パナソニックS1HのRAW出力は延期

パナソニックS1HのRAW出力は延期

パナソニックS1HからのRAW出力をAtomosNinja Vで記録する計画が発表されていたが、リリース予定日が延期された。ただし、他の多くの機能はスケジュール通りリリースされる予定。

Panasonic S1H and Atomos Ninja V. Image source: Panasonic

延期の理由

先月、パナソニックは5.9K RAWビデオのHDMIを5月25日にリリースすると発表した。出力されたRAWビデオはAtomosのモニター/レコーダーNinja Vで記録することができる。今日、両社はこのプロジェクトが遅れていることを共同発表した。

この機能はS1Hのファームウェアバージョン2.0の目玉的存在で、発表時話題になった。(記事はこちら)延期の理由として、ベータテスト中に発見された「技術的な問題のため」とされている。新しいリリース日は設定されていないが、残りの機能は、ファームウェアバージョン2.0として予定通りリリースされる予定。Atomosは、パナソニックの開発タイムラインを尊重すると述べている。

Panasonic S1H (Image  credit: cinema5D)

ファームウエアVer2.0の内容

以下は25日に更新される予定の機能。

  • 6K、5.9K、5.4Kの動画記録中のHDMIダウンコンバート出力に対応
  • クリエイティブ動画モード時、シャッターボタン全押しによる動画記録開始/停止を無効化できる機能を追加
  • クリエイティブ動画モード時、コントロールパネルから「動画画質(マイリスト)」を選択できる機能を追加
  • フォトスタイル[V-Log]の調整項目[ノイズリダクション]の設定値に[-1]を追加。これにより、特定の撮影環境で残像が発生する現象を改善
  • 撮影時のHDMI出力映像に、MFアシスト拡大表示を出力しない設定機能を追加
  • 4:2:0/10bitでの動画記録時、特定の撮影環境でバンディングが見えやすくなる現象を改善
  • SDメモリーカードに記録せず、HDMI経由で外部機器に記録した場合、REC RUNタイムコードがカウントアップされないバグを修正

まとめ

延期されたことは残念だが、不完全なカタチでリリースされ、大切な記録映像に不備が生じるよりも、完全な形でリリースされることを期待したい。新たなリリース予定が示されれば、追ってレポートする。

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Panasonic DC-S1H-K

 

 

Panasonic DC-S1-K

 

 

 

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する