LupoがKickasspanel RGBWWオンカメラライトを発売

LupoがKickasspanel RGBWWオンカメラライトを発売

イタリアの照明機材専門メーカーLupoは、新しいRGBWWオンカメラLEDライトLupo Kickasspanel FullColorを発売した。 1メートルで最大2100ルクスの出力を備えたコンパクトなLEDライトで、小型ながら2800Kから10000KまでのCCTモード、RGB、HSI、特殊効果、プリセットなど多くの機能を搭載している。

Lupoは1932年から照明機器を製造しており、11年間LED照明に重点を置いている。Lupo Actionpanelや2色のLupo700スマートパネルオンカメラライトも発売している。今回同社は非常に明るいオンカメラLEDライトLupo KickasspanelフルカラーRGBWWライトを発売した。

Image credit: Lupo

主な特徴

Lupo Kickasspanel Full ColorはRGBWWライトで、赤、緑、青、暖色系の白、寒色系の白のLEDを使用して発光する。そのため、CCTモードでは、2800Kから10000Kまで、緑/マゼンタの調整で変更できる。

Lupoによると、Kickasspanelの最大輝度は2100 Lux @ 1mで、これは180x 120 x 45mm 、530gの大きさと軽さから考えるとかなり印象的だ。もちろん、0から100%までの調光も可能。同社は、CRIは96、TLCIは98と述べている。この数値は良好だが、最近ではかなり一般的になってきた。

Image credit: Lupo

Lupo Kickasspanel はRGB、HSI、特殊効果などのさまざまなカラーモードに切り替えたり、プリセットをプログラムしたりもできるので、クリエイティブな用途にも対応できる。

電源は、ソニーNP-Fバッテリースロットが搭載されており、ここから電力を供給する。外部電源を接続するためのUSB Type-Cケーブルも付属している。Vマウント/ゴールドマウントバッテリーを使用する場合は、オプションのD-Tap toバレルコネクタ(5.5 x 2.1mm OD標準)ケーブルを購入できる。

Image credit: Lupo

操作性

Kickasspanelのデザインは非常にシンプルだ。ライトには3か所に1 / 4-20インチ取り付けポイントが用意されている。1つは下部に、もう1つは左側と右側にある。右側には、DC電源コネクタも用意されている。

Image credit: Lupo

ライトの背面には以下の操作系がある。

  • 光量、CCT /色相、およびGN/Sat/RGBWを調整するための3つのダイヤル。
  • ライトの設定と赤いステータスライトを表示するモノクロディスプレイ。
  • ファームウェア更新と電力供給用USBType-Aポート。
  • メニュー操作用の3つのナビゲーションボタン。
  • 電源スイッチ。

デザインはシンプルで、いちいち確認しなくても現在の状況がすぐに分かり、操作も極めて簡単だ。

価格と発売時期

LupoKickasspanel Full Colorは298ドルで予約注文可能。ボールヘッド、USB Type-Cケーブル、ディフューザーが付属している。

詳細については、Lupoのウェブサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する