コントロールインターフェースをリリース

LoupedeckがLoupedeck+ Adobe Premiere Pro CC用コントロールインターフェースをリリース

LoupedeckはLoupedeck+をAdobe Premiere Pro CC用に編集機能を拡張した。すべての編集アプリケーションコントロールと統合されたインターフェイスを実現している。

Loupedeck+は従来写真用のコントローラーだった。これをビデオ編集に拡張するという決定は、Adobe Premiere Pro CCをネイティブにサポートするコミュニティのフィードバックによって推進された。ユーザーはボタンマップをカスタマイズでき、Premiere Proのすべてのツールをコントロールすることができるようになる。これにより、ショートカットではなく、すべてをLoupedeck+で操作できるので、編集のスピードアップに役立つ。

編集とグレーディングのコントローラーは往々にして高価で、また多くの場合カラーグレーディングに焦点を当てているため、Loupedeck+のように編集にも使える製品は貴重だ。 Loupedeck+は、Lumetri Colorワークスペースも統合しているため、正確なグレーディングコントロールができ、独自のLUTを作成することもできる。昨年リリースしたLoupedeckのレビュー記事英語)があるが、これはAdobe Lightroomに特化したものとして紹介している。

下はLoupedeck+がAdobe Premiere Pro CCでサポートしている機能の一部。

  • 編集とカラーグレーディング用のすべての基本ツールは、コンソールからコントロール可能
  • クリップトリミングとタイムラインナビゲーション
  • カラーグレーディング用Lumetriとの互換性
  • インポートとエクスポートを含む、カスタマイズ可能なボタンマッピング
  • LUT選択

Loupedeckはまた、さらなる機能のサポートする予定であることを表明しており、Apple Final Cut Xや DaVinci Resolveもサポートされる予定。ここれらの編集プラットフォームのユーザーには朗報だ。

 

関連商品

Loupedeck Plus写真編集コンソール(Adobe Lightroom Classic CCおよびSkylum Aurora HDR用)

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する