OCTOPUS CINEMAが LFをアップグレード - 8Kグローバルシャッタセンサーを搭載

OCTOPUS CINEMAが LFをアップグレード - 8Kグローバルシャッタセンサーを搭載

OCTOPUS CAMERA LFは、SDI出力、LEMO電源コネクタ、Wi-Fi、USB-C Thunderbolt 3、HDMIポートを備えたモジュール構造が特徴のカメラだが、今回のアップグレードで、8Kグローバルシャッターセンサーを搭載し、オーバーサンプリング4K/14ビットCinemaDNGを内部CFastカードに、または8K RAWを外部SSDに記録できるようになった。

CTOPUS CINEMAは英国を拠点とするメーカーで、同社が開発したプロトタイプカメラOCTOPUS CAMERAは、モジュラーデザインでアップグレード可能な部品で構成されるオープンプラットフォームとして設計されている。カメラはイメージセンサーの交換も可能で、モノクロバージョンとカラーバージョンの両方でさまざまなサイズのイメージセンサーモジュールを組み込むことができる。

2020年4月、OCTOPUS CINEMAがマイクロフォーサーズカラーセンサーバージョンのサンプル映像をリリースし、またUSB経由でデジタルオーディオ入力をサポートすることを発表したときの記事も参照いただきたい。

LF量産バージョン

それ以来、OCTOPUS CINEMAは、InstagramでOCTOPUS CAMERA LFの最終的なデザインを発表している。 “LF”はラージフォーマットの略だが、フルサイズセンサーを搭載したモデルで、接続に関しては、SDI出力、LEMO電源コネクタ、Wi-Fi、RJ45 LANコネクタ、USB-C Thunderbolt3およびHDMIポートを備えている。後者の2つのポートには、カメラにケーブルを固定するためのロックネジも付いている。

Finalized OCTOPUS CAMERA LF Body. Source: OCTOPUS CINEMA

さらにカメラ本体は、温度管理と、ねじれ防止穴を備えた複数の1/4 “-20ネジを備えていると考えられている。 OCTOPUS CAMERA LFには、着脱可能なキヤノンEFレンズマウントが搭載されているが、将来的にはPLやLPLレンズマウントにも対応するだろう。

フルフレーム8Kを超えるグローバルシャッターセンサー

2021年1月27日に投稿された最新のアップデートでは、OCTOPUS CINEMAがOCTOPUS CAMERA LFセンサーをフルフレームよりもさらに大きい8Kグローバルシャッターセンサーにアップグレードしたと発表している。 RAWオーバーサンプリングアルゴリズムを使用すると、ロスレスの14ビット4K Cinema DNGビデオをCFastカードに内部記録することができる。OCTOPUS CINEMAは、ディテール、グラデーション、ラティチュードは、他のグローバルシャッターセンサーのカメラより優れていると述べている。

Upgraded to 8K Global Shutter Sensor. Source: OCTOPUS CINEMA

OCTOPUS CINEMAによると、このカメラは、フルフレームセンサーの8KビデオをロスレスRAWで外部のThunderbolt SSDに記録できる。サンプル映像と静止画はまもなく公開される予定とのこと。この8Kバージョンが5Kフルフレームバージョンと共存するかどうかは現在不明。

価格と発売時期

OCTOPUS CAMERAの発売日と価格についてはまだ発表されていない。当初、カメラは2020年夏に出荷される予定だったが、COVID-19で遅れたのかもしれない。 OCTOPUS CINEMAのWebページには、「2021年に登場」と記載されているが、これ以上の情報は無い。

OCTOPUS CAMERA のサイトは こちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する