広告

Philip Bloom Masterclass – ソニーαカメラでオートフォーカスを使用する

Philip Bloom Masterclass - ソニーαカメラでオートフォーカスを使用する

ソニーαカメラの高い評価を得ているオートフォーカスが期待通りに動作していないなら、2部構成のあおにー αマスタークラスがある。ここでは、オートフォーカスシステムの内部と外部、そしてそれを最大限に活用するためのベストプラクティスをすべて紹介している。

ソニーαミラーレスカメラのオートフォーカスシステム(ビデオ用)は、映画制作ツールとして直感的に使いこなしたいのであれば、より複雑なトピックの1つだ。

動画用の信頼性の高いオートフォーカスが登場してまだそれほど経っていないが、正しく使用すれば非常に強力なツールになる。オートフォーカスシステムの「マニュアル」な部分は、撮影状況に合わせて適切な調整と設定を行うことにある。

Philip Bloom オートフォーカス・マスタークラス

ソニーαアカデミーの一環として、著名な映画監督であるフィリップ・ブルーム氏が、最新のソニーαカメラのオートフォーカスシステムを確実に使用する方法というテーマでマスタークラスを開講している。

これは実に広範なテーマであり、フィリップが多くの労力を費やしていることが分かる。そんな中、この2部構成のマスタークラスが完全無料というのは、とてもありがたいことだ。

Sony Alpha 7 IV
image credit: Sony

しかし、第2部へのアクセスは少し複雑だ。第1部のビデオにあるフィリップ・ブルーム氏の最初のコメント(ピン留め)では、このシリーズの第2部へのアクセス方法が説明されている。

オートフォーカスを使いこなす

近年、オートフォーカスの機能は劇的に進化しており、フィリップは次のように述べている。

私が使うことのないものから、多くの撮影で頼りにしているものになりました。

Philip Bloom

では、オートフォーカスメニューを使いこなすにはどうしたらいいのだろうか?ソニーの最新バージョンのメニュー構造は、論理的な構成が改善され、必要な項目を見つけるのが少し簡単になったが、古いシステムは、静止画と動画のモードがかなり混在しているので、少し混乱する。

メニュー構造の中にいわゆる「マイメニュー」を設定することで、重要な設定を必要なときにすぐに利用できるようになるのが良い出発点だ。

Sony Alpha Philip Bloom Masterclass
image credit: Sony / Philip Bloom

すべてが揃ったら、駆動速度や感度など、さまざまな設定を試すことができる。フィリップがビデオで説明していることをすべて繰り返したくはない。特定の設定の結果を直接見る方がずっと理にかなっている。このビデオで、オートフォーカスの使い方をマスターして欲しい。

フィリップ・ブルームは、MZed.comでシネマティック・マスタークラスを開催しており、また、静止画カメラマンのための映画制作というコースもある(MZedはCineDの一部)。そして、もちろん、α7s IIIの75分間のレビューもある。なお、今週は、MZedのプロメンバーに登録すると特別割引がある(12ヶ月会員349ドルのところ279ドル)。(コースはすべて英語)

Link: YouTube | MZed

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手