広告

ソニーFX6 ファームウェア V2 がリリース

ソニーFX6 ファームウェア V2 がリリース

ソニーFX6のファームウェア V2 がリリースされた。FX6ファームウェアV2がダウンロード可能になり、フィリップ・ブルーム氏が40分間に渡る新機能のレビューを公開しているので参考いただきたい。

約2週間前に、ソニーのフルフレームシネマカメラ「FX6」のファームウェアアップデートV2の記事をリリースした。(記事はこちら)現在V2ファームウェアがソニーのサイトから無償でダウンロードできる。

また、フィリップ・ブルーム氏が40分に及ぶV2ファームウェアのビデオレビューを公開している。

フィリップ・ブルーム氏によるソニーFX6ファームウェアV2レビュー

2020年11月に FX6が発売されたとき、フィリップも43分近くに及ぶレビューを行い、”A most CONFUSING camera!”というタイトルをつけていた。

フォーカスブリージング補正

ソニーの新しい写真用レンズの多くは、かなりのフォーカスブリージングがあるため、フォーカスブリージング補正機能(ソニーα7 IVで初めて導入)は、映像制作者にとって必須の機能だ。

フォーカスブリージング補正は、互換性のあるソニー製レンズで動作し、動作させるためには、画像がわずかにクロップされる。同氏がソニー35mm F1.4 GMレンズで行ったテストでは、クロップは約12%だった。この機能は現在S&Qモードでは動作せず、外部レコーダーでProRes RAWを撮影する際にも動作しない。

Sony FX6 firmware
Sony FX6 firmware V2 – breathing compensation. Source: Philip Bloom

RAW over HDMIとセンサーオーバーサンプリング

フィリップ はさらに、FX6の16:9 UHD 4Kと17:9 DCI 4Kの内部モードの違いについて説明している。16:9 UHD 4Kモードでは、カメラは4240 x 2385センサー全体を3840 x 2160にオーバーサンプリングするため、オーバーサンプリングせずセンサーのピクセル単位の4096 x 2160エリアを使用する17:9 DCI 4Kモードよりも、わずかに広いFOVを提供することができる。

そのため、17:9のDCI 4Kモードは若干クロップされている。ただし、これは100fps以上記録するS&Qモードでは変化する。すると、16:9のUHD 4Kモードもピクセル・トゥ・ピクセルになるため、わずかながら10%のクロップが発生する。

Sony FX6 firmware
Sony FX6 firmware V2 – raw output over HDMI. Source: Philip Bloom

彼がこの話題に深く切り込む理由は、新しいファームウェアで、FX6がSDIだけでなくHDMIでのRAW出力にも対応したからだ。HDMIのRAW出力でサポートされているレコーダーは、 Atomos Ninja VとNinja V+だ。SDIでRAWを記録する場合は、SDI拡張モジュール付きのNinja VとV+、またはより大きな Atomos Shogun 7のいずれかを使用することができる。

フィリップは、HDMI出力はSDI出力よりもセンサーの領域をより多く使用することを発見したので、特定のシナリオでは有用かもしれない。しかし、HDMIのRAW出力は、100fps以上では機能しない。S&Qモードで100fpsと120fpsの4Kスローモーションを撮影するには、SDIモジュール付きの Atomos Ninja V+を使用し、SDIでRAW出力する必要がある。

ボケ味コントロール

この機能は全く新しいものではなく、ソニーのカメラには以前から搭載されていた。これは、Cinefadeと呼ばれるcmotionのプロフェッショナルなソリューションを模倣したものだ。ボケコントロールの目的は、絞りを開けたり絞ったりする際に、内蔵の電子式可変NDフィルターを自動的に変化させ、一定の露出を維持する。

ファームウェアV2により、FX6では内蔵NDに加えてゲインも使用し、さらに極端なボケの変化を提供できるようになった。これにより、画像が暗くなりすぎることなく、より絞りを絞ることができるようになった。さらに、マニュアル露出でもボケ味をコントロールできるようになった。

フィリップは、この機能を使う際のコツとして、まず絞りを開放にし、ISOを最小にし、NDを最大にすることを挙げている。そうすれば、カメラは可能な限り長い「アイリスの引き」を得ることができる。もちろん、クリック感のあるマニュアルアイリスリングが付いたレンズで使用するのが最も効果的だ。新しいボケコントロール機能は、カスタムモードでのみ機能することに留意していただきたい。CineEIモードは、ネイティブISO値のみに限定される。

新しいタッチオートフォーカス

新しいファームウェアV2により、ソニーはFX6にAFとMFモードの両方でタッチAFとタッチ追尾AFを導入した。フィリップは、FX9、α7S III、FX6のレビューのために、ソニーのオートフォーカスの研究とテストに数え切れないほどの時間を費やしたが、彼は、AFが正しく動作するためには、特に速度と感度を正しく設定する必要があると述べている。

Sony FX6 firmware
Sony FX6 firmware V2 – eye tracking AF. Source: Philip Bloom

FX9の顔専用AFは、顔を認識したときだけピントが合う。また、特定の人物にロックして、他の顔が映っていても、その人の顔だけにフォーカスすることができる。新ファームウェアV2以前のFX6では、このモードが若干うまく機能している。フィリップのテストによると、ファームウェアV2のアップデート後、速度と感度を高い数値に設定すると、顔専用AFが顔を見失うことがあるそうだ。

新しいファームウェアV2では、クリアイメージズームモードでもトラッキングAFが動作するようになった。以前は、このモードでは完全に無効化されていた。フィリップによると、マニュアルAFを使いこなすには、無数の設定やモードを自在に操り、微調整することが重要だそうだ。

ピクチャーキャッシュ記録

Sony FX6 firmware
Sony FX6 firmware V2 – picture cache recording. Source: Philip Bloom

FX6に追加されたもう一つの大きな新機能は、野生動物のような予測不可能なものを撮影するときに特に有効となる。10秒間のアクションを得るためだけに何時間もローリングするのではなく、ピクチャーキャッシュレコーディングを有効にすると、カメラは決められた秒数をあらかじめ保存し、シャッターが押されると、その瞬間以前の映像を保存してローリングを続行する。

追加の新機能と不足している機能

4つのオーディオチャンネルが液晶画面に表示されたり、マルチファンクションダイヤルがハンドグリップに搭載されるなど、FX6での撮影をより快適にする、より細かい新しい改良が施されている。また、ウィッシュリスト的なものもも載せている。

Philip’s wishlist for the next Sony FX6 firmware update. Source: Philip Bloom

新しいファームウェアV2のレビューの結論は、少なくともフィリップにとっては、FX6は購入するに迷うことのないカメラと位置付けている。繰り返しになるが、ソニーFX6の新ファームウェアV2は、現在、ソニーのサポートサイトから無料でダウンロードすることができる。

featured image credit: Philip Bloom (grab from his video)

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects