iPhone 13 Pro用のProResがFiLMiC Proから登場

iPhone 13 Pro用のProResがFiLMiC Proから登場

アップルは画期的な製品を作り、iPod、iPad、iPhoneはその代表的なものだ。しかし、同社の製品は時に革命的である一方で、機能面では他のデベロッパーに遅れをとる場合がある。FiLMiC Inc.のアプリ「FiLMiC Pro」は、iPhone 13 ProでProResをサポートする最初の製品となった。

これで、スマートフォンでProResが使えるようになるのを待つ必要は無くなった。アップルがまだ標準のカメラアプリにProRes機能を実装していない中、アプリの「FiLMiC Pro」は、いち早くこの機能を実現した。より多くのクリエイターがiPhoneをワークフローに活用するようになってきているが、その際に必ず使われるのがFiLMiCアプリだ。FiLMiC Inc.は、新進のソフトウェアアプリから、4種類のモバイルアプリを開発し、スマートフォンを制作に活用するための製品を提供する企業へと成長した。ミュージックビデオやショートフィルムから、ハリウッド作品やコマーシャルまで、FiLMiC Proは広く使われている。

FiLMiC ProでProRes記録

現在のところ、アップルがiPhone 13 ProラインにProRes機能をどのように実装するかは不明だ。モバイル版になるのか?ProRes LTかProxyか?それを知るには待たなければならない。しかし、FiLMiC Proでは、ProRes Proxy、ProRes LT、ProRes 422、ProRes 422 HQ の4種類のProResの中から選ぶことができる。これらのバリエーションはすべて10ビットで、4:2:2クロマサブサンプリングとオールイントラエンコーディングを提供する。ビットレートの一覧は以下の通り。

  • ProRes Proxyは、4Kで最大170Mbps
  • ProRes LTは、4Kで最大360Mbps
  • ProRes 422は、4Kで最大540Mbps
  • ProRes 422 HQは、4Kで最大ビットレート約735Mbps
  • 注:これらの数値はすべて公表されているものだが、テストしたものではない。
  • 価格:App Storeで14.99ドル、既存のユーザーは無料でアップグレードできる。
FiLMiC Pro on iOS.
FiLMiC Pro on iOS. Image Credit: FiLMiC Inc.

iPhoneをワークフローに活用しているクリエイターや映像制作者は、4Kでは最大30fps、1080pでは最大60fpsでの撮影が可能。FiLMiC Proのマニュアルコントロール、ライブアナリティクス、メダルスコープは、すべてすぐに利用できる。

iPhoneでProResの必要性

ProResを搭載していても、iPhone 13 Proがすぐにプロダクションカメラに取って代わることはないだろう。しかし、映像制作の新しい手段の一つになる可能性はある。Super8がショートフィルムを作る機会を提供したように、iPhoneの新しいツールは、専用のカメラを買えない人たちにも機会を与えている。

Film Look with FiLMiC Pro
Film Look with FiLMiC Pro. Image Credit FiLMiC Inc.

But thでも、iPhone 13 Proはまだ高価だ。しかしiPhoneがあれば、ショートフィルムの開発、脚本、撮影、編集、納品ができる。このような機能を利用すると、想像力と制作力だけで作品が作れる。下はMichael Tobin氏のビデオ。

必要性

ここまで読んでいただいた方は、おそらく必要だと思う。FiLMiC Pro for the iPhone 13は、iPhoneにProResを追加するだけではない。映画というメディアにおける創造性に、無限の選択肢をもたらす。シネマティックモードとProRes、そしてカメラパッケージに内蔵された素晴らしいハードウェアのおかげで、iPhoneは創造性、教育、表現のための多目的なツールになりつつある。電話もできるが、今ではハリウッドで通用する映画を作ることができるツールだ。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience