C200、EVA1、FS5、URSA Mini Pro用Tiltaケージ

C200、EVA1、FS5、URSA Mini Pro用Tiltaケージ

Tiltaの中型ビデオカメラ向けケージの新しいラインアップが発表された。ショルダーマウントのリグで、キヤノンC200、ソニーFS5、パナソニックEVA1、ブラックマジックデザインURSA Mini Pro用に設計されている。

Tiltaはカメラケージでもよく知られている。同社はミラーレスカメラだけでなく、REDカメラのような大きなカメラに対するサポートでも高評価を得ている。

今回同社は、キヤノンC200、ソニーFS5、パナソニックEVA1、ブラックマジックデザインURSA Mini Proなどミッドレンジカメラへの対応もはじめた。

Tiltaケージは4つのコンポーネントに分かれている。

  • ショルダーサポート付きボトムプレート
  • トッププレート
  • リアバッテリープレート
  • エクステンションアーム

ボトムプレート

ボトムプレートはシステムの中心部で、前面には15mmのLWSロッド、両側にロゼット、後ろには15mmのロッドマウント、およびパッド付きショルダーサポートがある。

構成は標準的なものだが、多くの機能がある。

このプレートは、VCTとARRI Dovetailとの互換性があり、2つの業界標準に対応している。

また、カメラに直接取り付けられるスライダープレートもある。これにより、前後のバランス調整が可能になるが、フロントのレンズ/レンズアダプターサポートはなかなか具合が良い。

一般的にレンズマウントとマウントアダプターは、特にミッドレンジカメラでは、あまり堅牢なものではない。FS5とMetabonesアダプタのようなものでは遊びも多い。

このレンズサポートはこれらの問題点も解決してくれ、安心して撮影することができる。

エクステンションアーム

エクステンションアームはボトムプレート側にあるロゼットにボルトで固定され、好みの長さにハンドルを伸ばすことができる。延長ケーブルは、各カメラメーカーが用意しているものを使う。

ワンタッチで行えるので、使い勝手も悪くない。

トッププレート

どのカメラでも純正のトップハンドルを取り付けることができる。 EVA1、FS5、USRA Mini Pro用のTiltaケージは、すべてフロントとリアの15mmロッドをサポートしている。

前部には、外付けモニターのためのアームやフォローフォーカスのモーター、あるいはレコーダーなどを取り付けることができる。後部にはバッテリープレートを取り付けることができる。

C200用のトッププレートにはフロントロッドサポートはなく、背面にバッテリープレート用のロゼットと、「オプションのC200トップハンドル用の高精度フィッティング/グリップ」がある。

バッテリープレート

バッテリープレートは、ケージの天板を介して取り付けるように設計されている。これはなかなか良い方法で、軽くしたいならボトムプレートを取り外すこともできる。ボトムプレートのカメラの前後方向の調整幅も大きくなる。

ボトムプレートには六角ネジで取り付けることができ、ボトムプレートに15mmのロッドを使用することもできる。

バッテリープレートは、ゴールドマウントとVマウントに対応しており、次の出力を備えている。

• 12v DC outputs 2系統
• 8v DC output 1系統
• 14.8V PTAP output 1系統

出荷は2018年3月上旬に開始予定で、価格は650〜730ドルとされている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する