パナソニックがLumix S 20-60mm f/3.5-5.6レンズを発表

パナソニックがLumix S 20-60mm f/3.5-5.6レンズを発表

パナソニックは、LUMIX S 20-60mm f / 3.5 5.6ズームレンズを発売した。Lマウントフルフレーム対応の新しいコンパクトズームレンズだ。写真とビデオ両方を念頭に置いて設計されている。

LUMIX S 20-60mm

image credit: Panasonic

LUMIX S 20-60mmズームは、他のズームレンズと比較すると、かなり軽量でコンパクトだ。重量はわずか350gで、ジンバル用途に最適だ。ただし、ズーム時にf / 3.5から5.6までf値が変動し、それほど明るいレンズではない。屋外での撮影なら、問題ないかもしれないが、夕暮れのシーンなどでは暗いかもしれない。

また手振れ補正機能も搭載されていない。なおオートフォーカス(ステッピングモーター)は、レンズ自体の簡単なスイッチで設定できる。

LUMIX S 20-60mmズームの概要

フォーカスブリージングは最小限に抑えられている。これは、動画を撮影する場合特に重要な機能だ。これにより、フォーカスを移動している間、フレーミングはそれほどシフトしない。さらに、最短合焦距離はわずか15cm。レンズ構成は、9群11枚で、2枚の非球面レンズと3枚の超低分散レンズが含まれている。絞り羽根は9枚で、フィルター径は67mm。

LUMIX S 20-60mm

image credit: Panasonic

このレンズは、ジンバル用に最適だ。LUMIX S 20-60mmズームは広角端も十分で、小型軽量なので、モーターに負担をかけない。長さはわずか87 mm。たがし焦点距離が変わるとレンズが伸縮する。ただ現代のジンバルは、重心のわずかな変化には対応できるだろう。

LUMIX S 20-60mm

image credit: Panasonic

対候性も考慮されており、内部は5つのゴムリングで密閉されている。防塵、防滴処理も施されており、激しい雨中の撮影にも対応する。耐寒温度は-10°Cとなっている。

価格と発売時期

LUMIX S 20-60mm f / 3.5 – 5.6ズームレンズは2020年7月頃に発売予定。推奨小売価格は598ドル。

日本での発表はまだ無い。

LUMIX S 20-60mm

image credit: Panasonic

なお、この新しいレンズとパナソニックLUMIX S1ミラーレスカメラのキットが発売される。ただし、このキットの価格はまだ確認されていない

リンク: Panasonic (press release)

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Panasonic DC-S1H-K

 

Panasonic DC-S1-K

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する