iPhone 13(Pro)が登場 - シネマカメラに迫る映像を実現

iPhone 13(Pro)が登場 - シネマカメラに迫る映像を実現

iPhone 13が登場した。アップルは先日、4種類のバリエーションを持つ新しいiPhoneを発表した。これまでの数年間と同様、バッテリー駆動時間と効率性が向上し、ディスプレイもより明るく優れたものになっている。しかし今年は、iPhone 13のシネマティックモードとProRes記録という、カメラ市場を再び揺るがすような新機能が追加されている。

iPhone 13には、エントリーレベルはもちろん、プロシューマー用のカメラにとって代わるのではないかと思われるほどの機能が搭載されている。

発売当初、iPhoneはキーボードがないことを疑問視する人もいたが、約10年半後には当たり前になった。携帯電話に物理的なキーボードがあったのはいつ頃までだっただろうか?プロシューマー級のビデオや写真の機能を搭載し、アップルはカメラ市場への取り組みを開始した。そのため、単に安価なカメラはもはや存在しない。映像クリエーターは、映画を撮影するためのユニークでコストのかからないソリューションとして、iPhoneを選び始めた。しかし今、iPhone 13では、シネマカメラ市場がアップルの次のターゲットになっている。iPhoneにシネマティックモードとProResが搭載されたことで、Appleは、クリエイターがストーリーを創り出す方法を変えるだけでなく、斬新なアプローチを提供することができるようになった。

ビデオの被写界深度がコントロールできるシネマティックモード

先日、Appleがビデオ用のポートレートモードを導入するという噂について記事を掲載した。今日、これが実現した。シネマティック・モードは、同じコンセプトに基づいて、1秒間に複数のフレームで撮影する。iPhone 13のすべてのモデルに搭載されている新しいA15 Bionicチップは、その処理能力とマルチフレームの画像処理パイプラインを使って、被写界深度効果を生み出す。以下のビデオで確認できる。

この新しいiPhone 13のシネマティックモードは、自動的に適応され、偽の被写界深度効果を被写体にフォーカスするようにシフトさせる。被写体が目をそらした場合は、A15の演算処理能力により、フレーム内の別のものにフォーカスを移す。また、マニュアル設定も可能で、ユーザーが自由にフォーカスを移動させることができる。また、キヤノンやソニーのフェイストラッキング機能のように、被写体にロックして追いかけることもできる。

撮影後にフォーカスポイントやボケ味を変更できる

iPhone 13のシネマティックモードで特に優れているのは、各クリップにデプスマップが保存されることで、写真のポートレートモードですでに実現しているように、ビデオクでもフォーカスを変更したり、ボケのレベルを変更したりすることができることだ。

この機能がどのように活用されるのかは、すぐに目にすることができるだろう。Appleは、紹介ビデオの中で、監督のKathryn BigelowとDPのGreig Fraserを取り上げ、新しいiPhoneで撮影された印象的なシーンを紹介している。

01:08:00で、新しいiPhone 13とiPhone 13 Proのビデオ機能について紹介している。

ProRes撮影

ProResもiPhoneに搭載される。ただし、搭載は今年の後半になる。ProResだけでも画期的なことだが、シネマティックモードと組み合わせることで、プロシューマーグレードのシネマカメラに匹敵するようなデバイスになるだろう。この高度なビデオコーデックは、コマーシャル、長編映画、放送などの最終納品フォーマットとして広く使用されている。現行のH.264やHEVCに比べ、より高い色再現性と低圧縮を実現している。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、ProResビデオ撮影に対応しており、128GBのストレージオプションでは1080p/30fps、256GB、512GB、1TBのストレージオプションでは最大4K/30fpsでの撮影が可能だ。

新しいA15チップは、高度なビデオエンコーダーおよびデコーダーと、フラッシュストレージパイプラインを使用して、この作業負荷を処理する。ユーザーはすぐにプロジェクトを撮影、編集、共有することができる。かつてはシネマグレードのカメラでしか利用できなかったものが、今ではスマートフォンでも利用できるようになった。これはもう電話ではないだろう。いずれにしても、プロのワークフローをエンドツーエンドで提供する初めてのスマートフォンとなる。

レンズ

搭載されているレンズも特別だ。Proラインアップには、77mm(F2.8)、26mm(F1.5)、13mm(F1.3)の3つのレンズが追加されている。最後のレンズは、120°の画角を実現している。それだけでなく、新しい超広角レンズは、マクロ撮影の新しい選択肢を提供する。また、望遠レンズの倍率が従来の2倍から3倍になった。

The all-new wide camera on the iPhone 13.
The all-new wide camera on the iPhone 13. Image Credit: Apple

ディスプレイは、Proが2532×1170ピクセル、460ppi、Pro Maxが2778×1284ピクセル、458ppiとなっている。それだけでなく、P3カラー、200万:1のコントラスト比、最大輝度1000nits、HDRでは最大輝度1200nitsを実現している。さらに、これらのディスプレイは、10hzから120hzまでの可変リフレッシュレートを備えている。これらを可能にしているのは、新しいA15チップで、パフォーマンスコア2個、エフィシェンシーコア4個の計6コアのCPUを搭載し、Proラインアップでは5コアとなっている。

必要性

これらの新しい追加やアップグレード(もちろんこれもiPhone 12と同様にDolby Vision HDRを搭載しています)により、Appleはカメラ市場を再び破壊するためのユニークなデバイスを作りました。しかし、これは新しい技術であり、基調講演でのデモは見ていて驚くべきものでしたが、大手企業と肩を並べることができるかどうかは、まだテストを行う必要があります。

新しいiPhoneがすぐにREDやARRIのカメラに取って代わることはないだろうが、状況は今までと同じではないことは明らかだ。クリエーターは、大ヒット映画のような仕上がりの映画をスマートフォンで撮影することができる。もしかしたら、Netflixの認定カメラリストに掲載されるかもしれない。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience